2021年12月22日 06:12

ロータス『エミーラ』、405馬力スーパーチャージャー搭載…発売記念車が初走行テスト

ロータスカーズは12月17日、新型スポーツカーの『エミーラ』(Lotus Emira)の発売記念モデル、「V6ファーストエディション」が英国ヘテルのテストコースで初走行を行った、と発表した。

◆テストでは4種類の異なる走行モードを切り替え

初走行は、ロータスカーズのチーフテストドライバーのギャバン・カーショウ氏が担当した。同氏は、すべてのロータス車の走行面での開発を主導している経験豊富なドライバーだ。

テストでは、4種類の異なる走行モードが切り替えられた。このうち、「ツアー」は日常の道路での使用に合わせて調整されており、ロータスのダイナミックなパフォーマンスとハンドリングの最適なブレンドとより快適な乗り心地を提供する、と自負する。これに対して、「スポーツ」はわずかに硬いサスペンションセットアップとなる。「レース」はサーキット向け。「全オフ」モードでは、スタビリティコントロールがオフになる。

ギャバン・カーショウ氏は、「エンジン回転数が高まるにつれて、力強さを増す。これが本物のスポーツカーだ。車両のパッケージ全体が、ドライバーのために開発されている」と語る。

◆0-100km/h加速4.2秒で最高速は290km/h

エミーラは、新しいロータススポーツカーアーキテクチャをベースに開発された。ロータス押出し結合アルミ製シャシーテクノロジーを使用している。

エミーラは、2つのガソリンエンジンから選択できる。テクニカルパートナーのメルセデスAMG製の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンと、『エキシージ』と『エヴォーラ』で定評あるトヨタ製の「2GR-FE」型3.5リットルV型6気筒ガソリンをスーパーチャージャーで加給したエンジンだ。それぞれがロータスによって調整され、ユニークで独特のキャラクターを生み出すという。

発売記念モデルのV6ファーストエディションには、3.5リットルV型6気筒ガソリンスーパーチャージャーを搭載する。最大出力は405ps、最大トルクは6速MTが42.8kgm、パドルシフト付き6速ATが43.8kgmを引き出す。このエンジンは、6800rpmまで許容する。0〜100km/h加速はMTが4.3秒、ATが4.2秒。最高速は290km/hに到達する。

◆目標車両重量は最も軽い仕様で1405kg

エミーラは、EVハイパーカーの『エヴァイヤ』のデザインの特徴を導入した初めてのロータススポーツカーだ。エヴァイヤの影響は、流線的なサーフェイスと鮮明で特長的なラインに反映されているという。ボディサイズは全長4412mm、全幅1895mm、全高1225mm、ホイールベース2575mm。目標車両重量は最も軽い仕様で1405kgとしている。

エミーラには、エッジをシャープに仕上げたボンネット、後部に向かって引き締められたシュリンクラップされたキャビン、力強いリア回りに切り込まれたアーティスティックシェイプが施されたドアとベントを採用する。ボンネットのベントは、車の空気の流れを誘導し、エアロダイナミクスを最適化するために、エヴァイヤの構造から取り入れたものだ。

インテリアはドアトリムと一体化し、包み込むようなダッシュボードを採用した。名車『エスプリ』のシフトレバーを反映したMT車のシフトレバー配置や、V6エンジン搭載車のMTのセンターコンソールのベース部分の半露出のギアリンケージが特長だ。スタート/ストップボタンには、保護用の赤いカバーが付く。

◆装備充実のV6ファーストエディション

V6ファーストエディションには、「ロータスドライバーズパック」を標準装備した。グッドイヤー「イーグルF1」スーパースポーツタイヤとミシュラン「パイロットスポーツカップ2」タイヤの2仕様から選択できる。どちらのタイヤも、エミーラのために特別に開発された。

V6ファーストエディションは、20インチの軽量Vスポークアルミホイールを装着する。ダイヤモンドカットされたプレミアムツートン仕上げが標準で、シルバーまたはグロスブラック仕上げが無償オプションで選択できる。ブランドのロゴ入りキャリパーを備えたツーピースブレーキディスクとタイヤ空気圧監視システム(TPMS)も標準装備した、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ロータス

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ロータス(lotus)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  2. ヤマハのEVスクーター『E01』で市街地を走り、その実用性を確認

    「航続距離104km」は実用的な数字か? 原付2種のEVスクーター『E01』で市街地を走ってわかった事実

    電動バイク・電動スクーター
    2022.06.24 12:52
  3. 「アウター化」が実行されたオーディオカーの一例(製作ショップ:サウンドフリークス<岩手県>)。

    究極を目指すならアウター化…ミッドウーファー[スピーカーの鳴らし方・大研究]

    カーオーディオ
    2022.06.24 09:45
  4. 「ネットワークモード」に対応したメインユニットの一例(カロッツェリア・DMH-SF700)。

    ネットワークモードを活用すると音が激変!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.20 09:05
  5. 日産 リーフ の2023年モデル(米国仕様)

    日産のEV:リーフ 、内外装をリフレッシュ…2023年型

    自動車(本体)
    2022.06.24 09:51

総合ニュースランキング

  1. 「12リアルフィギュア コレクションNo.21 “ブロンドガール Vol.6”」

    ハセガワ、“膝立ちポーズのブロンドガール”を1/12リアルフィギュア化

    模型
    2022.06.26 07:00
  2. MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム

    15,400円のガンプラ「MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム」発売日がついに決定

    プラモデル
    2022.06.24 11:48
  3. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  4. 
【6月の値下げ】ソニー最大10万円、TVS REGZA最大4万円キャッシュバックなど開催

    【6月の値下げ】ソニー最大10万円、TVS REGZA最大4万円キャッシュバックなど開催

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2022.06.25 12:00
  5. 「UF18DA」

    羽根径330mmでパワフルに送風、HiKOKI「18Vコードレスファン」新モデル

    扇風機・サーキュレーター
    2022.06.23 11:37

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • スバル・アセント の2023年モデル
  • 「ウチの鉄板焼きダイニング C-NHP21B」
  • 「RICOH Meeting 360 V1」
  • スバル・インプレッサ の2023年モデル(米国仕様)
  • PA278CV