2021年08月17日 05:50

ベントレー「マリナー」初のPHV、『フライングスパー』新型に設定…モントレー・カーウィーク2021

ベントレーは8月13日、米国の「モントレー・カーウィーク2021」において、マリナー初のプラグインハイブリッド車(PHV)、ベントレー『フライングスパー・マリナー』を初公開した。

ベントレーのマリナーは、ベントレーのビスポーク部門で長い歴史を持つコーチビルダーだ。ビスポーク部門は、ベントレーの目の肥えた顧客の要望に応える。ベントレー本社のクルー工場のエンジニアやデザイナーと協力しながら、マリナーの顧客の要望に長年応じてきた。

◆「ダブルダイヤモンド」と呼ばれるフロントグリル

マリナー専用の22インチホイールには、グレーのペイントにポリッシュ仕上げが施された。車輪が回転しても角度が変わらないセルフレベリングホイールキャップが付く。「ダブルダイヤモンド」と呼ばれるフロントグリルとクロームフロントロワーグリル、マリナーブランド入りビスポークウィングベント、サテンシルバー塗装のドアミラーカバーも装備された。ベントレーの「フライングB」マスコットは、電動でイルミネーション付きだ。ジュエルフューエルキャップとオイルキャップも付く。

室内には、イルミネーション付きのアウタートレッドプレートと深みのあるパイルのマリナーオーバーマットが装備された。カスタムメイドされた3色の組み合わせを、8種類から選択できる。運転席にはアクセントカラーのパイピング、手縫いのシートにはマリナー独自の刺繍が施されている。

「アスコット」仕様のインテリアは、インストルメントパネル、ドアトリム、ヘッドライニングをインペリアルブルーのレザーで仕上げた。シートはライトタンのキャメルカラーレザーだ。ホワイトのマイクロパイピング、刺繍、アクセントラインはインテリアに、3つ目の色を追加することができる。

他にも、ホットスパー&ベルーガの「フレア」や、リネン&ブルネルの「シリウス」といったコンビネーションも用意した。どちらもシルバーをアクセントにしている。

「マリナードライビングスペシフィケーション」を標準装備する。「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」のキルティングシートを採用し、ドアは3Dレザーで仕上げられた。コントラストの効いたシートのパイピングは、センターコンソールから、インストルメントパネルまわり、ドアのウエストレールの下まで乗員を囲むアクセントとコーディネートされている、ベントレーの「B」をかたどったクロームインレイも装備した。

◆制作に18か月かかる刺繍が施された内装キルティング

ダイヤモンド・イン・ダイヤモンドのインテリアキルティングには、制作に18か月かかる刺繍が含まれている。各ダイヤモンド型には、712のステッチが入っており、そのすべてが菱形の中心に向かっている。

センターコンソールとリアコンソールには、ダイヤモンドミル仕上げが施された。ダッシュボードのセンターにはクロームのブルズアイベントとともに、ブラッシュシルバーのマリナークロックが配置されている。

ドライバー正面のLEDインストルメントパネルは、クラシックなベントレーのテーマを引き継ぎながら、マリナー限定のグラフィックを追加した。「ベントレーローテーションディスプレイ」、スポーツペダル、ヒーター付きデュオトーン3スポークステアリングホイール、パノラマ式サンルーフも装備している。

前席の背もたれ裏側にはマリナー独自の電動式ピクニックテーブルが格納されており、ボタンを1回押すだけで展開する。このウッド製テーブルは、下ろすと自動的に水平になり、レザートリムの表面にはペンやスタイラスを収納できるくぼみがある。ボタンを押し続けると、テーブルが元の位置に収納される。

◆0〜100km/h加速4.3秒で最高速285km/h

新設計のPHVパワートレインは、2.9リットルV型6気筒ガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせる。2.9リットルV6ターボエンジンは、最大出力416ps、最大トルク56.1kgmを引き出す。エンジンのVバンク内には、ツインスクロールターボチャージャーと一次触媒コンバーターを搭載した。インジェクターとスパークプラグは、最適な噴射パターンと燃焼経路を実現するために、各燃焼室内の中央に配置される。カムシャフトは最大50度まで可変。リッターあたりおよそ150psの数値は『フライングスパーV8』を凌ぐという。

電気モーターはトランスミッションとエンジンの間に配置され、最大出力136ps、最大トルク40.8kgmを発生する。永久磁石同期モーターが停車状態から瞬時にフルトルクを発生し、静かに加速する。トルクのレスポンスが迅速なため、ターボラグにつきもののもどかしさが最小限に抑えられているという。

PHVシステムの最大出力は544ps、最大トルクは76.5kgmを獲得する。パワフルなPHVパワートレインは0〜100km/h加速4.3秒、最高速285km/hの性能を可能にする。

モーターを駆動するリチウムイオンバッテリーは、蓄電容量が14.1kWh。2時間半でフル充電できる。バッテリーに蓄えられたエネルギーはパワーエレクトロニクス技術によって変換され、モーターに供給されるほか、12Vバッテリー系統の補助にも使用される。EVドライブモードの航続は40km以上(WLTP計測)。燃料満タン状態で700km以上を走行できる、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ベントレー

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ベントレー(bentley)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産 サクラ(G・ブロッサムピンク)

    【日産 サクラ】「デイズとは違う」日本の伝統美を織り込んだデザインと、名前の由来[詳細写真]

    自動車(本体)
    2022.05.20 16:42
  2. 日産サクラ(シーズンズカラー イメージ)

    【日産 サクラ】国内市場を変革する新型軽EV、実質購入価格は約178万円から

    自動車(本体)
    2022.05.20 18:20
  3. ホンダ ZR-V

    ホンダ、新型SUV『ZR-V』特設サイトを公開…開発への想いを語る

    自動車(本体)
    2022.05.19 18:06
  4. メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC クーペ の「エディション55」

    メルセデスAMGの55周年記念車、世界最強の2.0リットル4気筒は421馬力

    自動車(本体)
    2022.05.22 05:45
  5. スバル・レガシィ 改良新型の「スポーツ」

    スバル レガシィ 改良新型に「スポーツ」、260馬力ターボ搭載

    自動車(本体)
    2022.05.19 13:30

総合ニュースランキング

  1. HT-S400

    ソニー、ワイヤレスサブウーハーセットの2.1chサウンドバー「HT-S400」本日5/21発売

    ホームシアター スピーカー
    2022.05.21 11:00
  2. 「俺のラーメン鍋」

    アツアツのラーメンを最後まで楽しめる、こだわりの「俺のラーメン鍋」が7,980円で発売

    その他調理家電
    2022.05.20 12:33
  3. 「moto g52j 5G」

    39,800円、FeliCa対応&IP68防水防塵のモトローラスマホ「moto g52j 5G」

    スマートフォン
    2022.05.18 14:43
  4. 「IQOS ILUMA PRIME(アイコス イルマ プライム)」

    加熱式タバコ「IQOS ILUMA NEON(アイコス イルマ ネオン)」が本日5/17から順次発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.05.17 06:30
  5. SA-RS5

    ソニー、サウンドバーと組み合わせて楽しむリアスピーカー「SA-RS5」を本日5/21発売

    スピーカー
    2022.05.21 10:59

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 左ハンドルのホンダ フィット! US仕様で雰囲気激変…34th MOONEYES Street Car Nationals
  • 「FE PZ 16-35mm F4 G」
  • 「SDW HEROES ロビンフッドガンダムAGE-2」
  • HUAWEI MateBook D 15
  • CERES-M 7×18単眼鏡
  • 「30MS SIS-Gc69r アルカ=カルティー(カルテットフォーム)」