2021年07月15日 08:41

レクサス初のPHV、「NX 450h+」の米国仕様を出品へ…シカゴモーターショー2021

レクサスは7月12日、米国で7月15日に開幕するシカゴモーターショー2021において、米国向け新型『NX』 (Lexus NX)の「NX 450h+」を初公開すると発表した。

◆2.5リットル直4エンジンに前後モーターの組み合わせ

同車は、レクサス初のプラグインハイブリッド車(PHV)だ。レクサスは、電動化ビジョン「Lexus Electrified」に基づき、レクサス初のPHVをグローバル中核モデルのNXに設定する。ハイブリッド車とともに、電動車の普及を加速させていくのが狙いだ。

NX 450h+には、高熱効率な「A25A-FXS」型2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン、大容量かつ高出力のリチウムイオンバッテリー、前後にモーターを搭載する。リチウムイオンバッテリーは蓄電容量が18.1kWhで、クラストップレベルのEVモード航続と充分なパワーを両立しているという。

NX 450h+は、AWDシステムの「E-Four」の前後駆動力を、100対0から20対80の間で可変させることが可能。大容量リチウムイオンバッテリーを床下に配置して、低重心化も図られている。

◆4種類の走行モードを切り替え可能

走行モードはスイッチ操作で、EVモード、AUTO EV・HVモード、HVモード、セルフチャージモードの4種類が切り替えられる。HVモードでは、エンジンとモーターの併用により、高い加速性能を追求した。

AUTO EV・HVモード選択時には、ナビシステムの目的地を設定することにより、レクサス初の「先読みEV/HVモード切り替え制御」が作動。バッテリーの残量や走行ルート、交通情報といったデータをもとに、高速道路などにおいては自動的にHVモードに切り替え、エネルギー効率の高い走りを可能にしている。

NX 450h+には、ペダル戻し減衰機構をレクサスで初採用し、ペダル抜き操作の動的質感を追求した。また、最新の「Lexus Safety System +」に対応するブレーキアクチュエーターも開発している。

◆新たな操作方法「タッチトレーサーオペレーション」

新型では、ドライバー、パッセンジャーの間取りの比率を工夫することで、それぞれに最適な空間を演出した。メーターやセンターディスプレイエリアは、ドライバーのワイドな視野を確保し、ドライバーのニースペースは適度にタイトにした。コンソール上面を含むワイドなパッセンジャーエリアは、同乗者にゆとりのある空間を提供する、と自負する。

ヘッドアップディスプレイからメーターへと前後方向につながる情報表示系の配置と、ヘッドアップディスプレイからセンターディスプレイへつながる操作系の構成により、運転中のスムーズな視線移動を可能にした。スタートスイッチ、シフトレバー、ドライブモードセレクトスイッチなどをステアリングホイール周辺の自然と手が届く場所に配置することで、姿勢を崩さずスムーズに操作が行えるようにした。

新型では、ヘッドアップディスプレイとステアリングのタッチセンサースイッチを組み合わせた新たな操作方法「タッチトレーサーオペレーション」を採用した。ステアリングのタッチセンサースイッチに触れると、操作ガイドがヘッドアップディスプレイ(ヘッドアップディスプレイのオフ時はメーター)に表示され、手元を見ることなく、視線を前方に置いたまま、直感的に操作することができるという。

また、ヘッドアップディスプレイは、周辺の道路状況を確認できる視界を保った上で、運転を楽しめるように、表示する情報とレイアウトが異なる3つのモードを用意した。運転シーンに合わせて、ドライバーがモードを切り替えることができる。ヘッドアップディスプレイに組み合わせられるメーターは、運転中に必要な情報をドライバーへ確実に伝えるように、表示情報の配置やグラフィックを刷新した。

さらに、大型のタッチディスプレイを採用したことで、多くの機能をディスプレイ内のソフトスイッチに集約した。スイッチのサイズや形、レイアウト、表示情報など、直感的に操作できる最適な配置と形状を追求した、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

レクサス

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

レクサス(lexus)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産 サクラ(G・ブロッサムピンク)

    【日産 サクラ】「デイズとは違う」日本の伝統美を織り込んだデザインと、名前の由来[詳細写真]

    自動車(本体)
    2022.05.20 16:42
  2. 日産サクラ(シーズンズカラー イメージ)

    【日産 サクラ】国内市場を変革する新型軽EV、実質購入価格は約178万円から

    自動車(本体)
    2022.05.20 18:20
  3. ホンダ ZR-V

    ホンダ、新型SUV『ZR-V』特設サイトを公開…開発への想いを語る

    自動車(本体)
    2022.05.19 18:06
  4. メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC クーペ の「エディション55」

    メルセデスAMGの55周年記念車、世界最強の2.0リットル4気筒は421馬力

    自動車(本体)
    2022.05.22 05:45
  5. スバル・レガシィ 改良新型の「スポーツ」

    スバル レガシィ 改良新型に「スポーツ」、260馬力ターボ搭載

    自動車(本体)
    2022.05.19 13:30

総合ニュースランキング

  1. HT-S400

    ソニー、ワイヤレスサブウーハーセットの2.1chサウンドバー「HT-S400」本日5/21発売

    ホームシアター スピーカー
    2022.05.21 11:00
  2. 「俺のラーメン鍋」

    アツアツのラーメンを最後まで楽しめる、こだわりの「俺のラーメン鍋」が7,980円で発売

    その他調理家電
    2022.05.20 12:33
  3. 「moto g52j 5G」

    39,800円、FeliCa対応&IP68防水防塵のモトローラスマホ「moto g52j 5G」

    スマートフォン
    2022.05.18 14:43
  4. 「IQOS ILUMA PRIME(アイコス イルマ プライム)」

    加熱式タバコ「IQOS ILUMA NEON(アイコス イルマ ネオン)」が本日5/17から順次発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.05.17 06:30
  5. SA-RS5

    ソニー、サウンドバーと組み合わせて楽しむリアスピーカー「SA-RS5」を本日5/21発売

    スピーカー
    2022.05.21 10:59

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「SDW HEROES ロビンフッドガンダムAGE-2」
  • 「FE PZ 16-35mm F4 G」
  • CERES-M 7×18単眼鏡
  • HUAWEI MateBook D 15
  • THIRDWAVE S
  • 日本の伝統文化に着想を得た1台限りのフェラーリ・ローマ