2022年01月28日 13:35

【スバル XV 新旧比較】発売から4年以上が経過、どう進化した?

2021年12月にスバル『XV』が一部改良を実施して、ファブリックシートとフロントシートヒーターの組み合わせを設定した(以前は本革シートのみ)。新しいボディカラーも加わり、特別仕様車も用意されている。

XVの過去を振り返ると、最初に『インプレッサXV』として登場したのは2010年で、2012年に先代型へフルモデルチェンジされた。先代型は現行型が登場する2017年まで売られたので、今でも保有しているユーザーは多い。現行型が前述の通り改良を行ったので、先代型からの乗り替えも増えるだろう。そこで現行XVと先代XVを比べてみたい。

先代型に比べると、乗り心地の硬さが薄れて快適に

新旧XVともに、『インプレッサスポーツ』をベースに開発されたSUVになる。最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)も200mmで変わらず、基本的な位置付けに変化はない。しかし、現行XVのプラットフォームは、現行インプレッサと同じく新しいタイプに刷新された。現行型は、先代型に比べると、乗り心地の硬さが薄れて快適になっている。ステアリング操作に対する車両の反応も一層正確になり、峠道の下りカーブを曲がっている時などは、現行型は後輪の接地性をさらに高めたから安心できる。

その一方で、現行型の取りまわし性は先代型に比べて若干悪化した。全長は先代型に比べて35mm長く、全幅も20mmワイド化されている。最小回転半径も0.1m拡大された。

ホイールベースが拡大し居住性が向上

ボディスタイルも変わり、現行型は躍動感を演出するために、サイドウインドーの下端を後ろに向けて大きく持ち上げている。先代型に比べると斜め後方の視界が悪い。先代XVのユーザーが現行型に乗り替える時は、縦列駐車などを行って、取りまわし性を確認したい。

居住性は現行型になって向上した。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)が30mm拡大されたので、後席の足元空間も広がり、4名乗車時の快適性が先代型よりも向上している。インパネなど内装の造りも上質になった。

e-BOXERを搭載したことで燃費性能も改善

燃費性能も改善された。先代型の2リットルエンジン搭載車は、JC08モード燃費が16.2km/リットルだったが、現行型はモーター駆動を併用するe-BOXERを搭載したこともあって19.2km/リットルになる。先代型から現行型に乗り替えると、燃費数値上は燃料代を16%節約できる。衝突被害軽減ブレーキと運転支援機能を併せ持つアイサイトも進化した。アイサイトセイフティプラスも用意され、後方の並走車両を検知して警報を発したり、ドライバーの死角を補うモニターも充実している。

このように現行XVは、先代型に比べると、走行性能、乗り心地、燃費、安全&快適装備などを幅広く向上させた。先ごろ改良も加えられたので、発売から4年以上を経過した今でも選ぶ価値が高い。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スバル

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

スバル(subaru)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「ハイエンド・メインユニット」を核にシステムが構成されたオーディオカーの一例(製作ショップ:パラダ<福井県>)。

    メインユニットの“電源強化”で音が変わる!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.05.27 06:56
  2. アウトランダーPHEVの進化ポイント:人とくるまのテクノロジー2022

    三菱 アウトランダーPHEV 新型の「進化」ポイント

    自動車(本体)
    2022.05.27 12:06
  3. トヨタ・カローラ、カローラツーリングのインテリア。

    [低予算カーオーディオ]トヨタ車純正ディスプレイオーディオのエンタメ力をアップ

    カーオーディオ
    2022.05.24 05:15
  4. 11.4インチ Honda CONNECTナビ LXM-237VFLi

    ホンダ純正ナビ、「ギャザズ」史上最大の11.4インチなど3モデルを発売

    カーナビ
    2022.05.26 19:28
  5. スズキ・ビジョン・グランツーリスモ

    スズキ『ハヤブサ』のエンジン&970kgの軽量ボディ…432馬力の仮想電動スポーツ

    自動車(本体)
    2022.05.27 12:53

総合ニュースランキング

  1. 「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」

    モバイルバッテリーなどで定評のあるAnker、新発売のポータブル電源が注目を集める

    ポータブル電源
    2022.05.27 11:38
  2. 「α6400」

    ソニー、最速0.02秒AFを実現したミラーレス「α6400」注文受付を再開へ

    デジタル一眼カメラ
    2022.05.26 16:46
  3. WH-1000XM5

    ソニー、ノイキャン性能が進化したワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM5」本日5/27発売

    イヤホン・ヘッドホン
    2022.05.27 06:50
  4. Xperia 1 IV SO-51C

    ドコモ、ソニー5Gスマホ「Xperia 1 IV SO-51C」の発売日を決定

    スマートフォン
    2022.05.26 00:00
  5. GK-RTX3090Ti-E24GB/HOF

    玄人志向、4.3型液晶が付属する「GeForce RTX 3090 Ti」搭載ビデオカード

    グラフィックボード・ビデオカード
    2022.05.26 16:25

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • マセラティ MC20 チェロ
  • 日産アリア
  • 「スゴ録キャッシュバックキャンペーン」
  • 「1/24 マクラーレン セナ(グレイ)完成品」
  • 「ニッサン スカイライン GTS-R(R31) “カスタム バージョン”」
  • EXPLORER