2021年04月06日 06:20

メルセデスAMG Cクラス 新型、2.0リットル直4搭載…電動ターボで現行「C63」超える性能

メルセデスベンツの高性能車部門のメルセデスAMG(Mercedes-AMG)は3月31日、現在開発中の新型『Cクラス』ベースのメルセデスAMG車に、新しいハイブリッドパワートレインを搭載すると発表した。

現行CクラスベースのメルセデスAMGには、「C43」と「C63」がある。C43には、直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジン(最大出力390hp、最大トルク53kgm)を搭載する。また、C63には、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載し、頂点に位置する「C63S」の場合、最大出力510hp、最大トルク71.4kgmを獲得する。

◆AMGパフォーマンスハイブリッド

これに対して、新型CクラスベースのメルセデスAMGでは、エンジンのダウンサイズをさらに進め、排気量2.0リットルの直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。現行C63の4.0リットルV8から、排気量、気筒数ともに半減となる。

排気量2.0リットルの直列4気筒エンジンで、現行型を上回る性能を実現するために、メルセデスAMGはF1譲りの「Eパフォーマンス」テクノロジーを導入する。AMGパフォーマンスハイブリッドを、電動ターボ付きの4気筒エンジンに組み合わせる。

この2.0リットルエンジンは、メルセデスAMGの横置きエンジンのコンパクトパフォーマンスモデル、「45」シリーズに搭載されている「M139」型エンジンがベースとなる。新型CクラスベースのメルセデスAMGでは、このエンジンに設計変更を加えて、縦置きに搭載した上で、パフォーマンスを大幅に向上させる。メルセデスAMGによると、エンジニアは新しいM 139が、すべての量産車向け4気筒エンジンの中で、世界最高のリッターあたりの出力を獲得することを目指しているという。

◆量産車初の電動ターボチャージャー

新しいエンジンの特長は、量産車初の電動ターボチャージャーだ。この技術はF1からのフィードバックで、「MGU-H(モータージェネレーターユニットヒート)」と呼ばれる。同じシステムが、メルセデス-AMGのハイパーカー、『プロジェクトONE』にも採用される。電動ターボチャージャーは、低いピークパワーの小型ターボチャージャーと、ピークパワーが高い大型ターボチャージャーの弱点を解消するという。

この電動ターボチャージャーシステムでは、40mmの小型の電気モーターが、排気ガス側のタービンホイールと外気のコンプレッサーホイールの間に位置するターボチャージャーシャフトに装着されている。モーターは電子制御によって、ターボチャージャーシャフトを駆動し、コンプレッサーホイールを回転させる。ターボチャージャーの電動化によって、アイドリング領域でのレスポンスが大幅に向上し、エンジン回転全域でのレスポンスも高まるという。

その結果、エンジンはアクセルペダルにさらに素早く反応し、ドライビングフィールは大幅にダイナミックで機敏になる、自負とする。さらに、ターボチャージャーの電動化により、低回転域でより高いトルクが可能になり、俊敏性が向上し、停止状態からの加速性能がアップするという。

◆システム全体の出力とトルクはV8搭載の現行「C63」を上回る

また、ドライバーがアクセルペダルから足を離したり、ブレーキペダルを踏んだりしても、電動ターボチャージャーは常にブースト圧を維持できるため、ダイレクトなレスポンスが維持される。電動ターボチャージャーは400ボルトで作動。最大15万6000rpmで回転し、空気の流れを速める。

この2.0リットル直列4気筒ターボエンジンは、最大出力450hp以上が可能で、リアアクスルの最大出力204hpの電気モーターと組み合わせられ、さらなるシステム出力を引き出す。メルセデスAMGによると、システム全体の出力とトルクは、V8エンジンを搭載した現行「C63」を上回り、ハイブリッド4気筒パワートレインは高い敏捷性、パフォーマンス、効率を備えているという。

また、この4気筒ハイブリッドには、オルタネーターとスターターを一体設計し、加速時などに14hpの追加パワーを引き出すベルト駆動のスターターオルタネーター「RSG」が搭載される。RSGは、高電圧バッテリーの残量が少ない場合に、空調やヘッドライトなどの補助電源としても機能する、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデスAMG

C AMG セダン

メルセデスAMG

C AMG セダン

新車価格:995〜1455万円 中古車価格:118〜1198万円
発売日:2015年5月27日発売
新車見積もりメーカー公式

メルセデスAMG(amg)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタと第一汽車との中国合弁の一汽トヨタで現地生産されてきたクラウン(写真中央)は2020年春に生産を終了

    トヨタ クラウン に初のSUV、その名は『クラウン・クルーガー』…上海モーターショー2021で発表へ

    自動車(本体)
    2021.04.15 08:38
  2. トヨタ・ハイランダー 現行型(3世代目・中国仕様)

    クラウンSUVと兄弟車の可能性、トヨタ ハイランダー の中国仕様を発表へ…上海モーターショー2021

    自動車(本体)
    2021.04.16 08:52
  3. アウディ Q4 e-tron

    アウディ、小型電動SUV『Q4 e-tron』発表…航続は最大520km

    自動車(本体)
    2021.04.16 06:45
  4. トヨタ プリウス 次期型の予想CG

    トヨタ プリウス 次期型は早ければ2021年内発表!? 全車プラグインHV化か

    自動車(本体)
    2021.04.15 09:20
  5. マクラーレン エルバ(ジャパンインターナショナルボートショー2021)

    屋根もフロントガラスもない!2億円のマクラーレン『エルバ』が登場…ジャパンボートショー2021

    自動車(本体)
    19時間前

総合ニュースランキング

  1. 「myblu(マイブルー)」と「PULZE(パルズ)」

    電子タバコ「myblu(マイブルー)」と加熱式タバコ「PULZE(パルズ)」が販売終了

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.04.15 15:30
  2. 「NTTドコモ提出資料」(資料2-1-1)より

    ドコモ、新プラン「ahamo」の店頭での有償サポートサービスを後日発表へ

    スマートフォン
    23時間前
  3. 「ドコモ スマートフォン Xperia 1 III SO-51B」および「ドコモ スマートフォン Xperia 10 III SO-52B」

    ドコモからも「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」発売へ、限定カラーモデルを用意

    スマートフォン
    2021.04.15 10:23
  4. 「ドコモ スマートフォン Xperia 1 III SO-51B」および「ドコモ スマートフォン Xperia 10 III SO-52B」

    ドコモがソニー新5Gスマホ「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」予約開始、仕様も公開

    スマートフォン
    2021.04.16 10:55
  5. ティファール、パンも焼けて1台16役の電気圧力鍋「ラクラ・クッカー プラス」

    電気調理鍋・スロークッカー
    2021.04.14 15:21

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • SmartRope LED
  • 「ahamo」
  • 「コードレス回転モップクリーナー Neo+」
  • SP-26
  • 「『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』真希波・マリ・イラストリアス」