2022年05月20日 06:42

ボルボ、2車種目のEV『XC40リチャージ』を日本市場に導入…価格は579万円より

ボルボ・カー・ジャパンは、日本国内2番目となるボルボの電気自動車(EV)『XC40リチャージ』を7月7日よりオンラインで発売する。

XC40リチャージは、XC40から採用を開始したCMAプラットフォームをベースとしながら、駆動用バッテリー搭載やエンジンの非搭載化に合わせて、フロントセクションやフロア構造をEV専用設計としている。

グレード体系は、前後にモーターを搭載し全輪を駆動するAWD仕様「XC40リチャージ アルティメイト ツインモーター」と、前輪にモーターを搭載し、EVならではの静かでスムーズなドライブフィールを実現したシングルモーター仕様「XC40リチャージ プラス シングルモーター」の2種類を設定。価格はツインモーターが679万円、シングルモーターが579万円。

XC40は扱いやすいサイズや、カジュアルでスポーティなスタイリングと走行フィールなどが高く評価されている日本におけるボルボのベストセラーSUV。昨年11月に発表した『C40リチャージ』に次ぐ2番目のEVモデルとなるXC40リチャージの導入により、2025年までに販売モデルの40%、2030年までに100%をEVとする目標に向け、EVの販売を加速させていく。

◆航続距離は400km以上、加減速はワンペダル

XC40リチャージ アルティメイト ツインモーターは、前輪と後輪それぞれにモーターを搭載し、合計最高出力300kW/660Nmを発生するAWD(全輪駆動)パワートレーンを採用駆動用バッテリー容量は78kWhで、航続距離は約434 km(欧州WLTPモード)となっている。C40リチャージ プラス シングルモーターは、前輪にモーターを搭載するFWD(前輪駆動)パワートレーンを採用。容量69kWの駆動用バッテリーによって、航続距離424km(欧州WLTPモード)を実現している。充電は普通充電9.6kW(AC200Vの場合)、急速充電DC(CHAdeMO)150kWまで対応する。

加減速はワンペダル。アクセルペダルのコントロールだけで、加速と減速を直感的かつシームレスに制御する。ストップ&ゴーの都市交通にて、より快適に速度をコントロールするとともに、緊急時にはアクセルを離した瞬間に制動が開始されることで、制動距離短縮に寄与。また、ブレーキエネルギーを積極的に回生することで、航続距離の伸長にも貢献する。

◆電動パノラマガラスサンルーフを標準装備

エクステリアデザインは、新デザインのフロントフェイスやホイールデザインとともに、全車でブラックルーフ仕様としている。

フロントデザインではEVの新しい顔として最先端のピクセル技術を用いたLEDヘッドライトをツインモーターにオプションで採用する。ヘッドライトに内蔵された84個のピクセルLEDを制御し、同時に最大5台の車両に対しての遮光が可能。他のドライバーを眩惑させることなく、照射パターンを最適化させて夜間視界を確保する。また、アクティブベンディング機能も装備。ステアリング操作に合わせてライトを照射し、進行方向の道路の視界を確保する。チルトアップ機構付電動パノラマガラスルーフも標準装備。広大なガラス面積を持ち、すべての座席に広々とした開放的な雰囲気を提供する。

◆リサイクル素材やハイテク合成素材によるレザーフリーインテリア

一部リサイクル素材を使用したスウェードテキスタイルと、ハイテク合成素材であるマイクロテックを組み合わせた新シート素材は、アクティブなドライビングをイメージしてデザイン。ツインモーターモデルでは、オレフォス社製クリスタルシフトノブと組み合わせたテイラードウールブレンドシートの内装仕様がオプションとして選択できる。カーペット素材は100%ペットボトルリサイクル素材を使用。スウェーデンのアビスコ国立公園の地図等高線をモチーフにして描かれたバックライト付きの「Topography」の半透明のデコラティブパネルが、夜間、柔らかに光り輝き、独特の雰囲気を生み出している。

また、Google搭載の新インフォテイメントシステムを採用。GoogleマップによるナビゲーションやGoogleアシスタントによる音声操作、さらに各種アプリケーションが利用できる「Googleアプリ/サービス」と、緊急通報サービスや故障通報サービスなどと連携する「Volvo Cars app(テレマティクス・サービス/ボルボ・カーズ・アプリ)」を備える。

◆先進安全・運転支援機能を標準装備

XC40リチャージは、クルマ、人、サイクリストが混在する複雑な交通環境にて、事故を未然に防ぐためにクルマにできる最善の対策として、他の最新ボルボ車同様に、先進安全・運転支援機能を標準装備。「シティセーフティ(衝突回避・被害軽減ブレーキ・システム)」をはじめ、「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」、「パイロットアシスト(車線維持支援機能)」、「ステアリングアシスト付BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)」、「衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付CTA(クロストラフィックアラート)」、「ランオフロードミティゲーション(道路逸脱回避機能)」、「オンカミングレーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」などを備える。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ボルボ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ボルボ(volvo)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 現行型トヨタ・クラウン

    トヨタが新型「クラウン」を7月15日に世界初公開 特設サイトで先行情報を配信

    自動車(本体)
    2022.07.06 13:38
  2. 高品位な端子の一例(オーディオテクニカ・レグザット AT-RXT48R)。

    ケーブルメンテナンスでも音が変わる![音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.07.04 09:30
  3. 予想外の進化で欲が出てきた…ホンダ N-BOX 後編[カーオーディオ ニューカマー]

    予想外の進化で欲が出てきた…ホンダ N-BOX 後編[カーオーディオ ニューカマー]

    カーオーディオ
    2022.07.05 12:14
  4. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  5. ダイハツ ムーヴキャンバス セオリーG

    【ダイハツ ムーヴキャンバス 新型】可愛らしさの「ストライプス」とシックな「セオリー」[詳細画像]

    自動車(本体)
    2022.07.06 09:00

総合ニュースランキング

  1. 「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」

    高機動型「RX-78F00 ガンダム」が1/144ガンプラ化、アンクルガードも新造で再現

    プラモデル
    2022.07.05 11:15
  2. 現行型トヨタ・クラウン

    トヨタが新型「クラウン」を7月15日に世界初公開 特設サイトで先行情報を配信

    自動車(本体)
    2022.07.06 13:38
  3. フロスティリング

    電源や電池が不要、水溶化ジェルPCMで約28度を維持するネッククーラー2種が発売

    その他健康器具・医療機器
    2022.07.06 06:30
  4. 「5G機種変更おトク割 期間限定!最新機種もおトクに!」キャンペーン

    au、「Xperia 10 IV SOG07」対象の16,500円オフキャンペーンを7/8開始

    スマートフォン
    2022.07.06 06:45
  5. iPhone 13

    楽天モバイル、iPhoneを含むアップル製品の販売価格を値上げ

    スマートフォン
    2022.07.06 12:48

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「HCS-KS04BK」
  • MacBook Air
  • moto e32s
  • 「バイヨ トムス カローラ レビン AE92 “1989 JTC”」
  • 「1/10RC XV-02 PRO シャーシキット」