2021年11月02日 14:53

ホンダ シビックSi 新型に攻撃的なエアロ…純正パーツ

ホンダの米国部門は、11月2日(日本時間11月3日深夜1時)に開幕するSEMAショー2021において、新型『シビックSi』(Honda Civic Si)の「HPD」パーツ装着車を初公開する。

◆前後とサイドにアンダーボディスポイラー装着

HPDとは、ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメントの略で、アメリカンホンダのモータースポーツ部門の名称だ。1993年に設立されたHPDは、ホンダの高性能レースプログラムを統括しており、インディカーやIMSA、オフロードレースまで、さまざまなモータースポーツをサポートする製品を開発している。

このHPDが、新型『シビック』の高性能グレード、「Si」向けパーツを開発した。エアロパーツは、フロントアンダーボディスポイラー、サイドアンダーボディスポイラー、リアアンダーボディスポイラーで構成されている。ホンダによると、アンダーボディスポイラーは攻撃的なデザインを目指したという。18インチのアルミホイールは、ブラックのホイールラグが付いたデザインとした。

この他、HPDエンブレム、グロスブラック仕上げのシビックとホンダのエンブレム、ブラック仕上げのシビックSのiバルブステムカバーが用意されている。これらのパーツはホンダの純正部品となっており、米国のホンダディーラーを通じて購入できる。

◆1.5リットル「VTECターボ」は最大出力200hp

新型シビックSiには、1.5リットル直列4気筒ガソリン「VTECターボ」エンジンを搭載する。最大出力は200hp/6000rpm、最大トルクは26.5kgm/1800〜5000rpmを引き出す。ベースエンジンに対して、最大出力は20hp、最大トルクは2kgm向上している。

このエンジンは、従来型よりも幅広いパワーカーブを備えている。最大トルクの発生回転数は、従来よりも300rpm低くなり、タイトなコーナーからの立ち上がりが速くなっているという。またこのエンジンは、最大出力を発生する6000rpmとレッドラインの6500rpmの間で、より多くの出力を維持するようにチューニングされている。

新型シビックSiには、「ツーリング」グレードと比較して、排気流を27%増加させる新開発のデュアルコイルサイレンサー排気システムを装備した。また、キャビン内のエンジンの自然な排気音を実現するために、より幅広いエンジン回転域で高品質のサウンドを生み出す最新のアクティブサウンドコントロールシステムを導入する。

◆「タイプR」と同じ仕様のブッシュを採用

ボディ剛性に関しては、史上最も剛性の高いシビックSiを目指した。従来型と比較して、ねじり剛性が8%、曲げ剛性が13%増加している。ハンドリングとドライバーの楽しさを最大化するために、スプリングレートは新型『シビックセダン』と比較して、フロントで8%、リアで54%引き上げられた。

新型シビックSiは、新型シビックセダンよりも大容量のブレーキを装備した。ローター径はフロントが312mm、リアが282mm。235/40R18サイズのオールシーズンパフォーマンスタイヤを標準装備している。

ダンパーも専用チューニングされた。フロントのマクファーソンストラットには、強化されたアッパーマウントと、ボディロールを最小限に抑えるために、フロント27mm中空、リア18mmソリッドの大径スタビライザーを備えている。

安定性を向上させるために、フロントのコンプライアンスブッシュは、『シビックタイプR』と同じ仕様とした。これにより、新型シビックセダンの「EX」グレードよりも、79%剛性を高めている。より剛性の高いリアコンプライアンスブッシュ、アッパーアーム、ロアBアームも、シビックタイプRと同仕様だ。60%剛性の高いトーションバーを使用して、ステアリングフィールも向上させている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ホンダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ホンダ(honda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. キャビン本体は99万円から、軽トラの荷台内に収まる災害避難対応ワンルームカー新仕様

    その他車載機器
    2022.01.17 11:30
  2. トヨタ ノア 新型

    【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】もはや走る忍者屋敷?“からくり”知恵の数々

    自動車(本体)
    2022.01.17 12:46
  3. NATS自動車大学校の学生が制作した5ドアのジムニー『NATS JIMNY kimun kamy』(東京オートサロン2022)

    世界初!?「ジムニー 5ドア」スズキより先に発表しちゃいました…東京オートサロン2022

    自動車(本体)
    2022.01.17 14:56
  4. 日産自動車(東京オートサロン2022)

    日産が フェアレディZ 新型の日本仕様公開…特別仕様の価格は696万6300円

    自動車(本体)
    2022.01.14 15:46
  5. トヨタ・タコマ がベースのキャンピングカー「タコジラ」のイメージスケッチ

    『タコジラ』って何だ? トヨタがキャンパー提案へ…SEMA 2021

    自動車(本体)
    2021.10.20 08:39

総合ニュースランキング

  1. キャビン本体は99万円から、軽トラの荷台内に収まる災害避難対応ワンルームカー新仕様

    その他車載機器
    2022.01.17 11:30
  2. 「Android EL01 1/4 塗装済み完成品」

    人肌の質感やリアルさを表現、「Android EL01 1/4 塗装済み完成品」が88,000円で発売

    フィギュア
    2022.01.17 18:04
  3. 「スカルプチャー ビューティーズ No.02 “ふりむき”」

    女性の美しさと優美の追求、スカルプチャー ビューティーズ第2弾「ふりむき」最新画像

    模型
    2022.01.17 13:40
  4. 「ARM-110」

    水やラップを使わず、パウチのまま温められる「レトルト亭」が1月下旬発売

    その他調理家電
    2022.01.17 10:58
  5. 「FULL MECHANICS 1/48 メイレスケンブ(初回限定クリア外装付き)」

    「境界戦機」メイレスケンブがFULL MECHANICSから登場、初回限定が1/29発売

    プラモデル
    2022.01.17 06:45

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ポルシェ・カイエン プラチナエディション
  • 「FW GUNDAM CONVERGE 10周年 ♯SELECTION 01」
  • ネットワークCDレシーバー「SA-C600」、スピーカーシステム「SB-C600」
  • 「10.8V充電式クリーナーセット」
  • 「mastermind JAPAN x 仮面ライダー50周年記念コラボ S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダー新1号 BLACK Ver.」
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)