2021年11月08日 06:45

アウディ S8 改良新型、571馬力ツインターボ搭載…欧州発表

アウディは11月2日、改良新型『S8』(Audi S8)を欧州で発表した。『A8』 シリーズの頂点に位置する高性能グレードとなる。

◆0-100km/h加速は3.8秒

直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ「TFSI」エンジンを搭載する。最大出力は571hp、最大トルクは81.6kgmを獲得する。81.6kgmの最大トルクは、2050〜4500rpmで発生し続ける特性とした。動力性能は、0〜100km/h加速を3.8秒で駆け抜け、最高速は250km/hでリミッターが作動する。

48Vのマイルドハイブリッドを採用。48ボルトの電源システム、BAS(ベルト駆動式オルタネータースターター)、リチウムイオンバッテリーを組み合わせ、走行中にエンジンを休止させ、惰性走行で燃費を稼ぐ。エンジンのスタート/ストップ機能も、幅広い走行条件で作動する。減速時には、BASがエネルギーを回生する。気筒休止システムも搭載する。

トランスミッションは、8速AT「ティプトロニック」だ。電動オイルポンプにより、エンジンが作動していないときでもギアを変えることができる。セルフロッキングセンターディファレンシャルを備えた4WDの「クワトロ」を組み合わせた。スポーツディファレンシャルを標準装備した。スポーツディファレンシャルは、高速コーナリング時に左右の後輪間でトルクを配分し、ハンドリングをさらにスポーティすると同時に安定させるという。

◆「プレディクティブ・アクティブサスペンション」を標準装備

エキゾーストシステムには、サウンドフラップが装着され、よりシャープなサウンドを楽しむことができるという。さらに、「プレディクティブ・アクティブサスペンション」と「ダイナミック・オールホイール・ステアリング」が標準装備された。

プレディクティブ・アクティブサスペンションは、電気モーターを介して、各ホイールに追加のパワーを供給したり停止したりできる。これにより、あらゆる走行条件で、シャシーのポジションをアクティブに調整することができる、と自負する。

サスペンションとブレーキは強化された。カーボンファイバーセラミックブレーキディスクを装着することもできる。

◆コーナー外側のボディを持ち上げ内側を下げる「コンフォート+モード」

「アウディドライブセレクト」は、スポーティなドライビング特性から快適性重視の特性まで、幅広い設定が可能だ。減衰力を電子的に調整するアダプティブエアサスペンションとプログレッシブステアリングを標準装備している。

アウディドライブセレクトで「ダイナミックモード」を選択すると、コーナーではしっかりとタイヤが路面をグリップし、ロール角が小さくなり、制動時のノーズダイブも抑制されるという。「コンフォート+モード」は、路面の凹凸をスムーズに吸収するモードだ。このモードでは、ステアリングがフロントカメラと連動して機能するため、システムの限界内において路面の凹凸を認識し、アクチュエータを予測的に調整する。

コンフォート+モードを選択すると、プレディクティブ・アクティブサスペンションは、特別な機能を作動させる。システムに統合されたカーブチルティング機能が、乗員に作用する横方向の加速度を減少させる。カーブに入ると、最大3度の範囲で、コーナー外側のボディ側面を持ち上げ、内側を下げる。80〜130km/hの速度域と、最大0.4Gの横加速度により、コーナリングしていることがほとんど分からないレベル、と自負する。コンフォート+モードで直進している場合、プレディクティブ・アクティブサスペンションは、シャシーのピッチングを補正する。また、乗り降りを快適にするために、ボディを最大50mm上下させることも可能だ。

◆「S」モデルらしいスポーティな内外装

内外装は、アウディの「S」モデルらしく、スポーティな演出が施された。エクステリアでは、フロントグリル、フロントバンパー、サイドシル、ドアミラーなどに、専用の装飾が施される。アルミホイールは、最大で21インチが装着できる。リアには、ツインエグゾーストが装備された。

改良新型S8では、主要市場の中国、米国、カナダ、韓国では、ロングホイールベース仕様のみが導入される。ロングホイールベース仕様では、全長と全高が増加することによって、ヘッドルームとレッグルームのスペースが増え、乗員の快適性が追求されている。

夜間には、アンビエントライトパッケージプラスがインテリアをエレガントに演出する。後席にはマトリクスLEDテクノロジーを採用したリーディングライトが設置されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アウディ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

アウディ(audi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「ハイエンド・メインユニット」を核にシステムが構成されたオーディオカーの一例(製作ショップ:パラダ<福井県>)。

    メインユニットの“電源強化”で音が変わる!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.05.27 06:56
  2. アウトランダーPHEVの進化ポイント:人とくるまのテクノロジー2022

    三菱 アウトランダーPHEV 新型の「進化」ポイント

    自動車(本体)
    2022.05.27 12:06
  3. トヨタ・カローラ、カローラツーリングのインテリア。

    [低予算カーオーディオ]トヨタ車純正ディスプレイオーディオのエンタメ力をアップ

    カーオーディオ
    2022.05.24 05:15
  4. 11.4インチ Honda CONNECTナビ LXM-237VFLi

    ホンダ純正ナビ、「ギャザズ」史上最大の11.4インチなど3モデルを発売

    カーナビ
    2022.05.26 19:28
  5. スズキ・ビジョン・グランツーリスモ

    スズキ『ハヤブサ』のエンジン&970kgの軽量ボディ…432馬力の仮想電動スポーツ

    自動車(本体)
    2022.05.27 12:53

総合ニュースランキング

  1. 「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」

    モバイルバッテリーなどで定評のあるAnker、新発売のポータブル電源が注目を集める

    ポータブル電源
    2022.05.27 11:38
  2. 「α6400」

    ソニー、最速0.02秒AFを実現したミラーレス「α6400」注文受付を再開へ

    デジタル一眼カメラ
    2022.05.26 16:46
  3. WH-1000XM5

    ソニー、ノイキャン性能が進化したワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM5」本日5/27発売

    イヤホン・ヘッドホン
    2022.05.27 06:50
  4. Xperia 1 IV SO-51C

    ドコモ、ソニー5Gスマホ「Xperia 1 IV SO-51C」の発売日を決定

    スマートフォン
    2022.05.26 00:00
  5. GK-RTX3090Ti-E24GB/HOF

    玄人志向、4.3型液晶が付属する「GeForce RTX 3090 Ti」搭載ビデオカード

    グラフィックボード・ビデオカード
    2022.05.26 16:25

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 10.1インチUSBモニター plus one USB LCD-10000U3
  • HUAWEI Eyewear
  • 日産アリア
  • 「HUAWEI WATCH FIT 2」
  • 「RF800mm F5.6 L IS USM」「RF1200mm F8 L IS USM」
  • マセラティ MC20 チェロ