2021年12月23日 06:20

アウディ R8 に570馬力の後輪駆動モデル、欧州発売へ…2022年前半

アウディは12月20日、『R8 V10 パフォーマンス RWD』(Audi R8 V10 performance RWD)を2022年前半、欧州市場で発売すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、14万9000ユーロ(約1920万円)だ。

『R8』はアウディのフラッグシップスポーツカーだ。現行R8は2世代目モデルで2015年春、ジュネーブモーターショー2015で発表された。2018年秋には、デビュー以来初の本格改良を受けて、改良新型が発表された。

R8 V10 パフォーマンス RWDは、2019年秋に登場した『R8 V10 RWD』を置き換える、さらなる高性能バージョンだ。4WDの「クワトロ」を廃し、2WDの後輪駆動化したモデルになる点は変わらない。ボディタイプは、クーペとスパイダーの2種類が設定されている。

◆レーシングカーの『R8 LMS GT4』に着想を得た外装デザイン

レーシングカーの『R8 LMS GT4』にインスパイアされたスポーティなデザインを採用する。マットブラック仕上げのワイドでフラットなシングルフレームグリルと、大型エアインテークのR8エンブレム、フロントリップスポイラーとリアエアアウトレットグリッド、楕円形テールパイプが装備された。フロントフードの下のスリットは、アウディ『スポーツクワトロ』を彷彿とさせるデザインだ。ボディカラーは全10色。そのうちのひとつは、従来は『R8 V10パフォーマンスクワトロ』専用だったアスカリブルーメタリックだ。

「R8パフォーマンス」デザインパッケージを用意した。ブラックのアルカンターラレザー、メルカートブルーのコントラストステッチ、カーボントリムなどが装備される。

「アウディバーチャルコックピット」には、12.3インチのスクリーンを採用した。R8レザーステアリングホイールには、「マルチファンクションプラス」が備わる。「アウディドライブセレクト」を使用してエンジンを始動したり、パフォーマンスモードを有効にしたり、アウディバーチャルコックピットをコントロールしたりすることができる。レザーとアルカンターラで仕上げられた新しい「R8バケットシート」やスポーツシートが装備できる。「RWD」のエンブレムが、助手席の前方に添えられた。

◆0-100km/h加速3.7秒で最高速は329km/h

R8 V10 パフォーマンス RWDのミッドシップには、直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンが搭載される。最大出力は570ps、最大トルクは56.1kgmを発生する。R8 V10 RWDの最大出力540ps、最大トルク55.1kgmに対して、パワーは30ps、トルクは1kgm引き上げられた。トランスミッションは7速「Sトロニック」を組み合わせる。

走行状況に応じて、LSDが後輪の左右にトルクを配分し、道路が濡れている場合でも高いトラクションを追求する。ボディは「アウディスペースフレーム(ASF)」デザインを導入してアルミで作られ、大きな部品はCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製とした。R8 V10パフォーマンスRWDの重量は、クーペが1590kg、スパイダーが1695kg。前後重量配分は40対60だ。

動力性能は、クーペが0〜100km/h加速3.7秒、最高速329km/h、スパイダーは0〜100km/h加速3.8秒、最高速327km/h。R8 V10 RWDのクーペの0〜100km/h加速3.7秒、最高速320km/h、スパイダーの0〜100km/h加速3.8秒、最高速318km/hに対して、0〜100km/h加速は変わらないものの、最高速は9km/h上乗せされている。

◆後輪駆動用に専用チューンされた足回り

R8 V10 パフォーマンスRWDのサスペンションとドライビングダイナミクスは、後輪駆動車のために特別にバランスが追求された。ESCはスポーツモード時に、サスペンションのセットアップと制御システムによって、ドリフトをコントロールすることができる。パワーステアリングは、専用チューニングされた。足回りには、19インチタイヤ&ホイールを標準装備する。オプションでフロントに245/30R20タイヤ、リアに305/30R20タイヤとカップホイールが選択できる。

後輪駆動のR8で初めて「ダイナミックステアリング」がオプションで選択できるようになった。これにより、ワインディングロードなどにおいて、よりダイレクトなステアリングによって、ダイナミックな走行が楽しめるという。また、駐車時などの操舵を支援し、快適性が向上する、と自負する。

ウェーブデザインの18インチ高性能ブレーキシステムを標準装備する。オプションで19インチの高性能セラミックブレーキシステムを装備することができる。CFKスタビライザーも採用した、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アウディ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

アウディ(audi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「ハイエンド・メインユニット」を核にシステムが構成されたオーディオカーの一例(製作ショップ:パラダ<福井県>)。

    メインユニットの“電源強化”で音が変わる!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.05.27 06:56
  2. アウトランダーPHEVの進化ポイント:人とくるまのテクノロジー2022

    三菱 アウトランダーPHEV 新型の「進化」ポイント

    自動車(本体)
    2022.05.27 12:06
  3. トヨタ・カローラ、カローラツーリングのインテリア。

    [低予算カーオーディオ]トヨタ車純正ディスプレイオーディオのエンタメ力をアップ

    カーオーディオ
    2022.05.24 05:15
  4. 11.4インチ Honda CONNECTナビ LXM-237VFLi

    ホンダ純正ナビ、「ギャザズ」史上最大の11.4インチなど3モデルを発売

    カーナビ
    2022.05.26 19:28
  5. スズキ・ビジョン・グランツーリスモ

    スズキ『ハヤブサ』のエンジン&970kgの軽量ボディ…432馬力の仮想電動スポーツ

    自動車(本体)
    2022.05.27 12:53

総合ニュースランキング

  1. 「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」

    モバイルバッテリーなどで定評のあるAnker、新発売のポータブル電源が注目を集める

    ポータブル電源
    2022.05.27 11:38
  2. 「α6400」

    ソニー、最速0.02秒AFを実現したミラーレス「α6400」注文受付を再開へ

    デジタル一眼カメラ
    2022.05.26 16:46
  3. WH-1000XM5

    ソニー、ノイキャン性能が進化したワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM5」本日5/27発売

    イヤホン・ヘッドホン
    2022.05.27 06:50
  4. Xperia 1 IV SO-51C

    ドコモ、ソニー5Gスマホ「Xperia 1 IV SO-51C」の発売日を決定

    スマートフォン
    2022.05.26 00:00
  5. GK-RTX3090Ti-E24GB/HOF

    玄人志向、4.3型液晶が付属する「GeForce RTX 3090 Ti」搭載ビデオカード

    グラフィックボード・ビデオカード
    2022.05.26 16:25

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「NOKTON D23mm F1.2 Aspherical」
  • 日産アリア
  • 「1/24 マクラーレン セナ(グレイ)完成品」
  • 「ニッサン スカイライン GTS-R(R31) “カスタム バージョン”」
  • HUAWEI Eyewear
  • 「HUAWEI WATCH FIT 2」