2021年06月10日 09:05

トヨタが新型「ランドクルーザー」を発表 2021年夏以降に世界各国で発売

トヨタ自動車は2021年6月9日、同年夏以降にグローバルでの発売を予定している、新型「ランドクルーザー」を世界初公開した。

今年で誕生70周年を迎える伝統のモデル

ランドクルーザーは、1951年8月に登場した「トヨタBJ型」を起源とする、トヨタ伝統の本格SUVである。高い信頼性や耐久性、悪路走破性を特徴とし、「レクサスLX」などの派生モデルを含め、これまでに世界170の国と地域で累計約1040万台が販売されている(2020年末時点)。

今回発表された新型は、ランドクルーザーシリーズのなかでも「200シリーズ」の後継を担う上級モデルであり、トヨタブランドのSUV製品群の新たなフラッグシップとなる。

「300シリーズ」の名が付与されたこの新型は、ランドクルーザーの本質である信頼性と耐久性、悪路走破性を進化させつつ継承すること、世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現することを狙いに、開発を実施。歴代モデルより強固なボディー・オン・フレーム構造は踏襲しつつ、プラットフォームやパワートレインを刷新することで、パフォーマンスの向上を図っている。

フレームもエンジンも全面刷新

車体構造については、「GA-F」と呼ばれる新設計のプラットフォームを採用。軽量・高剛性な新しいフレームを用いることで、−200kgという車両重量の軽減と、低重心化、重量配分およびサスペンション構造の最適化を実現したという。さらに、社内のテストドライバーやダカールラリーの出場ドライバーなどからなる評価メンバーが、実路での走行評価を実施。オン/オフ問わず、運転しやすく疲れにくいクルマに仕上げたとされる。

悪路走破性も強化しており、足まわりはタイヤがより路面から浮きづらくなるよう、サスペンションの基本性能を改善。新機能「E-KDSS(Electronic Kinetic Dynamic Suspension System)」の採用により、さらなる接地性向上も図っている。また「ドライバー視点で障害物を直感的に可視化できる」(報道資料より)という「マルチテレインモニター」や、路面状態に応じて自動で最適な走行モードを選択する「マルチテレインセレクト」などの機能も搭載される。

パワーユニットはいずれも新開発で、3.5リッターV6ツインターボ(ガソリン)と3.3リッターV6ツインターボ(ディーゼル)の2種類のエンジンを用意。アウトプットは、前者が最高出力415PS(305kW)、最大トルク650N・m、後者が最高出力309PS(227kW)、最大トルク700N・mで、いずれのユニットでも従来の4.6リッターV8ガソリンエンジンを超える、高い動力性能とドライバビリティーを実現しているという。

これに組み合わされるトランスミッションはともに10段ATで、軽量化されたボディーとも相まって環境性能を向上。一部の地域では、自然吸気のV6ガソリンエンジンと6段ATの組み合わせも用意するとしている。

内外装のデザインもオフロード走行に配慮

予防安全・運転支援システムも強化しており、先進機能を付与した最新の「Toyota Safety Sense」を採用。具体的には、

自転車運転者や夜間の歩行者にも対応するプリクラッシュセーフティー

交差点における対向直進車や前方から来る横断歩行者の検知機能

ドライバーの回避操舵をきっかけに作動し、操舵と車線逸脱抑制をサポートする緊急時操舵回避支援機能

これらの機能が追加された。また、駐車場での前後障害物や、後退時に接近してくる車両および歩行者を検知し、事故防止に寄与する「パーキングブレーキサポート」も新たに採用している。

こうした技術面の進化に対し、外観デザインは従来モデルのイメージを残したものとなっている。特に車体のパッケージについては、全長、全幅、ホイールベースや、ディパーチャーアングル、アプローチアングルといった数値はいずれも従来型と共通となっている(一部グレードを除く)。ディテールについても同様で、従来モデルと同じく、悪路走行時にダメージを受けにくい位置にランプ類を装備。バンパーもダメージを受けにくい造形としている。

一方インテリアでは、ドライバーがクルマの姿勢を把握しやすいよう、水平基調のインストゥルメントパネルを採用。スイッチ類は直感的に操舵できるよう機能ごとに配置をまとめ、色やデザインなども操作性を考慮したものとしているという。

(webCG)

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

トヨタ

ランドクルーザー

トヨタ

ランドクルーザー

新車価格:482〜697万円 中古車価格:89〜1250万円
発売日:2007年9月1日発売
新車見積もりメーカー公式

トヨタ(toyota)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. レクサス NX 新型のティザーイメージ

    レクサス NX 新型、6月12日にモデル発表予定…新たなティザーイメージ

    自動車(本体)
    2021.06.10 13:20
  2. 日産フェアレディZ プロトタイプ

    日産 フェアレディZ 新型、8月17日デビューが決定

    自動車(本体)
    2021.06.11 11:05
  3. 日産 パスファインダー 新型

    日産『パスファインダー』新型、ルーツは「テラノ」 6月後半に米国発売

    自動車(本体)
    2021.06.11 17:45
  4. 新型トヨタ・ランドクルーザー(海外仕様)

    トヨタが新型「ランドクルーザー」を発表 2021年夏以降に世界各国で発売

    自動車(本体)
    2021.06.10 09:05
  5. ホンダアクセスの純正アクセサリーを装着した新型「ホンダ・ヴェゼル」。

    新型「ホンダ・ヴェゼル」の人気アクセサリー トップ5をホンダアクセスが発表

    自動車(本体)
    2021.06.11 13:40

総合ニュースランキング

  1. バンダイ、カトキハジメ氏完全監修の「METAL ROBOT魂  Ζガンダム」発売日決定…6月6日

    見事な変形ギミックが美しい「METAL ROBOT魂 Ζガンダム」に注目集まる

    フィギュア
    2021.06.11 12:15
  2. 「Xperia 1 III」

    au、ソニー5Gスマホ「Xperia 1 III SOG03」を7月以降発売に延期

    スマートフォン
    2021.06.11 10:54
  3. 8K液晶テレビ「AQUOS 8K」

    シャープ、8K液晶テレビ「AQUOS 8K DW1ライン」を本日6月12日発売

    薄型テレビ・液晶テレビ
    2021.06.12 06:45
  4. SAMYANG AF 12mm F2 E

    サムヤン、星景写真に適したAPS-C用AF大口径超広角レンズ「AF 12mm F2 E」

    レンズ
    2021.06.11 16:10
  5. 「SAMYANG AF 24mm F1.8 FE」

    サムヤン、天体写真撮影をサポートするAFレンズ「AF 24mm F1.8 FE」

    レンズ
    2021.06.11 15:57

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「1/12 マルティーニ ブラバムBT44B 1975」
  • 「スマートフォンリンク」使用イメージ
  • 「NichePhone-S+(ニッチフォン エス プラス)」
  • 「Xperia 1 III」
  • EF-GFX-FSN
  • QCY-HT01C