2021年04月13日 06:28

マセラティのワンオフコンセプトを展示、歴史のすき間に…オートモビルカウンシル2021

オートモビルカウンシル2021に毎年クラブブースを出展しているマセラティクラブジャパン。今年はワンオフのプロトタイプ、『ギブリIIカンパーナスペチアーレ』を展示した。

同クラブは1993年に設立した、イタリアのマセラティ社公認のオフィシャルクラブである。その会長であり、自動車ジャーナリストの越湖信一さんにこのモデルについて話を伺った。

越湖さんは先日、マガジンボックスより『MASERATI COMPLETE GUIDE II』を上梓。この本には今回紹介するギブリIIカンパーナスペシャルをはじめ、多くの珍しいマセラティのほか、いくたびも経営が変わったその時代ごとのマセラティの歴史と各時代のモデルが紐解かれている。さらに古い時代だけではなく、最新の『MC20』の開発エピソードまで網羅されているので、現時点でのマセラティの状況が最も良くわかる1冊といえる。

さて、マセラティは1993年、それまでのアレッサンドロ・デ・トマソの時代からフィアットのマネージメント下に置かれ、イゥージニオ・アルツアーティというCEOによる立て直しが図られた。「デ・トマソ期のクルマは信頼性などをはじめとした様々な問題を抱えており、その時期のマセラティの経営はドン底だった」と越湖さん。それをフィアットが立て直すことになったのだ。

しかし、その肝心のフィアットもその当時経済的には破綻寸前だった。「要は投資出来ないということで、アルツアーティはギブリオープンカップレースというワンメイクレースを始めたり、外部の様々なブランドと組んで少量生産のクルマを作れないかと模索した」と述べる。その企画のひとつがカロッツェリア・カンパーナの手によるギブリIIカンパーナスペチアーレなのである。

カロッツェリア・カンパーナの創設者、オノリオ・カンパーナは、セルジオ・スカリエッティ、メダルノ・ファントッツと並ぶ、モデナの3大アルミたたき名人と呼ばれた人物で、マセラティと非常に関係の深いカロッツェリアだ。

カロッツェリア・カンパーナは1947年に設立され、フィアット『トッポリーノ』などをベースにしたスタンゲリーニなどのクルマを作ったり、また特別仕様のバスなどを作ったりもしていた。マセラティとの関係はデ・トマソ時代に強くなり、「この工場でデ・トマソの色々なモデル、例えば『グアラ』なども手掛けていた。さらにさかのぼると、1975年にアレッサンドロ・デ・トマソがマセラティを傘下に入れた頃のクルマの開発や整備などもここにアウトソーシングしていた」と越湖さん。

その後も、「1990年くらいのクルマは工場から出荷された後、カンパーナで耐水試験や傷直しなどが行われていた。まさにマセラティのラインのひとつといってもいいくらいだった」と説明。そして、「いまやマセラティのクラシックカーパーツは全てマセラティからここが引き受け、販売を行っているほか、『A6GCSベルリネッタ』や『エルドラド』など様々なクルマのレストアも手掛けている」という。

さて、ギブリIIカンパーナスペチアーレは、「デザイナーの案に従ってカロッツェリア・カンパーナでモデリングして作られた。計画では既存のギブリIIをベースに作ったコンプリートカーを販売する、もしくはそれぞれのパーツだけを別売するという2つのプランで進められ、1996年にプロジェクトが完成した」と話す。

しかし、1997年、急にフィアットからフェラーリ傘下に変わってしまったことで、「ギブリオープンカップレースやこのような既存のプロジェクトは全部キャンセル。特にこのギブリIIはデ・トマソ時代のイメージそのものということで、当時のCEO、ルカ・ディ・モンテゼーモロはあまり好ましく思っておらず、有無をいわせず終わってしまい、コンセプトモデルのこの1台だけが作られた」とその経緯を語る。

その後、越湖さんの伝手で日本の熱心なユーザーの手に渡り、マセラティクラブジャパンの中で何人かのオーナーに乗り継がれ現在に至っている。

越湖さんは、「オリジナルのイメージをあまり壊さないように、しかしその当時のトレンドを取り入れながらよりスポーティなモデルにしようというイメージだ。当時はエンジンの仕様も注文が出来、このモデルはギブリオープンカップレースカーに使われたエンジンで、2リッターで340馬力くらいのハイパワーエンジンが搭載されている」という。

そして、「今年は『ビトゥルボ』生誕40周年ということや、また、カロッツェリア・カンパーナという存在を日本に知らしめたいという思いで、今回の展示に至った」とコメントした。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マセラティ

ギブリ

マセラティ

ギブリ

新車価格:875〜1801万円 中古車価格:218〜1160万円
発売日:2013年11月19日発売
新車見積もりメーカー公式

マセラティ(maserati)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. アウディ A4 35 TDI advanced

    フルチェン並みの内外装に、シリーズ初のディーゼルを追加…アウディ A4セダン 35 TDI[詳細画像]

    自動車(本体)
    2021.05.17 08:53
  2. フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 改良新型

    VW ティグアン 改良新型、220mm長い「オールスペース」…欧州発表

    自動車(本体)
    2021.05.17 06:15
  3. ドコモ・ドライブネット(イメージ)

    「ドコモ ドライブネット」サービスを9月末で終了へ

    カーナビ
    2021.05.17 08:42
  4. フォルクスワーゲン・マルチバン 次期型のティザースケッチ

    VW マルチバン 次期型、前後スライド式センターコンソール採用…格納式テーブル付き

    自動車(本体)
    2021.05.17 06:05
  5. アルファロメオ・ジュリア GTA 新型

    アルファロメオ ジュリア に伝説の再来、「GTA」と「GTAm」…欧州発売

    自動車(本体)
    2021.05.17 06:01

総合ニュースランキング

  1. 「AQUOS R6」

    シャープが1型センサーカメラ搭載「AQUOS R6」発表、ドコモ・ソフトバンクが発売

    スマートフォン
    2021.05.17 15:42
  2. ※画像はiOS版「Apple Music」アプリより

    アップル、「Apple Music」で“まったく新しい音楽体験”を近日中に配信へ

    スマートフォン
    2021.05.17 12:13
  3. 「聖闘士聖衣神話EX ペガサス星矢(最終青銅聖衣)」

    16年の時を経て「ペガサス星矢(最終青銅聖衣)」が聖闘士聖衣神話EXから登場

    フィギュア
    2021.05.16 06:46
  4. 【5月の値下げまとめ】「glo Hyper+」0円キャンペーンや東芝キャッシュバックなど

    【5月の値下げまとめ】glo Hyper+の「0円キャンペーン」や東芝キャッシュバックなど

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.05.16 06:00
  5. ニッサン R34スカイライン GT-R(ベイサイドブルー)

    AOSHIMA、「R34スカイラインGT-R」が接着剤・塗装不要のスナップキットに登場

    模型
    2021.05.16 11:15

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「MG 1/100 ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)」「RE/100 1/100 ガンキャノン・ディテクター」
  • カメラグランプリ2021大賞 α1 (ソニー)
  • METROPOLISシリーズ、LUCENTシリーズ(U by UAG)
  • 「MG 1/100 ユニコーンガンダム Ver.Ka チタニウムフィニッシュ」など4点
  • JR-27A
  • BMWモトラッド・デフィニション CE 04