2022年05月17日 08:52

マツダ『MX-30』、急速充電性能を向上…2022年型の欧州受注開始

マツダの欧州部門は5月12日、マツダ初の量産EV『MX-30』(Mazda MX-30)の2022年モデルの受注を開始した。充電のスピードアップが図られている。

◆1回の充電での航続はおよそ200km

MX-30には、新世代の電動化技術の「e-SKYACTIV」を搭載する。システムは、モーター、バッテリーパック、インバーター、DC-DCコンバーターなどで構成される。モーターやインバーター、DC-DCコンバーター、ジャンクションボックスは一体設計され、車両フロントの高電圧ユニットに組み込まれた。欧州仕様の場合、モーターは最大出力145psを発生する。

床下にレイアウトされるリチウムイオンバッテリーは、蓄電容量35.5kWhとした。1回の充電での航続は、およそ200km(WLTPサイクルの複合モード)だ。2022年モデルでは、DC(直流)電源による充電出力が、従来の40kWから50kWに向上。これにより、急速充電の時間を、従来のおよそ36分から26分へ10分短縮している。

通常の充電ポートと急速充電ポートの両方を一体化し、右側のリアフェンダーに設けた。オンボードのAC充電ケーブルが、荷室に装備されている。バッテリーパックには、バッテリーパックを冷却する冷媒冷却システムを採用した。センサーは、常にバッテリーの温度をモニターし、必要に応じて冷却剤の流れを制御する。暑い日でも、可能な限り最適なバッテリー温度を維持することにより、システムはバッテリーパックを熱による劣化から保護する。空調システムとバッテリー冷却システムの協調制御により、効果的な冷却性能も追求している。

◆EVパワートレインのサウンドを最適化

MX-30のEVサウンドは、ドライバーが無意識のうちに、EVパワートレインが生み出すトルクの量を認識できるようにした。2022年モデルのアップデートでは、周波数の最適化が図られた。これによって、風やロードノイズなど、走行中に聞こえる他の音とEVサウンドが、より一致して聞こえるという。これにより、ドライバーは、自然な方法でEVパワートレインが生み出すトルクの量を認識できる、と自負する。

2022年モデルでは、新しい内外装の組み合わせを採用した。マルチトーンカラースキームの種類を、4つに増やした。新しいジルコンサンドカラーの導入と、上位グレードに新しいダークグレーとブラックのインテリアをオプション設定。これにより、これまで以上に顧客の選択肢を増やしている。

全モデルに、デイタイムランニングライト付きのLEDヘッドライト、リバースカメラ、インテリジェントスピードアシスト付きのマツダレーダークルーズコントロール、ナビゲーション、ヘッドアップディスプレイを標準装備している。

◆ドライバーの意図した加減速を反映させるアクセルペダル

e-SKYACTIVシステムのアクセルペダルは、マツダ独自の電動モータートルク制御システムを使用して、ドライバーの意図した加速と減速の両方の量に基づいて、望ましい車速と姿勢制御を実現する。ストロークとドライバーのペダル操作の速度を、綿密にモニターすることにより、アクセルペダルは、ドライバーの期待に応えるGフォースを生み出すという。

ドライバーがゆっくりペダルを操作すると、徐々にトルクが変化するため、車速を維持しやすくなる。対照的に、クイックなペダル操作は、ドライバーが加速を望んでいると車両が判断し、強力な加速を発揮する。アクセルペダルから足を離すと、システムはドライバーがペダルを操作する速度をモニターし、それに応じて減速度Gのレスポンスを制御する。

また、パワーユニットマウントなどのトルク伝達システムの剛性を高める対策により、モーターのトルクが駆動力の発生から制動力の発生に変化しても、スムーズで安定した車両挙動を可能にする。また、モーターとブレーキによる協調制御ブレーキを操作すると、運動エネルギーを回収し、無駄なく電気を再生できるという。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マツダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

マツダ(mazda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  2. ダイハツ・ムーヴ キャンバス ストライプスGターボ

    新感覚スタイルワゴン「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ

    自動車(本体)
    2022.07.05 13:54
  3. スバル ・インプレッサ の2023年モデル(米国仕様)

    スバル インプレッサ に2023年型---全車AWD

    自動車(本体)
    2022.06.30 08:40
  4. ダイハツ ムーヴキャンバス セオリー Gターボ

    【ダイハツ ムーヴキャンバス 新型】2つの個性で異なる世界観を表現、ターボも新設定

    自動車(本体)
    2022.07.05 15:05
  5. 高品位な端子の一例(オーディオテクニカ・レグザット AT-RXT48R)。

    ケーブルメンテナンスでも音が変わる![音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.07.04 09:30

総合ニュースランキング

  1. 「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」

    高機動型「RX-78F00 ガンダム」が1/144ガンプラ化、アンクルガードも新造で再現

    プラモデル
    2022.07.05 11:15
  2. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  3. ダイハツ・ムーヴ キャンバス ストライプスGターボ

    新感覚スタイルワゴン「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ

    自動車(本体)
    2022.07.05 13:54
  4. moto e32s

    21,800円、モトローラのエントリー4Gスマホ「moto e32s」が7/15発売

    スマートフォン
    2022.07.05 12:36
  5. LAVIE GX

    NEC、コントローラーが付属したゲーミングPC「LAVIE GX」

    デスクトップパソコン
    2022.07.05 12:19

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • HANDY DUO! AQC-HH700
  • ピークデザイン製ZEISSオリジナルストラッププレゼントキャンペーン
  • ダイハツ ムーヴキャンバス セオリーG
  • moto e32s
  • ホンダ e の「リミテッドエディション」とF1ドライバーのマックス・フェルスタッペン選手
  • (左から)「ハイブリッドケース RT-GP6ACC2/CM」、「手帳型ケース シンプル マグネット RT-GP6AELC1」カラー3種