2021年09月15日 05:49

アルピナ XD3予約開始、マイルドハイブリッドで出力やレスポンス向上

ニコルオートモビルズは、BMW車をベースにしたハイエンドモデル、BMWアルピナ『XD3』を2022年春(予定)に日本市場へ導入。予約注文の受付を開始した。右ハンドル仕様のみで価格は1162万円。

BMWアルピナ XD3は、ベースモデルとなるBMW『X3』のマイナーチェンジに伴い、2021年8月にアップデートを行った。マイルドハイブリッドシステムを採用し、エンジン出力とトルクが強化された高性能ディーゼルエンジン、改良されたハンドリング性能、そしてよりダイナミックさを増した存在感により、SUV にアルピナらしさをもたらしつつ、独自のポジションを築いている。

◆最高出力355ps、マイルドハイブリッド搭載の3.0リットル6気筒ターボディーゼルエンジン

パワートレーンには、ビターボチャージングシステムを搭載した3.0リットル直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載。最高出力は22psアップの355psを発生、最大トルクは1750〜2750rpmの回転域で30Nmアップの730Nmを供給する。トランスミッションは、高トルクに耐えるように特別設計されたZF社製のアルピナスウィッチトロニックシフトボタン付8速スポーツATを採用。0-100km/h加速は4.9秒、巡航最高速度は254km/hに達する。

BMW製のマイルドハイブリッドテクノロジーを採用したことで、高性能エンジンの効率だけでなく、ダイナミックレスポンスも向上させた。最大11psの回生電力を活用し、低回転域におけるエンジンとスロットルのレスポンスを改善。また、定速走行時では、エンジンへの負荷を最適化する。

アルピナは、インジェクションと2基のターボチャージャーに入念なキャリブレーションを行い、出力・トルク特性を独自のものとした。低圧ステージと高圧ステージのタービンには、可変タービンジオメトリーを採用することで、自然なブーストとスロットルレスポンスを実現。アルピナ製インタークーラーと、大容量クーラー、トランスミッションオイルクーラーに加え、外部クーラントクーラーと電動クーラントポンプを備えたアルピナ高性能クーリングシステムを組み合わせることで、高負荷時でもエンジンの熱的安定性は維持される。

また高出力でありながら、13.0km/リットル(WLTPモード)の低燃費を実現。酸化触媒とSCR触媒をコーティングしたDPFによるSCRシステム、AdBlueインジェクターを備えた2つのSCR触媒(コンバーター)により、CO2排出量も202g/kmに抑えている。

◆より繊細で正確なステアリングフィール

足回りでは、アルピナスポーツサスペンションを改良。快適性や乗り心地を損なうことなく、前後方向および横方向へのダイナミクスを最適化している。可変式ダンパーコントロールにもキャリブレーションを行い、短く、より硬いスプリングを用いることで、車両の低重心化とエアロダイナミクスの最適化を図っている。ステアリングのキャリブレーションも再度見直し。より繊細で正確なステアリング、あらゆる運転状況における直感的な応答性を実現させている。

足元には、アルピナとピレリが共同開発した高性能タイヤ「P Zero ALP」を装着した20インチのアルピナクラシックホイールを装備する。タイヤサイズはフロントが255/45 ZR20、リヤが285/40 ZR20。オプション設定の22インチのアルピナクラシック鍛造ホイールには、フロント255/35 ZR22、リヤ295/30 ZR22の専用タイヤを組み合わせる。ブレーキシステムもより高性能なブレーキパッドを採用。フロント395mm径、リヤ398mm径の軽量ドリルドローターも引き続きオプション設定とし、よりダイレクトなペダルフィードバックと、優れた耐フェード性能を可能としている。

四輪駆動制御はBMW xDriveシステムをベースに開発。トルク配分は後輪重視の設定とし、スポーティなハンドリングを実現している。また、電子制御式アクティブLSDに加えてパフォーマンスコントロールを設定。個々のブレーキを個別に制御することで、アンダーステアの発生を未然に防ぎ、コーナリング時の俊敏性とグリップを向上させる。

エクステリアでは、BMWが再設計したライト周りのデザインに加え、フロントとリアにはアルピナがエアロコンポーネントを追加。よりモダンで力強い装いとなった。インテリアでは、スポーツディスプレイにパワーとトルクモニターだけでなく、ブースト圧や油温、Gフォースも表示できるようにした。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アルピナ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

アルピナ(alpina)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. CD-30/CS-361FHT

    セルスター、3カメラを備えたフルHDドライブレコーダー2機種

    ドライブレコーダー
    2021.09.21 11:35
  2. トヨタ・タンドラ 新型

    トヨタ、フルサイズピックアップトラック新型を米国発表

    自動車(本体)
    2021.09.21 09:05
  3. ダイハツ タントカスタムRS スタイルセレクション

    ダイハツ タント 一部改良、ターボモデルに電動パーキングブレーキなど標準装備

    自動車(本体)
    22時間前
  4. フォード F-150 ライトニング のプリプロダクションモデル

    フォードの電動ピックアップトラック、予約は15万台以上…試作生産を開始

    自動車(本体)
    2021.09.21 06:05
  5. カローラシリーズの頂点モデル「GRカローラ」(仮)には水素エンジン搭載モデルも!?

    『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!?

    自動車(本体)
    2021.09.19 08:51

総合ニュースランキング

  1. 「HIMASU1Be3」

    従来の紙巻きタバコ1本で3〜4回加熱できる加熱式タバコデバイス「HIMASU1Be3」

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.09.21 12:00
  2. 「iOS 15」

    アップルが「iOS 15」配信開始、iPhone 6sやiPhone SE(第1世代)以降が対象

    スマートフォン
    2021.09.21 11:11
  3. ROBOT魂 <SIDE MS> MSN-01 高速機動型ザク ver. A.N.I.M.E.

    「MSN-01 高速機動型ザク」がver. A.N.I.M.E.に登場、15本のバーニアエフェクト付き

    フィギュア
    2021.09.21 10:35
  4. 「iPad mini(第6世代)」「iPad(第9世代)」

    ドコモ・au・ソフトバンク、「iPad mini(第6世代)」「iPad(第9世代)」の価格発表

    タブレットPC
    22時間前
  5. 「TA-PD001」

    TAMBA、大容量324000mAhのポータブル電源「TA-PD001」を本日9/20発売

    ポータブル電源
    2021.09.20 07:10

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「ドコモオンラインショップでXperia 1 IIIを買って5,000dポイントをもらおうキャンペーン」
  • 1/35 SCALE バットモービル(バットマンVer.)
  • ROBOT魂 <SIDE MS> MSN-01 高速機動型ザク ver. A.N.I.M.E.
  • 「ピアニッシモ・キンモクセイ・ミント」「ピアニッシモ・ベルガモット・ミント」
  • ニュルブルクリンクでテストをおこなうトヨタ GRヤリスの高性能モデル(スクープ写真)
  • 「iPad mini(第6世代)」「iPad(第9世代)」