2021年07月20日 05:55

アストンマーティンの新型スーパーカー『ヴァルハラ』、市販モデルを発表…950馬力のPHVに

アストンマーティンは7月15日、新型スーパーカーの『ヴァルハラ』(Aston Martin Valhalla)の市販モデルを発表した。

ヴァルハラとは、北欧の神話において、9の王国のひとつ「アスガルド」の壮大な館に由来している。近年のアストンマーティンは、スポーツカーの車名に「V」から始まる単語を用いており、ヴァルハラもその例に従う。

◆4.0リットルV8ツインターボにモーターの組み合わせ

ヴァルハラの心臓部には、モーターを備えた新開発のプラグインハイブリッド(PHV)パワートレインを搭載する。専用の4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンをミッドマウントした。このV8エンジンは、レスポンスを高めるために、フラットプレーンと呼ばれるクランクシャフトを採用している。

最大出力は750ps/7200rpmで、そのパワーをリアアクスルにのみ伝達する。調整可能なアクティブフラップを備えた軽量エキゾーストシステムは、エキゾーストパイプをルーフエンドに配置している。

2基の電気モーターは、フロントアクスルとリアアクスルにそれぞれ1基ずつ搭載される。エンジンとモーターを合わせたPHVシステム全体で、950psのパワーを引き出す。EVモードで走行する場合、バッテリー電力はフロントアクスルにのみ供給される。それ以外の走行モードでは、バッテリー電力はフロントアクスルとリアアクスルに分割され、各アクスルに送られる割合は走行条件によって常に変化する。特定の状況では、バッテリー電力の100%をリアアクスルに伝達することができ、最大のパフォーマンスを得るためにV8エンジンのパワーを補うという。

◆0-100km/h加速2.5秒で最高速は330km/h

このパワートレインには、新開発のパドルシフト付き8速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせた。PHVシステムの電気モーターを利用し、従来のリバースギアの必要性をなくすことで重量を削減した「e-リバース」と呼ばれる。このトランスミッションは、リアアクスルに電動LSDの「e-デフ」を備え、トラクションとハンドリングを追求している。

電気モーターのパワーは、低速走行時のコントロールとレスポンスを強化し、後退時にも使用される。さらに、電気モーターの瞬時に立ち上がるトルクにより、V8エンジンをサポートする。電気モーターとV8エンジンは、デュアルクラッチトランスミッション内で異なるギアを同時に選択できるため、パフォーマンスがさらに向上し、102kgmの最大トルクの伝達が可能になるという。

EVモードで走行する場合の最高速は130km/hで、航続は15km。予測されるCO2排出量(WLTP計測)は200g/km未満とした。ヴァルハラは0〜100km/hを2.5秒で駆け抜け、最高速は330km/hに到達する。サーキット走行では、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースのラップタイム目標を6分30秒に設定している。

◆240km/h走行時のダウンフォースは600kg

ヴァルハラのボディ構造は、新しいカーボンファイバー製コンポーネントを中心に構築されている。サスペンションは、フロントにF1スタイルのプッシュロッドサスペンション、リアにマルチリンクを採用した。マルチマチックアダプティブスプリング&ダンパーユニットは、サーキットモードを選択すると、ダウンフォースを最大化するために車高が下がる。公道走行用のモードでは、フロントアクスルリフトシステムがノーズを持ち上げて、段差などに配慮する。

カーボンセラミックマトリックスブレーキには、ブレーキ・バイ・ワイヤー・テクノロジーを採用する。タイヤは専用のミシュランで、フロント20インチ、リア21インチとした。目標乾燥重量は1550kg未満で、同クラスのライバルと比較して、比類なきパワーウェイトレシオを実現する、と自負する。

アストンマーティンのハイパーカー、『ヴァルキリー』の空力哲学がフィードバックされたヴァルハラは、アクティブエアロダイナミクスやリアウイング、ベンチュリトンネルを通過するアンダーボディのエアフローを管理することによって、優れた空力特性を追求する。240km/h走行時のダウンフォースは600kgとした。

ヴァルハラでは、前方に跳ね上がる2枚のドアを採用した。ルーフにまで延長された形状によって、乗降性を高めている。ルーフスクープがV8エンジンのインテークに直接エアを送り込み、追加のサイドインテーク、リアインテーク、ベントは、ボディ全体のデザインにスムーズに統合した、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アストンマーチン

アストンマーチン(astonmartin)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スバルBRZ新型

    【スバル BRZ 新型】これではBRZに見えない…デザイナー[インタビュー]

    自動車(本体)
    2021.07.26 08:48
  2. ジープ グランドチェロキーL

    3列シートで登場、 ジープ グランドチェロキーL 新型 今秋国内発表

    自動車(本体)
    2021.08.01 06:05
  3. 最後で究極の内燃機関、ランボルギーニ アヴェンタドールLP 780-4 Ultimae が日本登場…すでに完売

    最後で究極の内燃機関、ランボルギーニ アヴェンタドールLP 780-4 Ultimae が日本登場…すでに完売

    自動車(本体)
    2021.08.01 06:15
  4. ヤマハ YZ125 2022年モデル

    ヤマハ YZ125、17年ぶりのフルモデルチェンジ…YZシリーズ2022年モデル9機種発売へ

    バイク(本体)
    2021.07.30 15:40
  5. トムス レクサス LC500 コンバーチブル

    レクサス LCコンバーチブル をカーボンで武装…トムスがコンプリートカー発売

    自動車(本体)
    2021.08.01 06:03

総合ニュースランキング

  1. 【8月の値下げまとめ】楽天“1円”Wi-Fiルーターや終了間近のPS/Switchゲームセールなど

    【8月の値下げまとめ】楽天“1円”Wi-Fiルーターや終了間近のPS/Switchゲームセールなど

    プレイステーション4(PS4) ソフト
    2021.08.01 00:00
  2. 「S.H.MonsterArts 雷狼竜ジンオウガ」

    バンダイ、全長285mmの「モンスターハンター」雷狼竜ジンオウガを本日7/31発売

    フィギュア
    2021.07.31 07:15
  3. 1/24 '75 ウルフ・カウンタック Ver.1

    「ウルフ・カウンタック」1/24模型、5リッターに換装したエンジンを再現

    模型
    2021.08.01 06:30
  4. 「RC タムテックギア グラスホッパーミニ(GB-01Sシャーシ)」

    タミヤ、乾電池駆動でA4サイズのRCカー「RC タムテックギア グラスホッパーミニ」

    ラジコン
    2021.08.01 07:15
  5. GPD WIN3

    Core i5-1135G7搭載の5.5型スライド式ゲーミングPC「GPD WIN3」が本日7/31発売

    ノートパソコン
    2021.07.31 06:55

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 三菱 アウトランダー 新型
  • 「卓上フライヤー」セット
  • KDI72FR
  • LUXXe グリッド ジップバックパック L
  • ファン内蔵!丸ごとヘルメットリフレッシャーバッグ C-HDB21B