2022年01月04日 09:57

軽バン&軽トラ…存在感の大きい小さな車15車種

ダイハツ工業は、軽商用車『ハイゼットカーゴ』をフルモデルチェンジ、同時に『ハイゼットトラック』をマイナーチェンジし、12月20日に発売した。軽商用車の新車販売台数は2020年度に39万4861台、2020年3月末の保有台数は834万3443台で、商用車のうち58%が軽自動車だ。

新車販売台数は全国軽自動車協会連合会調べ、保有台数に占める軽自動車の割合は自動車検査登録情報協会調べ。

軽自動車の商用車で、バンは8車種、トラックは7車種があるものの、OEM供給車種が多く、バンはスズキ『エブリイ』、ダイハツ『ハイゼットカーゴ』、ホンダ『N-VAN』の3車種、トラックはスズキ『キャリイ』、ダイハツ『ハイゼットトラック』の2車種がオリジナルモデルだ。ダイハツ『アトレー』も商用規格となったが、乗用用途(レジャーなど)なので本稿で扱う軽バンからは除外した。

三菱、マツダ、日産の軽バンはエブリイをベースにそれぞれ『ミニキャブバン』、『スクラムバン』、『NV100クリッパー』を仕立て、スバル、トヨタはハイゼットカーゴをベースにした『サンバーバン』、『ピクシスバン』を販売する。

三菱、マツダ、日産の軽トラックはキャリイをベースにした『ミニキャブトラック』、『スクラムトラック』、『NT100クリッパー』、スバル、トヨタの軽トラックはハイゼットトラックをベースにした『サンバートラック』、『ピクシストラック』だ。ホンダは現在、軽トラックをラインナップしていない。

トヨタ・ピクシスはダイハツ・ハイゼットと同時にモデルチェンジしているが、スバル・サンバーは従来型が継続して販売されている。

●バン

スズキ・エブリイ

ダイハツ・ハイゼットカーゴ

三菱ミニキャブバン(←スズキ・エブリイ)

スバル・サンバーバン(←ダイハツ・ハイゼットカーゴ従来型)

マツダ・スクラムバン(←スズキ・エブリイ)

日産NV100クリッパー(←スズキ・エブリイ)

トヨタ・ピクシスバン(←ダイハツ・ハイゼットカーゴ)

ホンダN-VAN

●トラック

スズキ・キャリイ

ダイハツ・ハイゼットトラック

三菱ミニキャブトラック(←スズキ・キャリイ)

スバル・サンバートラック(←ダイハツ・ハイゼットトラック従来型)

マツダ・スクラムトラック(←スズキ・キャリイ)

日産NT100クリッパー(←スズキ・キャリイ)

トヨタ・ピクシストラック(←ダイハツ・ハイゼットトラック)

スズキ・エブリイ……スズキ・エブリイの現行型は2015年にフルモデルチェンジ、2021年9月が最新の仕様変更だ。「広さ」「低燃費」「使いやすさ」を追求した軽ワンボックスを謳う。「エブリイ」の車名はもともとキャリイのグレード名としてスタート、現在はバンとワゴンがエブリイ、トラックがキャリイとなっている。

スズキ・キャリイ……1961年10月に「スズライトキャリイFB型」として発売。高い経済性と耐久性、使いやすさという基本コンセプトを変えることなく、身近な働くクルマとして進化を続けてきた。国内累計販売台数は468万台を達成した(2021年6月末現在、スズキしらべ)。現行型は2013年にフルモデルチェンジ、2021年8月に最新の仕様変更が施されている。

ダイハツ・ハイゼット……ハイゼットシリーズは、1960年にダイハツ初の軽四輪車として誕生。ユーザーのニーズを追求し、時代変化に合わせ進化し続けてきたロングセラーだ。農業など一次産業から建設業、配送業等、幅広い業種のユーザーの“働く相棒”として、地方部から都市部まで全国で愛用される。累計生産台数は750万台以上(2021年11月末現在、ダイハツしらべ。OEM供給のぞく)。

ホンダN-VAN……働く人々の生活を見つめ、さまざまな仕事での使いやすさや優れた走行性能、安全性能を追求し、軽バンの新基準となることをめざして開発。2018年7月に発売された。燃料タンクを前席の下に収めるセンタータンクレイアウト採用により荷室を低床化した。リアシートに加え、助手席にもダイブダウン機構を採用することで、助手席からリアシート、テールゲートまでフラットな空間を実現した。さらに、軽バンのセンターピラーレス仕様により、助手席側に大きな開口部を設定した。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スズキ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

スズキ(suzuki)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スズキ アヴェニス125 新型

    アドレスの化粧直しじゃない!“シン・通勤快速”『アヴェニス125』はキビキビ走るすごいヤツ

    バイク(本体)
    2022.11.30 11:13
  2. スバル クロストレック 新型

    【スバル クロストレック 新型】価格発表、266万2000円から328万9000円

    自動車(本体)
    2022.12.01 13:50
  3. 日産 マーチ 次期型がEVとして日本市場に復活するという。画像は予想CG

    日産『マーチ』、EVで2025年に日本市場復活か!? マイクラ後継EVがベース

    自動車(本体)
    2022.11.30 09:10
  4. ホンダ・パイロット 新型

    ホンダ史上最強のSUV『パイロット』新型、285馬力V6搭載

    自動車(本体)
    2022.11.28 09:15
  5. 日産 セレナ LUXION e-POWER

    【日産 セレナ 新型】 LUXION e-POWER…技術の日産、ミニバンの頂点めざす[詳細写真]

    自動車(本体)
    2022.12.01 06:15

総合ニュースランキング

  1. 設置イメージ

    エレコム、Wi-Fi 5対応の無線アクセスポイント2モデルを12月上旬発売

    無線LAN中継機・アクセスポイント
    2022.11.30 11:38
  2. 「Xperia 10 III Lite」

    楽天モバイル、「Xperia 10 III Lite」「AQUOS zero6」などを値下げ

    スマートフォン
    2022.12.01 11:56
  3. Zenbook 17 Fold OLED UX9702AA

    ASUS、折りたためる17.3型有機ELを搭載したノートPC「Zenbook 17 Fold OLED」

    タブレットPC
    2022.12.01 12:44
  4. 「INZONE M3」

    ソニー、最大240Hz対応の27型ゲーミングモニター「INZONE M3」を本日12/1発売

    PCモニター・液晶ディスプレイ
    2022.12.01 07:00
  5. 「Steam Deck」

    7型ポータブルゲーム端末「Steam Deck」の出荷開始日が決定、価格は59,800円から

    ノートパソコン
    2022.11.30 13:13

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary」
  • 「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」
  • 「Cyber punClock ghost TPNXTUSNA」
  • ヤマハ XSR900と大関さおり氏
  • 「MM-NFCT1BK」
  • Anker 767 Portable Power Station(GaNPrime PowerHouse 2048Wh)