2021年09月16日 06:10

メルセデスベンツ Gクラスに2022年型、オフロード性能強調の新外装も

メルセデスベンツは、IAAモビリティ2021において、『Gクラス』(Mercedes-Benz G-Class)の2022年モデルをワールドプレミアした。

◆Gクラスならではのオフロード性能を強調

2022年モデルには、新たに「プロフェッショナルライン・エクステリア」が設定された。プロフェッショナルライン・エクステリアは、Gクラスならではのオフロード性能を強調する外装パッケージになる。

プロフェッショナルライン・エクステリアには、ヘッドライトのストーンガードグリル、前後のマッドフラップ、ワイドタイヤ、18インチの5本スポークアルミホイールがセットされる。IAA モビリティ2021に展示された車両には、マグノペイント仕上げや「Gマヌファクトゥーア」のカスタマイズプログラムから選択された内外装の多くのオプションが装備され、堅牢かつスタイリッシュな外観を演出している。

Gマヌファクトゥーアのコッパーオレンジマグノ塗装は、プロフェッショナルライン・エクステリアに合う色として用意された。Gマヌファクトゥーアのナイトブラックマグノ仕上げのルーフ、バンパー、ホイールアーチエクステンションとコーディネートされている。

プロフェッショナルライン・エクステリアでは、ルーフラックやスペアタイヤホルダーがオプションで選べる。ルーフラックの上には、ルーフテントを取り付けることが可能で、Gクラスをオフロードキャンピングカーに変身させる。ルーフラック、スペアタイヤホルダー、アルミホイールは、マットブラックで仕上げられた。オプションのナイトパッケージの一部として、ドアミラーカバー、メルセデスベンツのスリー・ポインテッド・スターも黒で仕上げられている。インテリアには、ブラックレザーと黒いオープンポアアッシュウッドトリムを装備することができる。

◆アンビエント照明は従来の8色から64色に拡大

2022年モデルには、リアサイドウィンドウとリアウィンドウのダークガラスを用意した。アンビエント照明は、従来の8色から64色に拡大する。ボディカラーは10色をラインナップした。

2022年モデルには、後席エンターテインメント装着用のアダプターと、牽引ヒッチ装着用のアダプターが標準装備される。プロフェッショナルライン・エクステリアに加えて、さらに2つのエクステリアライン(エクスクルーシブライン・エクステリアとAMGライン)、3つのテーマインテリア(スタンダードインテリア、エクスクルーシブライン・インテリア、スーペリアライン・インテリア)が選択できる。

それぞれのパッケージは、人気の高い装備の選択肢を組み合わせており、Gクラスのさまざまな個性を強調しているという。Gクラスの顧客は、Gマヌファクトゥーアの幅広いオプションを通じて、独自のドリームカーにカスタマイズすることもできる。

◆伝統の悪路走破性は健在

「ダイナミックセレクト」によって、路面や走行状況に応じて、瞬時に5つのドライブモードを切り替えることができる。エンジンやトランスミッション、サスペンション、ステアリング、先進運転支援システム(ADAS)の特性によって、「コンフォート」、「スポーツ」、「エコ」、「インディビジュアル」、「Gモード」の5モードが選択できる。

Gモードは、3つのディファレンシャルロックのいずれかを作動させる、または通常より2倍以上の駆動力を発揮するオフロード用低速ギアの「LOW RANGE」を選択した場合に有効になる。このオフロードモードは、シャシーの調整式ダンパーとステアリング、アクセル特性を変更し、不要なシフトチェンジを行わないことにより、最適なコントロールと最大限の悪路走破性を確保した。作動時には、小さな「G」のアイコンが、インストゥルメントクラスターに点灯する。

選択したドライブモードに応じて、「コンフォート」、「スポーツ」、「オフロード」の3種類のステアリング特性を切り替えることができる。オンロードでは快適かつスポーティな操舵感が確保される一方、未舗装の不整路では直接的で正確なフィードバックが得られる。さらに、いずれの場合も、充分なパワーアシストが行われる。

伝統の悪路走破性は健在だ。フロントアクスルのダブルウイッシュボーンは、サスペンションのサブフレームを介さず、ラダーフレームに直結させた。リアはリジットアクスルとした。悪路走破性の高さを示すアプローチアングルは31度、デパーチャーアングルは30度、ランプブレークオーバーアングルは26度。最低地上高は241mmとしている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 三菱 エクスパンダー・クロス 新型

    三菱自動車の新型クロスオーバーに新しい「ダイナミックシールド」

    自動車(本体)
    2022.08.15 09:10
  2. ヤマハ XMAX ABSに新色4色が追加。写真はスポーティな「レッド」

    250ccスポーツスクーター『XMAX ABS』に4つの新色、ヤマハカラーにMAXシリーズ色も

    バイク(本体)
    2022.08.16 09:30
  3. 三菱 RVR(海外名:ASX)新型 予想CG

    起死回生なるか!? 電動化で商品力アップ、三菱『RVR』12年ぶりの大刷新へ

    自動車(本体)
    2022.08.16 13:20
  4. PROBOプロボックス(アソモビ2022)

    プロボックスを渋くワイルドに楽しもうぜ

    自動車(本体)
    2022.08.16 06:08
  5. レクサス CT 後継モデルの予想CG

    レクサス『CT』が後継モデルへバトンタッチ!? SUV風で早ければ2023年登場か

    自動車(本体)
    2022.08.10 09:00

総合ニュースランキング

  1. ファイナルファンタジータイトルセールpart3

    最大70%オフ、「ファイナルファンタジータイトルセールpart3」は本日8/17まで

    プレイステーション4(PS4) ソフト
    2022.08.17 00:00
  2. NTTドコモ

    ドコモオンラインが「Galaxy S22 SC-51C」を最大16,500円割引に増額、8/19から

    スマートフォン
    2022.08.16 15:19
  3. Xiaomi公式サイト1周年記念祭

    Xiaomi、公式ストア「Mi.com」オープン1周年のセールを8/16から開始

    スマートフォン
    2022.08.16 06:30
  4. Android 13

    グーグル、最新バージョンのOS「Android 13」の提供を開始

    スマートフォン
    2022.08.16 11:39
  5. Nintendo Switch サマーセール

    任天堂、最大30%オフの「Nintendo Switch サマーセール」を本日8/16まで開催

    Nintendo Switch ソフト
    2022.08.16 00:01

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「ヴェーダシャインプロ BS for Salon」
  • 日産 タイタン の2023年モデル
  • NTTドコモ
  • 「Artist 13セカンド」
  • ベントレー・フライングスパー・マリナー の「ブラックライン・スペシフィケーション」