2021年12月03日 06:21

ベントレー コンチネンタルGT に黒光りする「マリナーブラックライン」…欧州発表

ベントレーは11月30日、『GTマリナーブラックライン』(Bentley GT Mulliner Blackline)を欧州で発表した。『コンチネンタルGT』と『コンチネンタルGTコンバーチブル』にオプション設定される。

◆エクステリアのクロームパーツをブラックに変更

GTマリナーブラックラインでは、マリナーの手によってエクステリアのクロームパーツがブラックのパーツに置き換えられる。顧客が希望する多種多様なカスタマイズも「ブラックライン」によっていっそう引き立つ、と自負する。

マリナーの職人が手がけるGTマリナーブラックラインは、最新の『コンチネンタルGTマリナー』や『コンチネンタルGTマリナーコンバーチブル』とはエクステリアの趣が異なるという。ブライトウェアをブラックに変更したいという要望は高まりつつあり、現在、『コンチネンタルGT』シリーズ全体の38%をブラックラインが占めている。

GTマリナーブラックラインでは、ベントレーの「ウィングドB」エンブレムを除いて、エクステリアのすべてのブライトウェアがブラックに統一され、ラジエターグリルベゼルもブラックになる。コンチネンタルGTマリナーではアッパーミラーキャップがサテンシルバーとなるが、GTマリナーブラックラインでは黒光りする「ベルーガ」で仕上げられた。マリナー独特のマトリクスウィングベントもブラックアウトされ、「Mulliner」のロゴだけが明るく輝く。ラジエターグリルは、ブラックに明るい縁取りが施され、ブラックのバンパーロアグリルへとつながっている。

◆キャビン全体に施されるステッチは約40万針

GTマリナーブラックラインのホイールは22インチで、リムをブラック塗装仕上げとした。セルフレベリングバッジにはクロームのリングが付く。また、コントラストの効いたポリッシュ仕上げのマリナー製ブラックホイールもオプションとして追加される予定だ。

GTマリナーブラックラインは、コンチネンタルGTマリナーのラグジュアリーなインテリアを引き継いでいる。マリナーの多くのカラーから好みのものを選べるほか、豊富なレザーとステッチをベースにベントレーが推奨する3色のコンビネーションも、8種類が用意されている。

インテリアには「マリナー・ドライビング・スペシフィケーション」が標準設定される。シートとドアとリアクォーターパネルはベントレー独自の「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」キルトとした。コントラストとアクセントが効いたステッチが、ダイヤモンド模様を引き立てる。キャビン全体に施されるステッチは約40万針。ひとつのダイヤモンド模様に712針、その一針一針がダイヤモンド模様の中心部に向かって正確に配列されている。

パワートレインには、4.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンと6.0リットルW12気筒ガソリンエンジンが設定される。6.0リットルW12ツインターボエンジン(最大出力635ps、最大トルク91.8kgm)搭載車は、0〜100km/h加速3.7秒、最高速333km/h。4.0リットルV8ツインターボエンジン(最大出力550ps、最大トルク78.5kgm)搭載車は、0〜100km/h加速4秒、最高速318km/hの性能を備えている。

◆3つの部門で構成されるマリナー

ベントレーのマリナーは長い歴史を持つコーチビルダーだ。ベントレーのマリナーは顧客の注文を受けて、世界に1台のベントレーを生み出してきた。マリナーは現在、ベントレーのビスポーク部門として、専門の職人を擁する3つの部門で構成されている。

「ベントレーマリナーコーチビルド」部門では、顧客がパーソナルコミッションガイドを介して専任デザイナーと打ち合わせを重ねて、車両を仕立てる。この部門で最初に製作したのが、『マリナー バカラル』だ。

「ベントレー マリナー クラシック」部門では、マリナーのスペシャリストらで構成されるチームによって、クラシックモデルが一台一台手作業で製作される。初めての復刻モデルは『ブロワー コンティニュエーション シリーズ』だった。

3つ目の部門である「ベントレー マリナー コレクション」は、ベントレーのラインアップをベースにラグジュアリー性をさらに高めた派生モデルを製作。新車のカスタマイズにも対応している。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ベントレー

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ベントレー(bentley)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ ZR-V

    ホンダ、新型SUV『ZR-V』特設サイトを公開…開発への想いを語る

    自動車(本体)
    2022.05.19 18:06
  2. スバル・レガシィ 改良新型の「スポーツ」

    スバル レガシィ 改良新型に「スポーツ」、260馬力ターボ搭載

    自動車(本体)
    2022.05.19 13:30
  3. 三菱 アウトランダー PHEV 新型

    三菱 アウトランダー PHEV 新型、EVモードの航続拡大

    自動車(本体)
    2022.05.18 09:34
  4. 日産 サクラ(G・ブロッサムピンク)

    【日産 サクラ】「デイズとは違う」日本の伝統美を織り込んだデザインと、名前の由来[詳細写真]

    自動車(本体)
    15時間前
  5. ホンダZR-V

    ホンダが新型SUV「ZR-V」のオフィシャルサイトを開設

    自動車(本体)
    2022.05.19 16:07

総合ニュースランキング

  1. 「IQOS ILUMA PRIME(アイコス イルマ プライム)」

    加熱式タバコ「IQOS ILUMA NEON(アイコス イルマ ネオン)」が本日5/17から順次発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.05.17 06:30
  2. 「俺のラーメン鍋」

    アツアツのラーメンを最後まで楽しめる、こだわりの「俺のラーメン鍋」が7,980円で発売

    その他調理家電
    19時間前
  3. 「俺のラーメン鍋 TK-FUKU21W」

    袋麺の調理に特化、シメのご飯まで楽しめる「俺のラーメン鍋」サンコーが発売

    その他調理家電
    2022.05.18 12:11
  4. 「LIFT M800」

    ロジクール、人間工学に基づいた縦型マウス「LIFT M800」を本日5/19発売

    マウス
    2022.05.19 06:50
  5. 「自分専用おとしずか冷温庫 10L SMHCMESWH」

    500mlペットボトルが6本入る、“自分専用”サイズの「おとしずか冷温庫 10L」8,980円

    冷蔵庫・冷凍庫
    20時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • Redmi Note 11 Pro 5G
  • 「Xperia 1 IV」「Xperia View」
  • 「GRFD-BCH MaxB300」
  • BMW M3 ツーリング のプロトタイプ
  • 「RICOH WG-80」