2021年04月30日 06:15

ロータスのEVハイパーカー『エヴァイヤ』、開発が最終段階に…「加速はロケット感覚」

ロータスカーズは4月27日、EVハイパーカーのロータス『エヴァイヤ』(Lotus Evija)の開発プログラムが、量産前の最終段階に近づいていると発表した。

◆車両重量は1680kgと世界最軽量のEVハイパーカーに

エヴァイヤは、ロータス史上最もパワフルでダイナミックなロードカーとして、ロータスの運転性能に新たな基準を打ち立てることを目指し、開発を進めている。英国初の完全電気式ハイパーカーとなり、ロータスで初めて、電動パワートレインを搭載する。

ボディサイズは、全長4459mm、全幅2000mm、全高1122mm。最低地上高は105mmと低い。軽量のカーボンファイバー製モノコックと、ロータスの市販車としては初となるワンピース構造のカーボンファイバーモノコック製シャシーを採用し、車両重量は1680kgに抑えられた。ロータスカーズによると、EVハイパーカーとしては世界最軽量という。

◆航空機からインスピレーションを得た空力技術

エヴァイヤのパフォーマンスに貢献しているのが、航空機からインスピレーションを得たエアロダイナミクス技術だ。

フロントには、バイプレーンのリップスポイラーを装着する。3つのセクションに分かれており、中央部分はバッテリーパックを冷却するための空気を取り入れる。量産車としては世界で初めて、メインビームとディップビームの両方にレーザー光を使用する。オスラム製のライトモジュールはコンパクトで、薄い縦長デザインとした。レンズの内側には、デイタイムランニングライトを組み込む。

リアには、アクティブエアロダイナミクスを採用する。リアスポイラーは、車両の全高いっぱいまでせり上がる。F1スタイルのドラッグリダクションシステム(DRS)は、トラックモードで自動的に作動する。他のモードでは、スイッチ操作で作動させることもできる。

さらに、リアには、ルマンのレーシングカーをモチーフに、「ベンチュリートンネル」が設けられる。それぞれのトンネルは、赤いLEDで縁取られる。夜間には、戦闘機のアフターバーナーに似た視覚的効果を生み出すという。

◆4モーターで最大出力2000ps

エヴァイヤのEVパワートレインには、モーターを4個搭載する。4個のモーターは、合計で2000psのパワーと173.4kgmのトルクを引き出す。ロータスカーズによると、2000psのパワーは量産車としては世界最強という。

強力なモーターのパワーは4輪に送られ、0〜100km/h加速3秒以下、0〜300km/h加速9秒以下、最高速320km/h以上というパフォーマンスを可能にする。

バッテリーは車体中央にレイアウトされており、蓄電容量は70kWhと大容量だ。1回の充電での航続は、WLTPサイクルの複合モードで400kmの性能を備える。充電は出力350kWの急速チャージャーを利用すれば、およそ18分で完了する。

◆レンジモードではモーターのパワーを抑え駆動方式も2WDに

ロータスカーズはエヴァイヤに、航続を延ばす新技術を採用する。5種類の走行モードの「レンジ」、「シティ」、「ツアー」、「スポーツ」、「トラック」を切り替えることにより、航続を延ばすことが可能になるという。

レンジモードでは、モーターの最大出力は1000ps、最大トルクは81.6kgmに制限される。駆動方式も、4WDから2WD(後輪駆動)に切り替わる。これにより、バッテリーの消費を抑え、インテリジェントパワーマネージメントシステムが航続を最大化する。

ツアーモードでは、4WDと2WDを自動的に切り替え、トルクベクタリングによって1400psを超えるパワーを発揮する。スポーツモードでは、モーターが1700psのパワーと173.4kgmのトルクを発生する。スタビリティコントロールシステムと連携して、トラクションレベルを高める。

トラックモードでは、最大出力2000psが可能になる。オプションの「ドラッグ・リダクション・システム(DRS)」により、高いレベルのトルクベクタリングを実現する。シャシーの設定は、自動的にサーキット仕様に切り替わる。

◆すでに開発プログラムの80%が完了

エヴァイヤの開発プログラムは、量産前の最終段階に近づいている。すでに開発プログラムの80%が完了しているという。残りの20%で、乗り心地、ハンドリング、ステアリングフィールなど、洗練された走りにつながるさまざまな要素をブラッシュアップし、最終的にフルパワーを発揮できるようにすることを目指している。

ロータスのチーフ・プラットフォーム・エンジニアのルイス・カー氏は、「最新テクノロジーを応用して、最もパワー密度が高い自動車用パワートレインを開発した。ロータス以外では、F1マシンにしか使われていないテクノロジーも採用。英国へセル本社のテストコースの計測では、量産車史上最速タイムを記録している」と話す。

また、ロータスのチーフテストドライバーのギャヴァン・カーショー氏は、「エヴァイヤはF1マシンに匹敵する加速性能を備えているが、クローズドコクピットを採用しているため、グループCマシンに近いかもしれない。パワーとトルクが瞬時に得られる。エヴァイヤは物理の法則も打ち破れるのではないか。コーナー出口の加速フィールは、まさにロケット感覚」と語っている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ロータス

ロータス(lotus)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 200-CAR088

    サンワ、アクセサリーソケットにすっぽり収まる車載充電器「200-CAR088」

    シガーソケットUSB・充電器
    2021.05.12 06:28
  2. メルセデスベンツ・コンセプト EQT

    メルセデスベンツ、小型ミニバン『Tクラス』を2022年に発売へ…コンセプト EQT 発表

    自動車(本体)
    2021.05.12 06:45
  3. スバル ソルテラ

    スバルの新型EV、その名は『ソルテラ』---2022年年央までに発売へ

    自動車(本体)
    2021.05.11 16:53
  4. 光岡 ビュート/ビュートなでしこ ノスタルジア

    光岡 ビュート/ビュートなでしこ、レトロ感あふれる特別仕様車を期間限定で発売

    自動車(本体)
    2021.05.12 15:40
  5. アプリリア RS660

    【アプリリア RS660 新型試乗】数少ないミドルクラスのスーパースポーツ…丸山浩

    バイク(本体)
    2021.05.12 06:07

総合ニュースランキング

  1. ※画像は2020年度決算に関するプレゼン資料より

    ドコモ「ahamo」が100万契約突破、さらに「小容量、超低廉な料金」も準備

    スマートフォン
    2021.05.12 17:15
  2. 「運べるスポットクーラー『ワイルドクーラー』 SSPCACWL」

    29,800円、持ち運べるポータブルクーラー「SSPCACWL」をサンコーが再販

    エアコン・クーラー
    2021.05.12 10:43
  3. ※画像はティザーサイトより

    JT、加熱型タバコの新モデル「Ploom X(プルーム・エックス)」ティザーサイト公開

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.05.10 13:21
  4. 「MUGA(ムガ)ストイック PC4 KNW14FHD4-SR」

    ドンキが32,780円の14型ノートPC「MUGAストイックPC4」発売、スペックなど強化

    ノートパソコン
    2021.05.12 14:14
  5. 「8畳用スポットエアコン JCF-MX801」

    maxzen、ノンドレン方式で排水不要の8畳用移動式スポットエアコン「JCF-MX801」

    エアコン・クーラー
    2021.05.12 13:37

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • メルセデス・ベンツGLC 220d 4MATICスポーツラインエディション
  • フォルクスワーゲン ID.3
  • 「moto g100」
  • 「マールボロ・ヒートスティック フュージョン・メンソール」