2022年02月24日 05:00

アルファロメオの新型SUV『トナーレ』、F1ドライバーがテスト

アルファロメオは2月21日、新型SUVの『トナーレ』(Alfa Romeo Tonale)をアルファロメオの新F1ドライバー、バルテリ・ボッタスと周冠宇の両選手がテストした、と発表した。

◆両選手がイタリア・ラトゥイール周辺でトナーレをテスト

「アルファロメオF1チーム・オーレン」は、スペイン・バルセロナでのシーズン前のテストに先立って、イタリア・ラトゥイールに集まった。2022年シーズンに向けて、ドライバーを一新したチームにとっては、最大の集中力を高めることと、充電するための休憩を取るのが狙いだ。

アルファロメオの新F1ドライバー、バルテリ・ボッタスと周冠宇の両選手がラトゥイール周辺で、アルファロメオの新型SUVのトナーレをテストした。トナーレは、ブランド初のコンパクトな電動SUVとして、2月8日にデビューしたばかりだ。

トナーレはアルファロメオの変革を定義し、コネクティビティと電動化の新しい時代に向けて、ブランドを前進させる役割を担う。バルテリ・ボッタスと周冠宇の両選手は、今シーズンから、新F1マシンの「C42」に乗って、すべての情熱をサーキットに注ぐという。

◆アルファロメオの新しいデザイン言語を反映

トナーレのデザインにあたっては、オリジナルのコンセプトを忠実に再現することを目指した。都会的でアクティブな顧客をターゲットにするトナーレは、官能的で未来指向のデザインが特長だ。今後のアルファロメオの基準になるデザイン言語を採用しているという。

具体的には、5ホールのアルミホイール、「テレスコピック」インストルメントパネル、3スポークのスポーツステアリングホイール、サインカーブ(正弦波)ヘッドライトなどに、新しいデザイン言語が反映された。ボディサイズは全長4530mm、全幅1840mm、全高1600mmとした。

トナーレには、アルファロメオのデザインの伝統も受け継がれている。たとえば、『ジュリアGT』のリアからヘッドライトまで走る「GTライン」を採用した。ワイドでエレガントなボリューム感とともに、『8Cコンペティツィオーネ』などのアイコンモデルを想起させることを狙った。フロントには、「Trilobo」と呼ばれるシグネチャーを採用し、中央にはアルファロメオを象徴する「Scudetto」(盾)が装着されている。

◆独自のライトシグネチャー

フルLEDの「アダプティブ・マトリックス」を備えた新しい「3+3」ヘッドライトは、『SZザガート』や『プロテオ』コンセプトカーのスタイルを連想させるものだ。マレリと共同開発した3つのモジュールは、独自のフロントラインを生み出すとともに、ドライバーに高いレベルの視認性をもたらすという。

また、このユニットには、デイタイムランニングライト、ダイナミックターンシグナル、「ウェルカム&グッドバイ」(イグニッションのオン/オフで作動)などの機能が備わる。最初のモジュールは、車速と走行環境に合わせて、ロービームを調整する「アダプティブ・ドライビングビーム」だ。2番目のモジュールの「グレアフリー・ハイビーム・セグメンテッド・テクノロジー」は、先行車や対向車を自動検出して、防眩を防ぐ。3番目のモジュールは、コーナーを曲がる時に自動的に作動し、車両のサイドを明るく照らす。その明るさは従来型のハロゲンランプの2倍で、発熱量も少なく、目の負担も軽減されるという。

テールライトにも、フロントと同じデザイン要素を導入した。リアを完全に包み込むサインカーブ形状を採用することにより、独自のライトシグネチャーを生み出している。

◆合計22.5インチの2つの大型フルTFTスクリーン

インテリアは、レースの歴史にヒントを得ており、ドライバーに焦点を当てている。センターコンソールには、新しい「D.N.A.ドライビングモードセレクター」が配置された。ドライバー指向のダッシュボードは、エアコンのベントが特長だ。中央のベントはスリムな形状とする一方で、外側のベントは「タービン」形状とした。ベント、センターコンソール、ステアリングホイールなどは、ダイヤモンドテクスチャーのテーマによって装飾されている。

トナーレには、新開発のインフォテインメントシステムを標準装備した。カスタマイズ可能なグーグル「Android OS」と、「OTA(Over-the-Air)」アップデート機能を備えた4G接続により、コンテンツ、機能、サービスは最新の状態に保たれる。

このシステムは、フルデジタルの12.3インチスクリーン、メインの10.25インチのタッチスクリーン、マルチタスク対応のインターフェイスから構成された。ドライバーは、運転から注意をそらすことなく、すべての情報をひと目で確認できるという。合計22.5インチの2つの大型フルTFTスクリーンは、セグメントにおけるクラス最高のスペックになるという。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アルファロメオ

アルファロメオ(alfaromeo)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ダイハツ・タント ファンクロス

    「ダイハツ・タント」がマイナーチェンジ アウトドアレジャーに好適な「ファンクロス」登場

    自動車(本体)
    2022.10.03 13:00
  2. スバル・フォレスター の2023年モデル(米国仕様)

    スバル フォレスター に2023年モデル

    自動車(本体)
    2022.10.03 12:25
  3. 2023年秋に現行最後の大改良が施されるという日産 GT-R(画像は予想CG)

    日産『GT-R』次期型登場は2027年までお預け!? 来秋に現行最後の大改良か

    自動車(本体)
    2022.10.03 09:15
  4. トヨタ カローラスポーツG“Z”(ハイブリッド車)(オレンジマイカメタリック)

    トヨタ カローラシリーズ、パワートレインを刷新…安全装備やコネクティッド機能も向上

    自動車(本体)
    2022.10.03 19:36
  5. ダイハツ タントファンクロス

    【ダイハツ タント 改良新型】アウトドア志向の新モデル「ファンクロス」登場

    自動車(本体)
    2022.10.03 13:17

総合ニュースランキング

  1. 10月1日たばこ税引き上げ。「IQOS」「Ploom TECH」「glo」増税後の価格は?

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.09.30 11:32
  2. ファイナルファンタジータイトルセールpart2

    最大60%オフ、PS4/PS5/Switch「ファイナルファンタジータイトルセールpart2」が開始

    プレイステーション4(PS4) ソフト
    2022.10.03 11:15
  3. ハセガワ、「アメリカンローライダーガール」を再現した1/12リアル造形フィギュア

    模型
    2022.10.02 07:00
  4. 「超合金魂 GX-102 マジンカイザーSKL」

    “最凶のマジンガー”「マジンカイザーSKL」が超合金魂化、マントをはおった姿も再現

    フィギュア
    2022.10.02 11:00
  5. 「Galaxy S22 SC-51C」が33,000円割引など、ドコモオンラインの割引内容が変更

    スマートフォン
    2022.10.03 00:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 愛知 E13A1 零式水上偵察機 11型“金剛搭載機”w/カタパルト
  • New Precision 7865 タワーワークステーション
  • メルセデスベンツ EQS SUV
  • ※画像は「RAS-K402DR」のイメージ
  • ROG Kunai 3 Gamepad for ROG Phone 6