2021年12月22日 05:30

アウディのEV、冬季の航続を延長…充電前にバッテリーを自動で予熱

アウディ(Audi)は12月17日、『e-tron』や『e-tron スポーツバック』、『e-tron GTクワトロ』などのEVに、冬季の航続拡大を支援するテクノロジーを搭載した、と発表した。

◆出発前に車内の空調を最適化するプレコンディショニング機能

冬季の航続拡大を支援するテクノロジーのひとつが、「プレコンディショニング機能」だ。補助ヒーターと同様に、出発前に車内を最適な温度に調整する。これにより、快適性の向上と航続の拡大が可能になる。

これは、出発タイマーでプレコンディショニングを行うことにより、バッテリーを温めるために必要なエネルギーを、家庭用ウォールボックスや公共充電ステーションなど、外部のエネルギー源から得ることができるためだ。

その結果、走行中に使用する消費電力が少なくなり、航続を延長することができる。とくに短距離走行の場合、予熱を行わない状態で走り出すと、バッテリーを適切な温度にするために大量のエネルギーを消費するため、航続に大きな影響を及ぼすという。

◆「e-tronルートプランナー」付きナビゲーション

「e-tronルートプランナー」も、冬季の航続拡大を支援するテクノロジーだ。アウディの「MMI(マルチ・メディア・インターフェイス)」のナビゲーション機能を、約30の詳細情報により補完し、とくに中距離や長距離走行において、エネルギー消費量を最適化するのに役立つという。

e-tronルートプランナーは、最速ルートを計算し、交通量とルートデータ、ドライバーの運転スタイルや車両の充電にかかる時間を考慮して、目的地への到着時間を表示する。また、充電出力、充電の接続方法、各充電ステーションのプラグ形式などの基本情報も表示される。システムは、充電ステーションが現在利用可能かどうかも表示する。

急速充電ステーションを優先し、e-tron GT クワトロでは、走行中にバッテリーのプレコンディショニング機能を起動する。e-tronルートプランナーを起動すると、特定のモデルでは、常に目的地までの最も効率的なルートを検索する。さらに、ウェブサイトのレンジカリキュレーターは、外気温、走行モード、ホイールサイズ、冷暖房の利用などの条件に応じて、e-tronと e-tronスポーツバックの航続の違いを表示する。

◆低温下での充電をサポート

「インテリジェントバッテリー管理システム(BMS)」は、充電ステーションやウォールボックスと通信して、可能な限り穏やかにAC充電するために電力を最適化する。充電は自動的に調整され、バッテリーの充電レベルが100%になるか、80%など事前に設定した充電レベルに達すると、システムはすぐに充電を終了する。

充電プロセス中、BMSは個々のセルの電圧を監視し、必要に応じてそれらを調整する。さらに、インテリジェントな管理により、バッテリーの加熱が行われる。バッテリー温度が特定の範囲を下回ると、BMSはバッテリーの早期劣化を防ぐため、充電容量を自動的に低減する。

一般的に、時間をかけて充電すると、バッテリーの寿命にプラスの効果がある。また、外気温が低い場合は、走行後できるだけ早く充電することが推奨されている。これは、バッテリーがまだ温まっているため、より穏やかに、かつ迅速に再充電することが可能なためだ。

◆デジタルインストルメントパネルによる航続予測

「デジタルインストルメントパネルの航続予測機能」は、高電圧バッテリーの充電レベルとエネルギー消費量の予測から算出される。これは、いくつかの要因に依存する。電力消費量に最大の影響を及ぼすのは、駆動システムだ。駆動システムと比較すると、車内の各ファンクションやエアコンによる電力消費量は少ない。

航続の予測に関して、アウディはナビゲーション作動時、ナビゲーション非作動時の2つの状態を区別している。ナビゲーションでルート案内を行っている場合、制限速度、青信号、標高の違いなどのルートプロファイル、渋滞などの現在の交通情報、過去100kmの平均エネルギー消費量から航続を予測する。さらに、今後のドライブで想定される機能やエアコンの使用も考慮される。

ナビゲーションを使用していない場合、最近の100kmにおける電力消費量の平均を使用して、航続を計算する。この場合、基本的なファンクションやエアコンの使用も評価される。ユーザーは、レンジモニター経由で各装置やエアコンのオンとオフを切り替えることにより、航続の予測に、これらの要素を直接反映させることができるという。

◆ジオチャージングプロファイル

e-tronの「ジオチャージングプロファイル」では、ドライバーが特定の場所で以前に設定して記録した充電プロファイルを有効にしたり、車両にダウンロードしたりすることが自動で行える。MMIでロケーションベースの充電設定を行い、GPS座標を使用して保存すると、充電設定や充電時間帯を設定することが可能。ユーザーは、複数のアドレスの充電プロファイルを設定できる。

最大出力270kWの急速充電に対応したe-tron GTクワトロの充電性能を最大限に活用するには、高電圧バッテリーを特定の温度にする必要がある。これは、走行中にバッテリーのプレコンディショニングを行うことによって可能になる。

急速充電ステーションがe-tronルートプランナーの目的地として設定されると、アルゴリズムが予想到着時間を計算し、短い待機時間ですぐに充電ステーションの高出力充電に対応できるように、必要な加熱量または冷却量を推定して、高電圧バッテリーを理想的な温度に調整する。ユーザーの希望に応じて、車内の温度も調整することが可能、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アウディ

アウディ(audi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「ハイエンド・メインユニット」を核にシステムが構成されたオーディオカーの一例(製作ショップ:パラダ<福井県>)。

    メインユニットの“電源強化”で音が変わる!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.05.27 06:56
  2. アウトランダーPHEVの進化ポイント:人とくるまのテクノロジー2022

    三菱 アウトランダーPHEV 新型の「進化」ポイント

    自動車(本体)
    2022.05.27 12:06
  3. トヨタ・カローラ、カローラツーリングのインテリア。

    [低予算カーオーディオ]トヨタ車純正ディスプレイオーディオのエンタメ力をアップ

    カーオーディオ
    2022.05.24 05:15
  4. 11.4インチ Honda CONNECTナビ LXM-237VFLi

    ホンダ純正ナビ、「ギャザズ」史上最大の11.4インチなど3モデルを発売

    カーナビ
    2022.05.26 19:28
  5. スズキ・ビジョン・グランツーリスモ

    スズキ『ハヤブサ』のエンジン&970kgの軽量ボディ…432馬力の仮想電動スポーツ

    自動車(本体)
    2022.05.27 12:53

総合ニュースランキング

  1. 「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」

    モバイルバッテリーなどで定評のあるAnker、新発売のポータブル電源が注目を集める

    ポータブル電源
    2022.05.27 11:38
  2. 「α6400」

    ソニー、最速0.02秒AFを実現したミラーレス「α6400」注文受付を再開へ

    デジタル一眼カメラ
    2022.05.26 16:46
  3. WH-1000XM5

    ソニー、ノイキャン性能が進化したワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM5」本日5/27発売

    イヤホン・ヘッドホン
    2022.05.27 06:50
  4. Xperia 1 IV SO-51C

    ドコモ、ソニー5Gスマホ「Xperia 1 IV SO-51C」の発売日を決定

    スマートフォン
    2022.05.26 00:00
  5. GK-RTX3090Ti-E24GB/HOF

    玄人志向、4.3型液晶が付属する「GeForce RTX 3090 Ti」搭載ビデオカード

    グラフィックボード・ビデオカード
    2022.05.26 16:25

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • HUAWEI Eyewear
  • 「HUAWEI WATCH FIT 2」
  • 日産アリア
  • 「RF800mm F5.6 L IS USM」「RF1200mm F8 L IS USM」
  • 「NOKTON D23mm F1.2 Aspherical」
  • マセラティ MC20 チェロ