2021年08月27日 11:47

両側スライドドアのワゴンR!スズキの新型軽ワゴン『スマイル』発売

軽自動車市場におけるスライドドア需要は年々高まっており、スズキによると2018年度以降の新車販売において過半数に達しているという。また軽ワゴンを購入する意向がある人の4割以上がスライドドアを希望するそうだ。そんな需要を踏まえ、スズキは27日、両側スライドドアを備えたワゴンタイプの新型軽自動車『ワゴンRスマイル』を発表した。

ワゴンRスマイルはその名の通りスズキの主力軽ワゴン『ワゴンR』をベースとしており、新たに両側にスライドドアを装備した。

従来スライドドアは多人数乗車や子供がいる家族のためのもの、という認識が多くを占めたが、駐車時の開閉に場所を取らない、ドアに触れなくても(荷物で手が塞がっている状態でも)開閉できる、開口部が広いなどのメリットから、スライドドアへの需要が高まっている。ワゴンRスマイルは、そんな「自分のためのスライドドア」需要を満たすべく生まれた。

ワゴンRに対し全高を+45mm高くし(1695mm)、室内高も+65mm拡大(1330mm)。スーパーハイトまでの高さは必要ないというパーソナルカー需要にちょうどいいサイズとした。とはいえ後席には大人2人がゆったりと座ることができる空間を確保している。

◆親しみやすさ重視「マイスタイル マイワゴン」

大きな特徴はそのデザインだろう。シンプルながら丸みを帯びたシルエットやディティールが目を引く。ボディは水平基調。ヘッドライトやリアコンビ、グリルは「あるべき所にあるべきものがある」普遍的な構成に。基本的なデザインは奇を衒わずシンプル。そこに「洗練」と「温かみ」を融合させることで、愛着がわくような表情を作り上げたという。テーマは自分らしさを表現できる「マイスタイル マイワゴン」だ。

ベゼルが囲む特徴的な楕円形のヘッドライトは、上級モデルでは奥行きのある厚肉LEDタイプを装着。「こ」の字のように光るラインがワゴンRスマイルの個性を主張する。リヤコンビもLEDとなり、こちらは四角形に光る。

インテリアもシンプルで明快なデザインテーマとし、運転席からの見晴らしが良く、居心地の良い空間デザインを作り上げた。インパネは豊かな丸みのある天面と、艶のある大きなカラーパネルが特徴。カラーパネルはホワイトとネイビーの2色を用意した。また革シボのドアトリムなどは職人による手作業のような温もりを感じさせるものに。さらにゴールドやシルバーとは違うカッパーのアクセントが質感を向上させている。

エクステリアとインテリアは、カラーの組み合わせで4つのスタイルを提案する。例えば、インディゴブルーとホワイト2トーンルーフの組み合わせは英国を思わせる「ブリティッシュスタイル」、コーラルオレンジとアーバンブラウンの2トーンルーフは花束をイメージした上品な「エレガントスタイル」、パステルカラーのオフブルーやシフォンアイボリーは西海岸を思わせる「カリフォルニアスタイル」、シックなブルーイッシュブラックとホワイト2トーンルーフの組み合わせなら「モダンスタイル」といったものだ。

◆快適で使い勝手の良い室内空間

快適装備は360°プレミアムUV&IRカットガラスを採用。紫外線の60〜80%をカットする。フルオートエアコンにシートヒーターも用意し、様々なシーンで快適な室内空間を実現する。

ユーティリティの高さはスズキの軽自動車ならでは。シートバックのポケットやテーブルのほか、ワゴンRシリーズでおなじみの助手席下シートアンダーボックス、500ml紙パックが入るドリンクホルダーや、ティッシュ箱をそのまま置くことができるインパネトレーなど、様々な収納を用意する。

シートアレンジも多彩で、後席を前に倒してフラットな荷室にしたり、前後席をすべて後ろに倒してつなげることで車中泊用のベッドにしたり、さらに左右独立可倒式なので乗車人数や荷物の大きさなどシチュエーションに合った空間を作ることが可能だ。

◆全車速追従機能付きのACC、標識認識も

安全装備は、スズキの安全技術パッケージ「スズキ セーフティ サポート」を採用。ステレオカメラによる衝突被害軽減ブレーキのほか、誤発進抑制機能や車線逸脱防止機能など、先進安全装備を充実。ハイブリッドX、ハイブリッドSにはセーフティプラスパッケージとして全車速追従機能付きのACC、標識認識機能を備える。また、全方位モニター用カメラによるすれ違い支援機能、左右確認サポート機能と、死角を減らし接触防止をサポートする機能を充実させた。

ラインアップは、ベースグレードのガソリン車「G」、マイルドハイブリッド車の「ハイブリッドS」と上級装備の「ハイブリッドX」を設定。それぞれ2WDと4WDを用意する。マイルドハイブリッド車の2WDはWLTCモード25.1km/リットルの低燃費を実現した。

発売は9月10日で、価格は129万6000円(G)から。

コンパクトなワゴンRのパーソナルなサイズ感と室内空間、そしてスライドドアの使い勝手のよさを組み合わせたワゴンRスマイル。日本が誇る軽自動車の新たなスタンダードとなるか。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スズキ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

スズキ(suzuki)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. レクサス CT 後継モデルの予想CG

    レクサス『CT』が後継モデルへバトンタッチ!? SUV風で早ければ2023年登場か

    自動車(本体)
    2022.08.10 09:00
  2. MDR-A002A(車外設置リアカメラ)

    60fps最新カメラでよりハッキリ鮮明に、前後同時録画機能付き新型デジタルルームミラー発売へ

    ドライブレコーダー
    2022.08.08 14:40
  3. マツダ CX-50 の「メリディアン・エディション」

    マツダ CX-50、256馬力ターボ“冒険仕様”を設定

    自動車(本体)
    2022.08.12 09:10
  4. 3WAY車中泊マット

    車中泊やテント泊に適した「3WAY車中泊マット」が発売、14段階リクライニング付き

    その他のカー用品
    2022.08.08 12:53
  5. レクサス GX の2023年モデル

    レクサス GX の米2023年型が発表、「ブラックライン」も引き続き設定

    自動車(本体)
    2022.08.12 08:55

総合ニュースランキング

  1. 「ワンピース偉大なる船(グランドシップ)コレクション オーロ・ジャクソン号」

    「ONE PIECE」ゴール・D・ロジャーの「オーロ・ジャクソン号」を全長130mmで立体化

    プラモデル
    2022.08.12 06:45
  2. RG 1/144 ゴッドガンダム

    “RG史上最大級の可動域”ガンプラ「RG 1/144 ゴッドガンダム」の発売日が決定

    プラモデル
    2022.08.09 00:00
  3. ドンキ、“あえてチューナー非搭載”「チューナーレス スマート TV」に4Kモデル追加

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2022.08.10 18:46
  4. アイコス新モデルが2,000円オフ、「アイコス イルマ」シリーズ対象のキャンペーン開始

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.08.09 12:54
  5. RG 1/144 ゴッドガンダム

    ゴッドガンダムらしさ全開、“RG史上最大級の可動域”ガンプラがついに8/13発売

    プラモデル
    2022.08.12 11:38

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「Qwatch TS-NS410W」
  • BMW M8 コンペティション・グランクーペ 改良新型
  • 「SDW HEROES シャイングラスパードラゴン」
  • FFF-LD25G5
  • 「BONECO P230 AIR PURIFIER」
  • Phone (1)