2022年02月27日 05:45

ルノーの新型SUV、スケッチ公開…『オーストラル』は3月8日発表へ

ルノーは2月23日、新型SUVの『オーストラル』(Renault Austral)の3月8日のワールドプレミアに先駆けて、デザインスケッチを公開した。オーストラルは、『カジャー』の後継となるCセグメントSUVだ。

◆フロントグリルの中央にルノーの新しいロゴ

オーストラルは、SUVの特長を維持しながら、アスレチックで官能的なモデルを提示する。デザイナーは、シックとマッスルを組み合わせたパワフルな個性を重視し、ルノーブランドのリニューアルを反映させることを狙ったという。

オーストラルはモダンなエクステリアを持つ。足元には大径ホイールを装着し、ホイールアーチの近くを走るボンネットのラインが、筋肉質なシルエットを強調している。フロントとリアにはスキッドプレートを装着した。サイドインパクトプロテクションや高いベルトラインは、ドライバーと乗員の安全性に配慮したデザインという。

オーストラルのフロントマスクは、活気と洗練さを追求した。クロームメッキの水平ラインは、チェッカーパターンの大型グリルの上部を横切り、ヘッドライトまで伸びている。グリルの中央には、ルノーの新しいロゴが配される。また、ルノーを特徴付けるC字型のヘッドライトシグネチャーを採用している。

◆ダッシュボードはドアパネルと一体デザイン

インテリアは、ダッシュボードがスリムで幅広く、ドアパネルと一体デザインとした。これにより、前席の乗員にコックピット感覚をもたらすことを狙う。ドアパネルに高さを持たせたのは、乗員に安心感を与えるためだ。

インテリアはモジュール設計とした。複数の収納エリアがあり、大型のスライド式アームレストが装備される。コンソールには、2つの大きな収納部分と、スマートフォンを置くための場所がある。スマートフォンを誘導充電することもできる。室内の収納スペースは、合計で30リットル以上とした。

トランスミッションのトンネルをなくし、後席スペースを拡大する。荷室のスイッチ操作によって、後席をスライドさせ、折りたたむことが可能。前席と後席の乗員が、コミュニケーションを取りやすいように、シートを設計したという。

◆日本の蒔絵の技法で処理されたウッド

乗員が触れる部分は、ソフトで高品質な素材を選ぶことを重視した。「Iconic」グレードには、オープンポアウッド仕上げを採用する。ダッシュボードは、マット仕上げとし、パッドを入れたカバーで覆われている。これにより、ソフトな感触を実現した。ダッシュボードのライトストリップはドアパネルまで伸びている。

日本の蒔絵の技法で処理されたウッドなど、上質な素材をインテリアに採用した。蒔絵の技法は、布を使って金属顔料を木材に塗布することにより、自然な木目を強調するものだ。エレガントなサテンクロームトリムが、通気ダクトに配されている。

「テクノ」グレードでは、シート生地の色合いがブラックからライトグレーに変化する。センターコンソールは、きめの細かいカバーにサテンクロームトリムのハンドレストを組み込む。飛行機と高級時計からインスピレーションを得たデザインは、精密な職人技を連想させることを目指した。前後にスライドさせると、「カチッ」という機械的な音がするという。

◆“鍵の手”配置のデジタルディスプレイ「OpenR」

ダッシュボードには、2つのスクリーンで構成されるL字型(正確には時計の針の9時・6時)のデジタルディスプレイ「OpenR」をレイアウトする。縦長の12インチスクリーンは、ダッシュボード中央に配置された。ドライバーの正面には、12.3インチのディスプレイが組み込まれる。

2つの画面の大きさは、合計で24.3インチ( 774平方cm)に及ぶ。表示領域を最大化し、特別な没入型体験を実現するのが狙いだ。ルノーによると、市場で最大のスクリーンのひとつになるという。

ダッシュボードには、高度なマイクロブラインド技術を導入した反射防止コーティングによって、バイザーを廃した。ダッシュボードのスクリーンには反射防止コーティングが施され、コンピューターのプライバシースクリーンと同じマイクロブラインドテクノロジーを採用した。これにより、メーターを日光から保護するバイザーを不要にしている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ルノー

ルノー(renault)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 現行型トヨタ・クラウン

    トヨタが新型「クラウン」を7月15日に世界初公開 特設サイトで先行情報を配信

    自動車(本体)
    2022.07.06 13:38
  2. 高品位な端子の一例(オーディオテクニカ・レグザット AT-RXT48R)。

    ケーブルメンテナンスでも音が変わる![音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.07.04 09:30
  3. 予想外の進化で欲が出てきた…ホンダ N-BOX 後編[カーオーディオ ニューカマー]

    予想外の進化で欲が出てきた…ホンダ N-BOX 後編[カーオーディオ ニューカマー]

    カーオーディオ
    2022.07.05 12:14
  4. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  5. ダイハツ ムーヴキャンバス セオリーG

    【ダイハツ ムーヴキャンバス 新型】可愛らしさの「ストライプス」とシックな「セオリー」[詳細画像]

    自動車(本体)
    2022.07.06 09:00

総合ニュースランキング

  1. 「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」

    高機動型「RX-78F00 ガンダム」が1/144ガンプラ化、アンクルガードも新造で再現

    プラモデル
    2022.07.05 11:15
  2. 現行型トヨタ・クラウン

    トヨタが新型「クラウン」を7月15日に世界初公開 特設サイトで先行情報を配信

    自動車(本体)
    2022.07.06 13:38
  3. フロスティリング

    電源や電池が不要、水溶化ジェルPCMで約28度を維持するネッククーラー2種が発売

    その他健康器具・医療機器
    2022.07.06 06:30
  4. 「5G機種変更おトク割 期間限定!最新機種もおトクに!」キャンペーン

    au、「Xperia 10 IV SOG07」対象の16,500円オフキャンペーンを7/8開始

    スマートフォン
    2022.07.06 06:45
  5. iPhone 13

    楽天モバイル、iPhoneを含むアップル製品の販売価格を値上げ

    スマートフォン
    2022.07.06 12:48

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • レクサス ES の2023年モデル(欧州仕様)
  • 「ZE2000」
  • 「1/10RC XV-02 PRO シャーシキット」
  • 「SKB-MK3BK」
  • ピークデザイン製ZEISSオリジナルストラッププレゼントキャンペーン