2021年11月05日 11:14

レクサス LX 新型、初の「F SPORT」設定…SEMA 2021で発表

レクサス(Lexus)は11月2日、米国で開幕したSEMAショー2021において、新型『LX』の「F SPORT」を初公開した。

レクサスの主要モデルにラインナップされているスポーツ仕様が、F SPORTだ。レクサスのSUVのフラッグシップモデルのLXに、F SPORTが設定されるのは新型が初めてとなる。よりスポーティな雰囲気を好む顧客に向けて、専用のデザインとハンドリングを備えたLX初のF SPORTを用意したという。

◆F SPORTらしい専用仕立ての内外装

新型LXのF SPORTには、漆黒のクロームグリルフレームを備えたFメッシュデザインのスピンドルグリルが専用装備される。大型のスピンドルグリルは、F SPORTならではの装飾を採用することにより、押し出し感を強調している。

足元には、新しい専用の22インチ鍛造アルミホイールを装備した。細いスポークデザインが特長で、スピンドルグリル同様、ブラックで仕上げられている。ボディカラーには、F SPORT専用のウルトラホワイトが用意された。

インテリアには、ステアリングホイールとシフトレバーにテクスチャード加工の本革を採用し、見た目とグリップを向上させた。また、専用のF SPORTエンブレムが、ヘッドレストなどにあしらわれる。カスタムクラフトされたFデザインのシートは、横方向のGに対するホールド性を追求したデザインだ。内装色には、サーキットレッドがF SPORTに専用設定されている。

◆専用チューンされた足回り

専用チューンされたフロントとリアのパフォーマンスダンパーをはじめ、トルセンLSDやリアスタビライザーの採用により、F SPORTならではのドライビングパフォーマンスを追求した。AVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンションシステム)と電動パワーステアリングには特別なチューニングが施され、F SPORTならではのパフォーマンスを重視したレスポンスとハンドリングの安定性を備えているという。

新型LXのAVSは、リニアソレノイドバルブ方式に変更したことにより、減衰力切り替えの優れた応答性を実現した。路面や走行状態に応じてきめ細かく、滑らかな制御を可能にする。街中で段差を乗り越える時などには、減衰力を低めに設定することで快適な乗り心地を、ステアリング操作時は、減衰力を高めることでフラットな安定感を確保した。さらに、ドライブモードに合わせて減衰力も変化させ、ドライバーの好みに合わせた走りを可能にした、と自負する。

新型LXでは、従来型の油圧式パワーステアリングシステムから、モーターと減速機を用いた電動パワーステアリングに変更された。これにより、きめ細かなチューニングを可能にし、ステアリング操作に対して忠実でリニアに車両が応答する安心感と、大きな車体であることを感じさせない扱いやすさを目指した。駐車場や交差点など低速での取り回しの良さや、オフロード走行時などの低速域では、軽い操舵感によりドライバーの負担軽減を図る。高速走行時には、車速に応じた適度な操舵力により、手応えのある操舵感を追求している。

◆最大出力415psの3.5リットルV6ツインターボを積む「LX600」に設定

新型LXのF SPORTは、米国では「LX600」グレードに設定される。LX600には、従来型(「LX570」)の5.7リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンから、「V35A-FTS」型 3.5リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンにダウンサイズされた。最大出力は415ps、最大トルクは66.3kgmを引き出す。マルチホール直噴インジェクタ付き「D-4ST」の採用とロングストローク化、バルブ挟角の最適配置による高速燃焼と高効率ツインターボが、力強い低速トルクと優れた過給レスポンスを生み出すという。

トランスミッションは10速ATの「ダイレクトシフト」を組み合わせる。発進時を除くほぼ全域でロックアップを作動させ、ダイレクトなフィーリングを追求した。また、10速化により、ギアステップのクロス化、全体のギアレシオのワイドレンジ化を可能にし、高速燃費、発進加速、オフロード性能の向上を狙う。さらに、駆動力特性と変速タイミングを最適化した、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

レクサス

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

レクサス(lexus)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スバル・インプレッサ の2023年モデル(米国仕様)

    スバル インプレッサ はAWD標準、コンパクトカー唯一…2023年型発表

    自動車(本体)
    2022.06.27 09:58
  2. 「小型・薄型のパワードサブウーファー」の取り付け例。

    設置の仕方で音が変わる…サブウーファー[サウンドユニット セッティング法]

    カーオーディオ
    23時間前
  3. 「CarUB V3」

    開いたり閉じたりできる折りたたみ傘式サンシェード、2,180円

    その他のカー用品
    16時間前
  4. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  5. 「ネットワークモード」に対応したメインユニットの一例(カロッツェリア・DMH-SF700)。

    ネットワークモードを活用すると音が激変!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.20 09:05

総合ニュースランキング

  1. 「IQOS ILUMA」ネオンカラー、全国コンビニやタバコ取扱店で本日6/28より販売開始

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.06.28 11:37
  2. 設置工事が不要、持ち運びにも適した「スポットエアコン」2022年最新モデルまとめ

    設置工事が不要、持ち運びにも適した「スポットエアコン」2022年最新モデルまとめ

    エアコン・クーラー
    2022.06.27 10:50
  3. 「ニコン Z 30」

    ニコン、Vlog撮影に適したAPS-Cミラーレスカメラ「ニコン Z 30」

    デジタル一眼カメラ
    16時間前
  4. スバル・インプレッサ の2023年モデル(米国仕様)

    スバル インプレッサ はAWD標準、コンパクトカー唯一…2023年型発表

    自動車(本体)
    2022.06.27 09:58
  5. 「小型・薄型のパワードサブウーファー」の取り付け例。

    設置の仕方で音が変わる…サブウーファー[サウンドユニット セッティング法]

    カーオーディオ
    23時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+ の「エディション55」
  • 1/100スケール 「DAICON FILM版 帰ってきたウルトラマン」 マットアロー1号 レジンキャスト製組み立てモデル
  • LAOWA 20mm F4 Zero-D Shift
  • Insta360 ONE RS 1-Inch 360 Edition
  • ランドローバー レンジローバー スポーツ SVR プロトタイプ(スクープ写真)