2021年04月13日 13:10

【マツダ MX-30 EV】「自操車」にプチ試乗、ただの「福祉車両」ではない新たな価値とは

◆マツダの「自操車」にプチ試乗

マツダ『MX-30 EVモデル』ベースの自操車は、非常によく考えられている。アクセルリングと手動ブレーキの欧州方式で、走行中は両手でステアリングホイールが握れるだけでなく、フットブレーキを踏みながら始動させれば、通常のクルマとしても運転が可能になる。

プロトタイプ車につき、マツダR&D構内を短時間、低速で試乗した。手動で行なうアクセル操作とブレーキ操作は、誰でもそうだが始めは感覚を掴む必要がある。が、慣れ次第で自在に走らせられそうだし、何よりEVのスムースな動力性能がこの運転方式に見合っているのを感じた。乗り味が穏やかなことでも安心感がある。操作系各部のタッチのチューニングが進めば、より操作性がよくなりそう。

インパネの“SLOW”のスイッチを押すと、パーキングスピードでクルマの反応が走行時よりも優しくなるのもいい。“アクセスボード”と呼ぶ、運転席横に折り畳み方式で設置される乗降時の補助ボードもありがたい。電動開閉式の後部ドアも親切だ。

6kgという超軽量、独自設計のクルマ椅子は確かに異例の軽さ。載せ降ろしに『MX?30』のフリースタイルドアが生きる。ただ身体を捻って載せるための力加減、姿勢、体力は個人差によるから、クルマ側に何らかのキャッチして引き込んでくれるような装置があって手助けしてくれると大助かりだろう。

◆外へ出るための“心の壁”をなくす

試乗後、同車の開発をまとめている商品戦略本部・技術企画部・主査の栃岡孝宏さんに話を伺った。

----:開発の思いはどんなところにあるのですか?

栃岡氏:59年前、足が不自由だった3代目松田恒次社長が、初の乗用車だったマツダ『R360クーペ』に手動運転装置を搭載しました。以来、その意志を受け継ぎ、『ロードスター』を経て、今回、MX?30 EVをベースに企画されたのがこのSelf-empowerment Driving Vehicle(=自操車)で、2021年秋の発売を予定しています。

とにかくもっとお客様に喜んでいただきたい。そのためにサードパーティの装置の後付けではなく、本当に乗って楽しく、運転しやすく、慣れやすい……外に出ていろいろなことをするために“心の壁”になっていることがあるなら、自動車会社としてなんとかしたい。そんな思いから2015年位から考え始めました。

そこにMX-30とフリースタイルドアの商品企画が上がってきて、これを活かすのが今のベストだろうな、と。一人で車椅子を載せて、いろいろなところに行ける。さらに健常者と障害のある方との運転を切り替えられるようにすれば、ご家族、お友達とも一緒に出かけられる。そういたコンセプトもこのMX?30であれば実現できると考えました。MX?30自体、企画の最初の段階から“いろいろな人にとって活きる、喜んでいただけるクルマにしたい”というのが思いです。

----:試乗して、駐車場などの操作時に感じるステアリングの操舵力やアクセルの操作感など、もう少し軽くてもいいのかな、とも思いましたが……。

栃岡氏:アクセル操作は、バネやブッシュによる調整、PCMを介して信号を変換していますが、その制御マップを変えることでクルマの出方、反力はかなり変えられます。それとインパネの“SLOW”のスイッチを押すことで、パーキングモードで出力が急に出ずにゆるやかに操作できる制御に切り替わるようになっています。

現状ではベース車の状態を維持しましたが、「もう少し軽いほうがいい」という声は確かにあり、我々も軽ければ大舵角時の操作性もよくなるのでは?という感触はもっていますので、バランスをとりながらベストのところを見つけたいと考えています。両手でステアリングとブレーキを操作している状態では、現状より軽いほうがアクセルリングをよりちゃんと操作できると感じています。

----:ただ、やはり運転席に座った状態で、身体を捻っての後席への載せ降ろしは少し大変かもしれません。

栃岡氏:実際に障害をお持ちの方にもテストしていただきました。その時には身体をシートバックに転回させてシートバックを抱きかかえるようにし、体幹を保持しながら左手で押し込みかつ右手で引っ張る……そんな風に工夫してやっておられました。身体を捻ることに対しては課題があるとは考えており、アシストのようなものなど、さらにアイデアを捻り出さなければと考えています。

----:独自開発の車椅子はおよそ6kgと非常に軽量で素晴らしいですね。

栃岡氏:そうですね、通常は軽くても9〜10kgかそれ以上。ただ車椅子をお持ちの方は、ご自分の好みの車椅子を何年も乗られますので、市場に出す場合はそうしたニーズに合わせることも重要だと考えています。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マツダ

MX-30

マツダ

MX-30

新車価格:242〜495万円 中古車価格:228〜333万円
発売日:2020年10月8日発売
新車見積もりメーカー公式

マツダ(mazda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. アウディ A4 35 TDI advanced

    フルチェン並みの内外装に、シリーズ初のディーゼルを追加…アウディ A4セダン 35 TDI[詳細画像]

    自動車(本体)
    2021.05.17 08:53
  2. フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 改良新型

    VW ティグアン 改良新型、220mm長い「オールスペース」…欧州発表

    自動車(本体)
    2021.05.17 06:15
  3. ドコモ・ドライブネット(イメージ)

    「ドコモ ドライブネット」サービスを9月末で終了へ

    カーナビ
    2021.05.17 08:42
  4. フォルクスワーゲン・マルチバン 次期型のティザースケッチ

    VW マルチバン 次期型、前後スライド式センターコンソール採用…格納式テーブル付き

    自動車(本体)
    2021.05.17 06:05
  5. アルファロメオ・ジュリア GTA 新型

    アルファロメオ ジュリア に伝説の再来、「GTA」と「GTAm」…欧州発売

    自動車(本体)
    2021.05.17 06:01

総合ニュースランキング

  1. 「AQUOS R6」

    シャープが1型センサーカメラ搭載「AQUOS R6」発表、ドコモ・ソフトバンクが発売

    スマートフォン
    2021.05.17 15:42
  2. ※画像はiOS版「Apple Music」アプリより

    アップル、「Apple Music」で“まったく新しい音楽体験”を近日中に配信へ

    スマートフォン
    2021.05.17 12:13
  3. 「聖闘士聖衣神話EX ペガサス星矢(最終青銅聖衣)」

    16年の時を経て「ペガサス星矢(最終青銅聖衣)」が聖闘士聖衣神話EXから登場

    フィギュア
    2021.05.16 06:46
  4. 【5月の値下げまとめ】「glo Hyper+」0円キャンペーンや東芝キャッシュバックなど

    【5月の値下げまとめ】glo Hyper+の「0円キャンペーン」や東芝キャッシュバックなど

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.05.16 06:00
  5. ニッサン R34スカイライン GT-R(ベイサイドブルー)

    AOSHIMA、「R34スカイラインGT-R」が接着剤・塗装不要のスナップキットに登場

    模型
    2021.05.16 11:15

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「MG 1/100 ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)」「RE/100 1/100 ガンキャノン・ディテクター」
  • 「AQUOS R6」
  • 2021年6月より、Apple Musicのサブスクリプションの登録者は、Dolby Atmosによる空間オーディオとロスレスオーディオを利用できるようになる
  • BMWモトラッド・デフィニション CE 04
  • 「MG 1/100 ユニコーンガンダム Ver.Ka チタニウムフィニッシュ」など4点
  • JR-27A