2021年07月20日 06:25

ジープ、EVを全セグメントに設定へ…2025年までに

ジープ(Jeep)ブランドは7月15日、電動化の現在と未来を築いた80年間を祝う、と発表した。

◆1941年7月15日に軍用ジープの製造契約に署名

ウィリス・オーバーランド社がアメリカ合衆国旧陸軍省と、最初の軍用ジープの製造に関する契約を締結したのは1941年7月15日。ジープとはまだ正式には呼ばれておらず、1/4トンの汎用軍用車両サプライヤーとして認定されたのだった。量産型『MB』は1945年までに35万台を超える数が生産された。やがてMBは民生用のジープ『CJ』へと姿形を変えていく。このCJの生産は、戦争終了前から開始されていた。

ウィリス・オーバーランド社は1946年、自動車業界初となるスチール製ボディを採用したステーションワゴン、『ウィリス・ワゴン』を開発した。その3年後の1949年、ウィリス・オーバーランド社はウィリス・ワゴンに4WDを搭載した。これが、世界初のSUVが誕生した瞬間とされる。

7シーター車のウィリス・ワゴンは快適性と積載性を兼ね備えていただけでなく、高い悪路走破性も備えていた。ブルックス・スティーブンスによってデザインされたウィリス・ワゴンはその後20年に渡って生産され、近代の米国製自動車の中で、最も息の長い1台となったという。

◆「4xe」を中心に電動化を加速

現在のジープブランドは、新たなラインアップを登場させる一方で、新規セグメントへ向けた新製品を開発し、世界中で愛好者のコミュニティを拡張し続け、80年の間に培ってきたSUVセグメントにおけるリーダーシップを強化するために、「4xe」の名のもとに電動化技術を推進している。

ジープは今回、ジープブランドの歴史における「記念すべき12の瞬間」を発表した。ジープ自らセレクトした12の瞬間の第1に挙げられたのが、新たな電動4WDシステム、4xeの登場だ。

4xeは、ジープのプラグインハイブリッド車(PHV)の電動4WDシステムだ。ジープはすでに、『レネゲード』に『レネゲード4xe』、コンパスに『コンパス4xe』、ラングラーに『ラングラー4xe』を設定している。

ラングラー4xe の場合、PHVパワートレインは、エンジンが直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボで、最大出力270hp/5250rpm、最大トルク40.8kgm/3000rpmを発生する。このエンジンは、5800rpmまで許容する。シリンダーヘッドに直接取り付けられたツインスクロールの低慣性ターボチャージャーによって、優れたレスポンスとパフォーマンス、燃費を追求している。

従来のオルタネーターに代えて、「eトルク」と呼ばれるベルト・スタート・ジェネレーターを採用する。モーターは、8速ATと一体設計された。このモーターは、最大出力134hp、最大トルク25kgmを引き出す。エンジンとモーターを合わせたPHVシステム全体で、375hpのパワーと65kgmのトルクを獲得する。動力性能は、0〜96km/h加速が6.0秒だ。

◆未来のジープは自動運転のEVとしてオフロード走行

ジープブランドは、ゼロエミッションの未来世界をビジョンとして掲げており、2025年までにはゼロエミッションのフル電動ジープ4xeを全セグメントに設定する予定だ。ジープのゼロエミッションビジョンは、ブランド歴史の中で、重要なマイルストーンになるという。

ジープブランドのクリスチャン・ムニエCEOは、「ジープを最もグリーンでもっとエキサイティングなSUVブランドにしていく。ジープを電動化すれば、通勤のような短距離なら電気だけで移動が可能に。一方で、オンロードでの運転の楽しさや効率性はそのままに、オフロードでも静かで高い走破性を可能にする」と語る。

ジープのアニバーサリーを祝うとともに、ゼロエミッションの未来を達成するというビジョンを胸に、ジープブランドは、『Jeep Life Electrified』映像の特別バージョンを公開した。この動画は、あるカップルのストーリーを通して、ジープブランドの電動化への取り組みを描いた作品。映像の中ではジープのさまざまな製品が、将来の技術とジープのグローバルコミュニティと交差し、明るい未来へと続いていくことを表現しているという。

映像には、ラングラーをベースにしたEVコンセプトカーの『マグニートー』を起用した。モーターは最大出力285hpを発生する。力強い加速が必要な場合、モーターは最大トルク37.7kgmを引き出し、0〜96km/h加速は、6.8秒で駆け抜ける。このマグニートーが、自動運転のEVとして、オフロードを走行する未来も紹介されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ジープ

ジープ(jeep)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スバルBRZ新型

    【スバル BRZ 新型】これではBRZに見えない…デザイナー[インタビュー]

    自動車(本体)
    2021.07.26 08:48
  2. ジープ グランドチェロキーL

    3列シートで登場、 ジープ グランドチェロキーL 新型 今秋国内発表

    自動車(本体)
    2021.08.01 06:05
  3. 最後で究極の内燃機関、ランボルギーニ アヴェンタドールLP 780-4 Ultimae が日本登場…すでに完売

    最後で究極の内燃機関、ランボルギーニ アヴェンタドールLP 780-4 Ultimae が日本登場…すでに完売

    自動車(本体)
    2021.08.01 06:15
  4. ヤマハ YZ125 2022年モデル

    ヤマハ YZ125、17年ぶりのフルモデルチェンジ…YZシリーズ2022年モデル9機種発売へ

    バイク(本体)
    2021.07.30 15:40
  5. トムス レクサス LC500 コンバーチブル

    レクサス LCコンバーチブル をカーボンで武装…トムスがコンプリートカー発売

    自動車(本体)
    2021.08.01 06:03

総合ニュースランキング

  1. 【8月の値下げまとめ】楽天“1円”Wi-Fiルーターや終了間近のPS/Switchゲームセールなど

    【8月の値下げまとめ】楽天“1円”Wi-Fiルーターや終了間近のPS/Switchゲームセールなど

    プレイステーション4(PS4) ソフト
    2021.08.01 00:00
  2. 「S.H.MonsterArts 雷狼竜ジンオウガ」

    バンダイ、全長285mmの「モンスターハンター」雷狼竜ジンオウガを本日7/31発売

    フィギュア
    2021.07.31 07:15
  3. 1/24 '75 ウルフ・カウンタック Ver.1

    「ウルフ・カウンタック」1/24模型、5リッターに換装したエンジンを再現

    模型
    2021.08.01 06:30
  4. 「RC タムテックギア グラスホッパーミニ(GB-01Sシャーシ)」

    タミヤ、乾電池駆動でA4サイズのRCカー「RC タムテックギア グラスホッパーミニ」

    ラジコン
    2021.08.01 07:15
  5. GPD WIN3

    Core i5-1135G7搭載の5.5型スライド式ゲーミングPC「GPD WIN3」が本日7/31発売

    ノートパソコン
    2021.07.31 06:55

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「卓上フライヤー」セット
  • ファン内蔵!丸ごとヘルメットリフレッシャーバッグ C-HDB21B
  • LUXXe グリッド ジップバックパック L
  • KDI72FR
  • 三菱 アウトランダー 新型
  • インフィニティ QX60