2021年09月14日 06:15

メルセデスベンツ、小型電動SUV「EQB」を年内に欧州で発売

メルセデスベンツは9月6日、ドイツで開幕したIAAモビリティ2021に新型EVの『EQB』(Mercedes-Benz EQB)を出展し、年内に欧州市場で発売すると発表した。

メルセデスベンツの新世代EVが、「メルセデスEQ」ブランド車だ。すでに、中型SUVの『EQC』、ミニバンの『EQV』、小型SUVの『EQA』、大型EVサルーンの『EQS』が欧州で発表されている。メルセデスEQブランドの第5弾の市販車となるEQB は、メルセデスベンツの小型3列シートSUV、『GLB』のEV版に位置付けられる。

◆1回の充電での航続は最大419km

欧州仕様車はまず、「EQB 350 4MATIC」グレードを導入する。モーターは最大出力292hp、最大トルク53kgmを引き出す。0〜100km/h加速は6.2秒、最高速は160km/h(リミッター作動)。リチウムイオンバッテリーの蓄電容量は66.5kWh。1回の充電での航続は、WLTPサイクルで最大419kmに到達する。

標準のナビゲーションシステムは、ルート途中の充電ステーションの位置や最大充電出力を考慮して、目的地までの最速ルートを計算する。さらに、「Electric Intelligence」を導入したナビゲーションにより、充電ステーションに立ち寄る前に、高電圧バッテリーを最適な充電温度にすることができる。「ECOアシスト」は、ナビゲーションデータ、交通標識認識、車両センサーからの情報を元に、予測運転を行うことで電力消費を節約し、航続を拡大する。

また、「Mercedes me Charge」を利用すると、ユーザーはヨーロッパ全体の20万を超える充電ステーションで充電できる

◆前面空気抵抗を示すCd値は0.28

EQBは、メルセデス-EQのプログレッシブラグジュアリーなデザイン哲学を、ベース車両のGLBが持つエッジの効いたフォルムに反映させた。フロントは、メルセデスEQブランド車に共通するブラックパネルグリルが特長だ。メルセデスEQのさらなる特長が、前後に配される連続したライトストリップ。水平な光ファイバーストリップが、フルLEDヘッドランプのデイタイムランニングライトにつながり、昼夜を問わず、高レベルの認識性を確保しているという。ヘッドランプ内のブルーが、メルセデス-EQのEVらしさを強調している。

LEDテールランプは、テーパー付きのLEDライトストリップに組み込まれた。これは、EQBのリアのワイド感を強調している。また、GLBではリアゲートに配置されているナンバープレートは、GLBではリアバンパーに移設された。ルーフレールも装備されている。

EQBは、前面空気抵抗を示すCd値を0.28とした。空力対策の中には、上部が閉じられた冷却空気制御システム、専用デザインの前後バンパー、滑らかでほぼ密閉されたアンダーボディ、専用エアロホイール、前後ホイールのスポイラーがある。アルミホイールは最大20インチで、ツートーンまたはスリートーンが用意される。グレードによっては、ロゼゴールドまたはブルーの装飾トリムが付く。

◆バッテリー容量の80%を約30分で急速充電

インテリアは、ダッシュボードに最新の「MBUX」(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)を備えたワイドスクリーンコックピットを採用した。アルミのトリムパネルが、ドア、センターコンソール、助手席側のインストルメントパネルに配置されている。

グレードに応じて、バックライト付きトリム、エアダクト、シート、車両キーにロゼゴールドカラーのアクセントが配される。EV専用のディスプレイを備えたインストルメントパネルには、ロゼゴールドとブルーのハイライトを採用している。

EQBは急速充電に対応している。直流(DC)急速充電ステーションでは、EQBは最大出力100kWで充電できる。その場合、バッテリー容量の80%を充電するのに、およそ30分で済むという。

◆3列シートの7名乗りを設定

EQBのボディサイズは全長4684mm、全幅1834mm、全高1667mm、ホイールベース2829mm。ロングホイールベースによって、室内スペースのゆとりを追求し、3列シートの7名乗りを可能にしている。

前席のヘッドルームは1035mm。2列目のヘッドルームは5名乗り仕様の場合は979mmで、後席の足元のスペースは87mmとした。トランク容量は、5名乗りが495〜1710リットル、7名乗りが465〜1620リットル。2列目の背もたれは数段階に調整できる。オプションで前後140mmのスライド機構が付く。これにより、トランク容量を最大190リットル増やすことができる。

3列目シートは2名がけで、身長165cmまでの乗員が使用できる。ラゲッジスペースを増やすために、3列目シートを荷台フロアと同じ高さに下げることができる、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. CD-30/CS-361FHT

    セルスター、3カメラを備えたフルHDドライブレコーダー2機種

    ドライブレコーダー
    2021.09.21 11:35
  2. トヨタ・タンドラ 新型

    トヨタ、フルサイズピックアップトラック新型を米国発表

    自動車(本体)
    2021.09.21 09:05
  3. ダイハツ タントカスタムRS スタイルセレクション

    ダイハツ タント 一部改良、ターボモデルに電動パーキングブレーキなど標準装備

    自動車(本体)
    21時間前
  4. フォード F-150 ライトニング のプリプロダクションモデル

    フォードの電動ピックアップトラック、予約は15万台以上…試作生産を開始

    自動車(本体)
    2021.09.21 06:05
  5. カローラシリーズの頂点モデル「GRカローラ」(仮)には水素エンジン搭載モデルも!?

    『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!?

    自動車(本体)
    2021.09.19 08:51

総合ニュースランキング

  1. 「HIMASU1Be3」

    従来の紙巻きタバコ1本で3〜4回加熱できる加熱式タバコデバイス「HIMASU1Be3」

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.09.21 12:00
  2. 「iOS 15」

    アップルが「iOS 15」配信開始、iPhone 6sやiPhone SE(第1世代)以降が対象

    スマートフォン
    2021.09.21 11:11
  3. ROBOT魂 <SIDE MS> MSN-01 高速機動型ザク ver. A.N.I.M.E.

    「MSN-01 高速機動型ザク」がver. A.N.I.M.E.に登場、15本のバーニアエフェクト付き

    フィギュア
    2021.09.21 10:35
  4. 「iPad mini(第6世代)」「iPad(第9世代)」

    ドコモ・au・ソフトバンク、「iPad mini(第6世代)」「iPad(第9世代)」の価格発表

    タブレットPC
    21時間前
  5. 「TA-PD001」

    TAMBA、大容量324000mAhのポータブル電源「TA-PD001」を本日9/20発売

    ポータブル電源
    2021.09.20 07:10

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「ドコモオンラインショップでXperia 1 IIIを買って5,000dポイントをもらおうキャンペーン」
  • セルスター工業 CD-30/CS-361FHT
  • 「Xperia 10 IIIを買って3,000dポイントをもらおうキャンペーン
  • PO3-630-A72Z/307
  • ROBOT魂 <SIDE MS> MSN-01 高速機動型ザク ver. A.N.I.M.E.