2021年11月29日 14:15

日産が長期経営戦略「Nissan Ambition 2030」を発表 グローバルでの電動化に意欲

日産自動車は2021年11月29日、長期経営戦略「Nissan Ambition 2030(ニッサン アンビション2030)」を発表した。

やはり“電動化”がカギ

Nissan Ambition 2030は、気候変動をはじめとする環境問題や、交通渋滞や地方の過疎化といった社会課題、ユーザーニーズの多様化などに対応するための経営ビジョン。よりクリーンかつ安全で誰もが共生できる社会の実現と、同社が真に持続可能な企業となることを目指すものであり、「2050年度までに製品のライフサイクル全体でカーボンニュートラルを実現する」という同社の目標を支えるプランでもある。

このNissan Ambition 2030では、“車両の電動化”が長期的な戦略の中核に据えられている。

日産は今後5年間で2兆円の投資を行い、2026年度までにEVとe-POWER搭載車を合わせて20車種導入。電動車の販売比率を欧州で75%以上、日本で55%以上、中国で40%以上にするという。また米国では、2030年度までにEVの比率を40%以上にするとしている。

さらに先の見通しとしては、2030年度までに15車種のEVを含む23車種の電動車をローンチ。日産、インフィニティの両ブランドを合わせて、グローバルな電動車のモデルミックスを50%以上とすることが見込まれている。

2028年度までに全固体電池搭載車を投入

これに合わせて、バッテリーの技術開発も促進する。リチウムイオン電池についてはコバルトフリー技術を採用することで、2028年度までに1kWhあたりのコストを現在のものに比べ65%削減。また、2028年度までに自社開発の全固体電池(ASSB)を搭載したEVを市場投入する計画で、2024年度までに同社の横浜工場内にパイロット生産ラインを導入する。

このASSBの採用により、EVの多様化と動力性能向上のほか、充電時間の大幅な短縮(3分の1になる)を可能にするという。ASSBのコストは、2028年度に1kWhあたり75ドルになるものと予想されるが、その後はEVとガソリン車のコストを同等レベルにすべく、1kWhあたり65ドルにまで下げることが目標とされている。電池の供給体制も強化し、パートナー企業と協力して2026年度までにグローバルな電池生産能力を52GWh、2030年度までに130GWhへと引き上げる計画だ。

発表会の場では、このASSBと小型のコンポーネントを組み合わせ将来的な幅広い製品ラインナップやエコシステムの可能性を示唆する、3種類のコンセプトカー「Max-Out(マックスアウト)」「Surf-Out(サーフアウト)」「Hang-Out(ハングアウト)」のイメージも披露された。

また日産は、次世代バッテリーの開発と並行して、バッテリーを二次利用するための施設を日本以外にも拡大し、2022年度には欧州、2025年度には米国に新たな施設を設立。二次利用を推進するためのインフラを整備し、エネルギーマネジメントにおける循環サイクルを構築することで、2020年代半ばには、V2X(車両とほかすべてのものとの通信技術)と家庭用バッテリーシステムの商用化を目指すとしている。

(webCG)

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

日産

日産(nissan)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. キャビン本体は99万円から、軽トラの荷台内に収まる災害避難対応ワンルームカー新仕様

    その他車載機器
    2022.01.17 11:30
  2. トヨタ ノア 新型

    【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】もはや走る忍者屋敷?“からくり”知恵の数々

    自動車(本体)
    2022.01.17 12:46
  3. NATS自動車大学校の学生が制作した5ドアのジムニー『NATS JIMNY kimun kamy』(東京オートサロン2022)

    世界初!?「ジムニー 5ドア」スズキより先に発表しちゃいました…東京オートサロン2022

    自動車(本体)
    2022.01.17 14:56
  4. 日産自動車(東京オートサロン2022)

    日産が フェアレディZ 新型の日本仕様公開…特別仕様の価格は696万6300円

    自動車(本体)
    2022.01.14 15:46
  5. トヨタ・タコマ がベースのキャンピングカー「タコジラ」のイメージスケッチ

    『タコジラ』って何だ? トヨタがキャンパー提案へ…SEMA 2021

    自動車(本体)
    2021.10.20 08:39

総合ニュースランキング

  1. キャビン本体は99万円から、軽トラの荷台内に収まる災害避難対応ワンルームカー新仕様

    その他車載機器
    2022.01.17 11:30
  2. 「Android EL01 1/4 塗装済み完成品」

    人肌の質感やリアルさを表現、「Android EL01 1/4 塗装済み完成品」が88,000円で発売

    フィギュア
    2022.01.17 18:04
  3. 「スカルプチャー ビューティーズ No.02 “ふりむき”」

    女性の美しさと優美の追求、スカルプチャー ビューティーズ第2弾「ふりむき」最新画像

    模型
    2022.01.17 13:40
  4. 「ARM-110」

    水やラップを使わず、パウチのまま温められる「レトルト亭」が1月下旬発売

    その他調理家電
    2022.01.17 10:58
  5. 「FULL MECHANICS 1/48 メイレスケンブ(初回限定クリア外装付き)」

    「境界戦機」メイレスケンブがFULL MECHANICSから登場、初回限定が1/29発売

    プラモデル
    2022.01.17 06:45

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「年末・年始キャッシュバックキャンペーン」
  • 「633DC-JP」
  • NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク
  • STI E-RA CONCEPT(東京オートサロン2022)
  • 「仕事用ゲーミングチェア」
  • ポルシェ・カイエン プラチナエディション