2021年11月23日 06:36

手作りEV、コンバートEV、コンセプトカーも…日本EVフェスティバル2021

◆改造EVはトランスミッションを残す?

日本EVフェスティバルは、日本EVクラブやその他の有志らによる手作りEVやコンバートEVも見ものだ。耐久レース仕様ホンダ『シビック』のEV版、フィアット『500』のコンバートEV、日産『セドリック』(130型:1966年)をEV化した車両。SJ30スズキ『ジムニー』やソーラーパネルを搭載した三菱『ミニキャブMiEV』、そしてEVカートなど、こちらも多彩なEVが見られる。

コンバートEVは、ガソリン車のエンジン部分をモーターに置き換え、ガソリンタンクの代りにバッテリーを搭載したものだ。興味深いのは、モーター駆動のEVは、インバーターの制御さえしっかり行えば変速機(トランスミッション)は必要ない。だが、手作りEVやコンバートEVは、トランスミッションはベース車のものをそのまま残すことが多い。

高性能で細かいモード制御をするインバーターは高価であり、ソフトウェアのチューニングも難しいので、個人が作るEVではエンジンをモーターに置き換えるだけで、トランスミッションは残すことが多いようだ。レース用のEVシビック(OZ Motors MUSASI D-REVシビックEVR)は、インバーターだけでなくトランスミッションのチューニングも出来た方が、セッティングの幅が広がるという理由で残している。

ジムニーのEVも、トランスファーやアクスルは前後ともノーマルの機械式だ。車内にはシフトレバーとトランスファーの切り替えレバーも残っている。完全電子制御の4WD EVは4輪を個別にトルク配分できるため、LSDや差動のロック機構などなしでもタイヤの空転を抑えることがきる。ジムニーのオーナーによれば、アクスルが機械式でも、モータートルクによって走破性はエンジン車より高いそうだ。逆にLSDなどを入れると、シャフトやベアリングがもたないという。

◆横浜ゴムが持ち込んだ謎のワンオフEV

手作りEVのコーナーに、とても手作りとは思えないEVが展示してあった。横浜ゴムが展示していた「AERO-Y」というクルマは2013年に同社が実験的に製作したEVだ。新しいものではないが、航空機に用いられるカーボンボディで綺麗に仕上げられており、とても完成度が高い。

AERO-Yは、市販のEVのパワートレインとシャシーをベースに、横浜ゴムの航空機事業の部門と接着剤を研究開発している事業部(ハマタイト)のノウハウをつぎ込んで開発された。当時、次世代車両を研究するプロジェクトで試作された。プロジェクトは2008年ごろから動き出したという。EVを意識したものではないが、これからのクルマとして新しいパワートレインと、軽量化のため、カーボンやアルミなどの素材を使った。

接着剤の事業部が参加したのは、軽量化のためカーボンや樹脂素材、そしてアルミを組み合わせるのに接着剤が必要と考えたからだ。とくにカーボンとアルミは溶接するわけにはいかない。この技術は、近年各社が車体プラットフォームやボディシェルに活用されている。マツダは、剛性アップと振動吸収のため、ピラーの補強やシャシーのブレースなどを接着剤で固定している。

横浜ゴムとしては、当然次世代タイヤも研究した。軽量化と転がり抵抗低減のため、トレッド面の両肩を落としたラウンド形状にし、サイドウォールに特殊な整流フィンをつけたタイヤを開発した。接地面積が減るのでコンパウンドも工夫してグリップを確保しているという。205/55 16インチのタイヤの重さは約10kgになるが、この方式で開発されたタイヤは半分の約5kgまで軽くなっている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ホンダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ホンダ(honda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. キャビン本体は99万円から、軽トラの荷台内に収まる災害避難対応ワンルームカー新仕様

    その他車載機器
    2022.01.17 11:30
  2. 39Bロータリー? 6ローターユーノスコスモ(東京オートサロン2022)

    なぜ作ろうと思った? 6ローターのユーノス コスモ…東京オートサロン2022

    自動車(本体)
    2022.01.19 06:55
  3. Team TOYO TIRES DRIFT トークショー / 東京オートサロン2022

    実はドリフト芸人?! トークも走りも冴える、Team TOYO TIRES DRIFTのトークショー…東京オートサロン2022

    タイヤ
    2022.01.18 13:28
  4. トヨタ ノア 新型

    【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】もはや走る忍者屋敷?“からくり”知恵の数々

    自動車(本体)
    2022.01.17 12:46
  5. メルセデス・ベンツ C220d 4マチック オールテレイン

    【メルセデスベンツ Cクラス 新型】クロスオーバーモデル「オールテレイン」発売、価格は796万円

    自動車(本体)
    2022.01.19 06:45

総合ニュースランキング

  1. キャビン本体は99万円から、軽トラの荷台内に収まる災害避難対応ワンルームカー新仕様

    その他車載機器
    2022.01.17 11:30
  2. 「新春到来セール」

    スクエニのSwitch/PS4/PS5向け「新春到来セール」、本日1月19日まで開催

    Nintendo Switch ソフト
    2022.01.19 06:55
  3. 「12リアルフィギュア コレクション No.16 “グラビアガール Vol.3”」

    寝そべりショットのグラビアガールが1/12リアルフィギュアに、ハセガワが最新画像公開

    模型
    2022.01.19 11:30
  4. 「Android EL01 1/4 塗装済み完成品」

    人肌の質感やリアルさを表現、「Android EL01 1/4 塗装済み完成品」が88,000円で発売

    フィギュア
    2022.01.17 18:04
  5. 「CAPCOM HOLIDAY SALE -JANUARY-」

    カプコン、PS5/PS4/Switch/3DSセールを本日1月19日23時59分まで開催

    プレイステーション4(PS4) ソフト
    2022.01.19 06:50

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ※画像は同社ホームページより
  • 「fenix 7」3シリーズ
  • 「Zuvi Halo」有線モデル
  • F4U-1D コルセア