2022年01月28日 05:00

名車「クラシックMini」、EVにコンバート…MINIがプログラム立ち上げ

MINIは1月25日、クラシックMiniをEV化するプログラム、「MINI Recharged」を英国で立ち上げた、と発表した。

◆1959〜2000年に530万台超が生産されたクラシックMini

現在のMINIのルーツとなるクラシックMiniは1959年8月26日、英国の当時のBMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)が発表した。1959年から2000年の間に、英国で生産されたクラシックMiniの台数は、530万台を超えるヒット作となった。

このクラシックMiniの後を受け継いで、BMWグループは新世代MINIを2000年9月、パリモーターショー2000で初公開した。MINIの生産は2001年、英国オックスフォード工場で開始された。2006年にはモデルチェンジを受け、2世代目が登場した。2013年には、3世代目にモデルチェンジを受けている。

現在、MINIは、スペースの創造的な使い方と運転の楽しさという点で、クラシックMiniを設計したアレック・イシゴニスとのつながりを維持しているという。MINI Rechargedプロジェクトは、21世紀のクラシックMiniのストーリーを、持続可能な方法で伝え続ける機会に位置づけられる。

◆2018年のワンオフEVに対する良好な反応がプロジェクトの契機に

MINIは2018年春、ニューヨークモーターショー2018で、クラシックMiniをEV化したワンオフモデル、『クラシックMiniエレクトリック』を発表した。クラシックMiniエレクトリックは、ブランド初の量産EVの「クーパーSE」の発売に先駆けて、MINIの原点であるクラシックMiniをEV化した1台だった。MINIによると、革新的なゼロエミッション技術を採用しながら、ブランドならではのキャラクターを維持するというコミットメントを示す1台だったという。

クラシックMiniエレクトリックでは、フルレストアされたクラシックMiniに、EVパワートレインを搭載。その詳細は公表されなかったが、電気モーターのパワーによって、ゴーカート感覚のハンドリングに新次元をもたらす、としていた。

このワンオフモデルに対する反応が好意的だったため、MINI の英国オックスフォード工場に専任チームが作られ、クラシックMiniを所有する顧客に向けて、EVへのコンバートを可能にするプロジェクトが計画された。

◆最大出力122hpのモーターで0-100km/h加速は9秒

MINI Rechargeプログラムでは、クラシックMiniのエンジンを降ろし、最新のEVパワートレインを移植する。電気モーターは、最大出力122hpを発生し、0〜100km/h加速およそ9秒の性能を可能にする。

バッテリーは、最大6.6kWの出力で充電できる。1回の充電での航続は、約160kmとなる見通し。インテリアには、最新のMINIをモチーフにしたセンターメーターが装備され、モーターの温度、ギア、バッテリー残量、速度を表示する。

また、MINI Rechargeプログラムでは、後日、クラシックMiniを内燃エンジン搭載のオリジナル状態に戻すことができる。各車両のエンジンにはマークが付けられて保管されるため、クラシックMiniを将来、再改造する際に利用できる。

◆EV化で排出ガス規制を気にせず乗り続けることが可能に

MINI Rechargedプロジェクトは、クラシックMiniのモデルライフを持続可能な方法で延長できることを意味するという。クラシックMiniのオーナーは、その愛されているキャラクターを維持しながら、EV化によって排出ガス規制を気にせず、クラシックMiniに乗り続けることが可能になる。

MINI Rechargedによって、クラシックMiniは、まったく新しい運転体験を得ることができる、と自負する。瞬時に加速し、多くの大都市に設けられている電動車や低排出ガス車のみの乗り入れゾーンに入ることができる。また、MINI Rechargedは、「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」というブランドの将来の戦略に合致するという。このプロジェクトでは、新車は生産されない。既存の車を有効活用する。現在、新車で販売されるMINIの5分の1が、電動パワートレインを搭載している。MINI Rechargedプロジェクトは、ブランドのクラシックカーで未来体験を可能にするという。

MINI Rechargedは現在、英国でのみ実施されている。EV改造された各車両には、シリアルナンバーやコンセントをモチーフにしたデカールが付けられる。MINIブランドを統括するベルント・ケルバー氏は、「MINI Rechargedにより、過去とブランドの未来をつなぐことができる」と語っている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ミニ

ミニ(mini)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. マツダ2 改良新型(BD クラップポップ)

    【マツダ2 改良新型】目を引く“新しい顔”、思い切ったアプローチの理由は?

    自動車(本体)
    2023.01.27 19:18
  2. フロントグリル(ソウルレッド)

    【マツダ2 改良新型】劇的変化!? カラーが選べるグリルパネルを新装備、コーデは全198通り

    自動車(本体)
    2023.01.27 12:41
  3. マツダ2 改良新型(BD ルーキードライブ)

    【マツダ2 改良新型】カラーコーデで自分らしい1台に、新グレード「BD」登場

    自動車(本体)
    2023.01.27 13:14
  4. マツダ CX-90 のティザー写真

    マツダ『CX-90』、新色レッドに高品質インテリア…ティザー映像公開

    自動車(本体)
    2023.01.27 14:40
  5. 日産 GT-R NISMO スペシャルエディションの2024年モデル(上)と2022年モデル

    写真で比較!フロントマスクだけじゃない、日産『GT-R』2024年モデルと2022年モデルの違い

    自動車(本体)
    2023.01.17 09:30

総合ニュースランキング

  1. 令和のヤングも注目したい、80年代デザインのナウいBluetooth搭載ラジカセが発売

    ラジカセ
    2023.01.27 12:53
  2. 「NW-A300シリーズ」

    ソニー、コンパクトモデルのウォークマン「NW-A300シリーズ」を本日1/27発売

    デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
    2023.01.27 07:00
  3. ※画像は「α7 IV ILCE-7M4」「α7C ILCE-7C」のイメージ

    ソニーが再び値上げ、カメラは「α7 IV」「α7C」などが価格改定の対象に

    デジタル一眼カメラ
    2023.01.26 11:00
  4. AQUOS sense7 SH-M24

    シャープ、SIMフリー「AQUOS sense7」フォレストグリーンを本日1/27発売

    スマートフォン
    2023.01.27 07:05
  5. Swift Edge

    エイサー、4K有機EL/1.17kg採用で約17万円の16型モバイルノートPC「Swift Edge」

    ノートパソコン
    2023.01.27 13:54

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「CMS-V68BK」
  • VAIO SX12
  • 「OPPO Band 2」
  • 「FMVキャッシュバック大感謝祭」
  • 「mamorino6」
  • 「食蜂操祈 15周年記念Ver.」