2022年05月02日 08:50

クルマ選びからインストールを想定…ホンダ ヴェゼル 前編[インストール・レビュー]

クルマをホンダ『ヴェゼル』に乗り換えたのを機にオーディオのリメイクを実践した宇野さん。ラゲッジを目一杯に使ったフラットインストールや鮮烈な赤を使ったデザインが映える。福井県のcustom&car Audio PARADAの手によるカスタム処理が美しい。

フラット組みされるデザイン自慢のラゲッジは

鮮烈なレッドを使ったカーラーコーデが映える

これまで複数台のオーディオカーを乗り継いできた宇野さん。既にカーオーディオにおいてはベテランの領域に達しているためクルマ選びの段階からオーディオインストールを想定したチョイスを実施した。ヴェゼルを選んだのはこのクラスの車両としてはラゲッジが広かったからだった。アンプやサブウーファー×2発、パワーレギュレーター×2台をフラットなパネルにビルトインすることを想定すると、ラゲッジにはある程度の面積が必要と考えたのだ。

デザインのキーワードはレッドを効果的に使ったのカラーリングだ。後編で紹介するフロントステージでも使われている鮮烈なレッドの処理をラゲッジにも持ち込み、インテリアのイメージを統一するのがオーナーの狙い。左右対称のレイアウトに加えてシンプルでスマートなユニット配置にこだわり、ショップに対して“綺麗な仕上がり”をリクエストしたとのこと。

純正ラゲッジからかさ上げ処理することでフラットな面の下部にもスペースを確保し、モスコニのパワーアンプ×2台、さらにはヘリックスのDSP PRO MkII本体などは床下インストールを実施。デザイン性と大量のユニットのインストールを両立させている。

モスコニのパワーアンプはサウンド面に加え

ラゲッジ・デザインでも中心的な存在になる

ラゲッジにズラリと並ぶユニットはいずれも宇野さんお気に入りの逸品ばかり。中央に設置されるモスコニのパワーアンプAS200.2は、デザイン上もサウンド上もこのクルマの中心的な存在。宇野さんがこれまでもこだわって愛用してきたモスコニのパワーアンプ、特にASシリーズには思い入れも強い宇野さんだけに、ラゲッジでは赤のベースパネルにホワイトのパワーアンプという魅せるインストールを実践した。

さらにラゲッジ後部にインストールされるのはRSオーディオのサブウーファーであるRS A8 SVC。同ブランドのハイエンドなサブウーファーの8インチモデルを2発組むというスタイルでスピード感のある低域と十分な量感を両立させることに成功。フロントスピーカーにもRSオーディオをセレクトしていることから、サウンドの統一感という意味からも外せないサブウーファーとなった。

さらにパワーアンプの両サイドにビルトインされているのはオーディオテクニカのパワーレギュレーター。電源部をしっかり強化することでパワーアンプのドライブ能力を引き出すのが狙い。ベテランオーナーらしいシステムへのこだわりと言えるだろう。

ラゲッジのかさ上げは違和感ない作り

純正内装と溶け込みつつしっかり主張する

ラゲッジ全体をかさ上げ処理しているとは言えその量はわずか。リアハッチを開けて後端部を見ると純正とは異なるフロア面になっていることが分かる程度。しかも周辺パネルは適度にスラントさせて純正内装になじませる工夫が込められているので、違和感なく収まっているのも美しい仕上がりだ。

純正のウォール面と接するオーディオボードの外周部はレザー処理とし、中央部のオーディオユニットをビルトインするスペースはレッドの人工スエードで処理する。ブラック×レッドの強烈なコントラストでラゲッジをショーアップするのもこのクルマの見せ所だ。またオーディオボードはパワーアンプやパワーレギュレーターの形状に合わせて周囲を斜めに落とし込む造形を施しているのもポイント。べたっと平坦なパネル面に終わること無く、立体感をしっかり引き出しているのもインストーラーのこだわりポイントだ。もちろんプロテクションボードを被せれば普段使うすることも可能。サブウーファーの上部には音抜けを考慮して、プロテクションボードに穴開け処理を施している。

上質で綺麗なレイアウトを目指したオーナーも満足のラゲッジ。魅せるときには魅せるというカバーの開閉によるメリハリのあるインストールもオーナーが望んだことだった。後編の次回はフロント回りのインストールを見ていくこととしよう。

土田康弘|ライター

デジタル音声に関わるエンジニアを経験した後に出版社の編集者に転職。バイク雑誌や4WD雑誌の編集部で勤務。独立後はカーオーディオ、クルマ、腕時計、モノ系、インテリア、アウトドア関連などのライティングを手がけ、カーオーディオ雑誌の編集長も請負。現在もカーオーディオをはじめとしたライティング中心に活動中。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ホンダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ホンダ(honda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    21時間前
  2. 日産 シルビアEV(仮)予想CG

    日産『シルビア』が初代デザインのBEVで復活!? 2024年発売の可能性

    自動車(本体)
    2022.06.23 09:20
  3. 「アウター化」が実行されたオーディオカーの一例(製作ショップ:サウンドフリークス<岩手県>)。

    究極を目指すならアウター化…ミッドウーファー[スピーカーの鳴らし方・大研究]

    カーオーディオ
    22時間前
  4. 「小型・薄型のパワードサブウーファー」の取り付け例(製作ショップ:ガレージショウエイ<高知県>)。

    信号配線にはセンスが必要!?…サブウーファー[サウンドユニット セッティング法]

    カーオーディオ
    2022.06.22 09:06
  5. 高度な「DSP」を内蔵したメインユニットを搭載したオーディオカーの一例(製作ショップ:M.E.I.<広島県>)。

    選ぶべきは?…タイプ違いがある[DSPのススメ]

    カーオーディオ
    2022.06.22 10:45

総合ニュースランキング

  1. MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム

    “MSの極限表現に挑む”「MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム」11月発売に決定

    プラモデル
    2022.06.23 13:00
  2. MacBook Pro

    アップル、M2チップを搭載した13.3型「MacBook Pro」を本日6/24発売

    Mac ノート(MacBook)
    2022.06.24 00:00
  3. AQUOS wish2 SH-51C

    ドコモ、シャープ5Gスマホ「AQUOS wish2 SH-51C」を本日6/24発売

    スマートフォン
    2022.06.24 06:30
  4. Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)

    Anker、スティック型を採用した充電器一体型モバイルバッテリー「511 Power Bank」

    モバイルバッテリー
    2022.06.23 11:42
  5. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    21時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「RICOH Meeting 360 V1」
  • 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。
  • 27BQ70QC-S
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO
  • smalia RS-WBRCH1