2021年09月21日 06:05

フォードの電動ピックアップトラック、予約は15万台以上…試作生産を開始

フォードモーターは9月16日、フォード『F-150ライトニング』(Ford F-150 Lightning)のプリプロダクションを開始した、と発表した。2022年春、米国市場で発売される予定で、すでに15万台以上の予約を獲得しているという。

◆米国最量販車のEVバージョン

フォードモーターは、電動化を加速している。すでに、フォード『マスタング』シリーズの新型EV、フォード『マスタング・マッハE』を米国で発表している。このマスタング・マッハEに続いて、2022年から生産を開始するのが、フォード『F-150』のEV 、F-150ライトニングだ。フォードF-150は、大型ピックアップトラックで、米国のベストセラー車のフォード『Fシリーズ』の主力モデル。フォードモーターは、米国最量販車にEVを設定することにより、電動化を加速していく。

F-150ライトニングでは、内燃エンジン搭載のF-150とは異なるEV専用のエクステリアを採用する。フロントマスクを横切るLEDライトバーが選択できる。空力性能も追求されており、新設計のランニングボード、空気抵抗を減らすためのフロントフード、専用デザインの空気取り入れ口を設けたグリルなどがある。

エンジンを持たないフロントフードの中には、多用途の「ハイテクメガパワートランク」が設けられた。この収納スペースは安全にロック可能で、電動開閉システムでアクセスできる。収納スペースは、400リットルの容量を備えており、約180kgまでの荷物の積載が可能。フォードモーターは、機内持ち込み手荷物2個とスーツケース1個、またはゴルフクラブ2セットを収納するのに充分という。

◆最新のコネクティビティ「SYNC 4A」

F-150ライトニングには、最新のコネクティビティとして、「SYNC 4A」が初採用される。これは、15.5インチの大型タッチスクリーンを核としたシステムだ。SYNC 4Aは、自然な音声コントロール、クラウドに接続されたナビゲーション、Apple 「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」へのワイヤレスアクセス、アマゾン(Amazon)の「アレクサ(Alexa)」や「SYNC AppLink」アプリの車載化を実現している。

ドライバー正面には、12インチのデジタルインストルメントクラスターを採用した。重要な情報を表示するとともに、カスタマイズ可能なインターフェイスを備えている。アニメーショングラフィックスには、回生ブレーキによるバッテリーへの蓄電状況など、各種情報を分かりやすく表示する。

また、一部のグレードでは、「Phone As AKey」が選択できる。スマートフォンをポケットから取り出すことなく、車両のロックやロック解除が行え、EVパワートレインを起動することもできる。

◆1回の充電での航続は最大483km

F-150ライトニングには、フォードモーターの最新の電動化テクノロジーが搭載されている。前後アクスルに搭載されるモーターは標準モデルが最大出力426hp、上位モデルが最大出力563hp。最大トルクは、どちらも107.2kgmを引き出す。強力なツインモーターは4輪を駆動し、上位モデルの場合、0〜96km/h加速4秒台半ばの性能を発揮する。最大積載能力は標準モデルで約900kg。牽引能力は上位モデルで4.5トン以上を目標に掲げている。フォードモーターによると、重心が低いため、悪天候や路面状況の悪い場所でも、自信を持って運転できるという。

バッテリーは新世代の水冷式リチウムイオンだ。バッテリーの蓄電容量には2種類があり、1回の充電での航続は標準モデルが約370km、上位モデルが約483km(いずれもEPA認定予定値)となる。

充電に関しては、自宅向けに80アンペアの充電システムを標準装備した。デュアルオンボード充電システムを利用すれば、さらに高速な自宅での充電を可能にする。フル充電にかかる時間は約8時間。外出先では、北米最大の公共充電ネットワークに「FordPass」を通じてアクセスできる。全米の6万3000か所以上の充電ステーションでは、最大出力150kWでDC急速充電が行える。10分で最大約87kmの航続に必要なバッテリー容量を充電可能。約40分でバッテリーの80%を充電できる、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップスポーツ、予想CG

    トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継

    自動車(本体)
    2021.10.24 09:00
  2. 200-CAR093

    サンワ、車のドリンクホルダーに設置できるスマホホルダー「200-CAR093」

    その他車載機器
    2021.10.22 12:47
  3. トヨタ ランクル GRスポーツ 試乗

    イメージは確実に変わった!新型ランクル GRスポーツの最新技術が凄い!

    自動車(本体)
    2021.10.24 06:30
  4. ポルシェ・タイカンと映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアン

    ポルシェ タイカン、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンと共演

    自動車(本体)
    2021.10.24 06:55
  5. ランドローバー・レンジローバー 新型のティザー写真

    ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定

    自動車(本体)
    2021.10.24 05:45

総合ニュースランキング

  1. 「HIMASU1Be3」

    従来の紙巻きタバコ1本で3〜4回加熱できるデバイス「HIMASU1Be3」が販路拡大へ

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.10.22 20:16
  2. SwitchBot

    SwitchBot、人感センサーと開閉センサーを10月下旬に発売

    携帯電話アクセサリ
    2021.10.24 06:44
  3. 【10月の値下げまとめ】ソニー「α」5万円還元やSurfaceセール、AirPods値下げなど

    デジタル一眼カメラ
    2021.10.24 06:00
  4. 「スーパーサウンド『呼び込み君』ミニ」

    ドンキやスーパーでポポーポポポポ♪ 792円なら買っちゃう「呼び込み君 ミニトイ」

    模型
    2021.10.22 11:36
  5. 零戦21型 & 九九艦爆11型 & 九七式三号艦攻 “真珠湾攻撃隊 パート2”

    ハセガワ、真珠湾攻撃隊「零戦21型&九九艦爆11型&九七式三号艦攻」1/48模型セット

    模型
    2021.10.24 06:50

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「GRFD-SWE100M30」
  • 「atx-m 23mm F1.4 E」「atx-m 33mm F1.4 E」
  • 「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」コラボモデル
  • SwitchBot
  • 「αフルサイズ ウインタープレミアムキャンペーン」
  • マーベル | iFace First Class ケース