2021年11月25日 06:01

メルセデスベンツ Cクラス、初の「オールテレイン」設定…年内欧州発売へ

メルセデスベンツは11月22日、『Cクラス・オールテレイン』(Mercedes-Benz C-Class All-Terrain)を、2021年の年内に欧州市場で発売すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、5万3014ユーロ(約686万円)だ。

同車は、新型『Cクラス・ステーションワゴン』から派生したクロスオーバー車だ。メルセデスベンツはすでに、『Eクラス』に『Eクラス・オールテレイン』を用意している。ステーションワゴンベースのクロスオーバー車の「オールテレイン」を、今度は『Cクラス』に初設定した。

◆オフロード走行を支援する2つのモード

新型Cクラス・ステーションワゴンよりも約40mm高い最低地上高を備え、ホイールの直径も大きいため、オフロードに適しているという。 4リンクのフロントサスペンションは、ステアリングナックルを大型化。リアには、マルチリンク式サスペンションを装着する。

バランスの取れた乗り心地と高い走行安定性のために、パッシブダンピングシステムを備えたコンフォートサスペンションが標準装備された。パッシブダンピングシステムは、減衰効果を低減させて乗り心地を向上させる。一方、荒れた路面などで衝撃が激しい場合は、フルに減衰を行い、走行安定性を高める。

走行モードは、「ECO」、「COMFORT」、「SPORT」、「INDIVIDUAL」に加えて、オフロード走行用に2つの「DYNAMIC SELECT」モードが搭載された。このうち、「OFFROAD」モードは、未舗装の道路、砂利、砂の上などを走行するのに適する。さらなるオフロードでは、「DSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)」を備えた「OFFROAD +」モードに切り替えられる。DYNAMIC SELECTは、エンジン、トランスミッション、ステアリング、ESP、「4MATIC」の特性を変化させる。ドライバーは、センターディスプレイの下のスイッチパネルに触れて、走行モードを切り替える。

最新世代の4MATICを標準装備した。荒れた路面でもトラクションと走行安定性を引き上げる。エンジン出力の最大45%がフロントアクスルに送られ、最大55%がリアアクスルに伝達される。トランスミッションは、9速ATを組み合わせている。

◆SUVらしい専用デザインを採用

ベース車両の新型Cクラス・ステーションワゴンと比較して、Cクラス・オールテレインは4mm長く、全長は4755mm。ホイールアーチライナーの追加により、全幅は21mm拡大して1841mmとなる。およそ40mmの最低地上高の引き上げにより、全高は1494mmに増加している。

フロントマスクは、クロームメッキトリムと中央にスリー・ポインテッド・スターを備えたシングルルーブグリルが特徴だ。フロントグリルに垂直に配されたバーは、グロスブラック仕上げとした。アルミホイールは専用デザインで、17〜19インチが用意される。

ベース車両の新型Cクラス・ステーションワゴンとは異なるSUVらしい専用デザインを採用した。専用のフロントバンパーの一部は、ダークグレーのグレインプラスチック製。その下には、ハイグロスクローム仕上げのアンダーライドガードが装着されている。前後フェンダーには、マットダークグレーのホイールアーチライナーが追加された。サイドスカートには専用トリムが付く。クロームトリムストリップがサイドメンバートリムに組み込まれた。リアには、新設計されたマルチセクションバンパー、専用クロームメッキのロードシルガード、アンダーライドガードが装着されている。

Cクラス・オールテレインは、「アバンギャルド」エクステリアがベースになる。ウエストライントリム、サイドウィンドウサラウンド、ルーフレールはポリッシュドアルミ仕上げ。 Bピラーのトリムとリアサイドウィンドウのバーは、グロスブラックとした。

◆ディスプレイは最大12.3インチ

アバンギャルドインテリアを標準装備する。ブラック、マキアートベージュ/ブラック、シエナブラウン/ブラックの3色から選択できる。インストルメントパネルは、シルバークロームクラスプとマットダイヤモンドシルクスクリーントリム仕上げだ。このトリムは、センターコンソールからインストルメントパネルに途切れることなく続く。

インストルメントパネルは、ドライバーに向かって6度傾いている。ドライバー正面の高解像度液晶ディスプレイは自立型で、トリムパネルの前に浮かんでいるように見える。ディスプレイは、10.25インチ(26cm)と12.3インチ(31.2cm)の2種類から選択できる。 Cクラス・オールテレインは、専用の「オフロードコンテキスト」を採用する。これは、傾斜、操舵角、地理座標、コンパスなどの情報を表示するものだ。

アバンギャルド専用のシートを装備した。高レベルの快適性と横方向のサポートを追求する。シルバートリムのブラックレザー製マルチファンクションスポーツステアリングホイールを標準装備した。アンビエント照明も採用されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. カワサキ(EICMA 2021)

    カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ

    バイク(本体)
    2021.11.30 09:05
  2. スズキ・アルト(現行モデル)

    【スズキ アルト 新型】7年ぶりのフルモデルチェンジ、マイルドハイブリッド搭載…ティザー

    自動車(本体)
    2021.11.29 13:28
  3. トヨタ RAV4 PHV ブラックトーン(アティチュードブラックマイカ×エモーショナルレッドII)<オプション装着車>

    トヨタ RAV4、アドベンチャーグレードにハイブリッドを追加…ヘッドライトデザインも変更

    自動車(本体)
    2021.12.01 17:50
  4. アルパインから登場したディスプレイオーディオ『フローティングビッグDA』

    アルパインが自動車用ディスプレイオーディオを発表

    カーオーディオ
    2021.11.29 06:01
  5. フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

    フェラーリ初のクロスオーバー車『プロサングエ』、ついに生産型ボディを目撃

    自動車(本体)
    2021.12.01 09:43

総合ニュースランキング

  1. 「初トク割」

    2,000円オフ、IQOS ILUMA(アイコス イルマ)シリーズ対象の「初トク割」が開始

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.11.30 12:40
  2. 「HG 1/144 ザクII」

    バンダイ、“アニメの動きをほうふつとさせる可動”「HG 1/144 ザクII」の発売日決定

    プラモデル
    2021.12.01 07:20
  3. カワサキ(EICMA 2021)

    カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ

    バイク(本体)
    2021.11.30 09:05
  4. 「Feiyu Pocket 2」

    130度広角レンズ搭載のコンパクトカメラ付きジンバル「Feiyu Pocket 2」が12/20発売

    ビデオカメラ
    2021.12.01 12:43
  5. 「12リアルフィギュア コレクション No.13 “キャンペーン ガール”」

    ハセガワ、1/12リアルフィギュア「キャンペーンガール」最新の製品画像を公開

    模型
    2021.12.01 07:15

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「Galaxy ホリデーギフトキャンペーン2021」
  • G303SH
  • PowerShot ZOOM
  • 「Mirabook(ミラブック)」
  • 「Nintendo Switch Winterセール」
  • METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX-0 フルクロス