2022年05月25日 06:12

ベントレー ベンテイガ、初のロングに専用装備の発売記念車…2022年後半欧州投入へ

ベントレーは5月19日、『ベンテイガ』の「エクステンデッド ホイールベース」(Bentley Bentayga Extended Wheelbase)に、発売記念車として、「アズール・ファーストエディション」を設定し、2022年後半に欧州で発売すると発表した。

◆ロングホイールベース化に合わせて外装を変更

ロングホイールベース化に合わせて、エクステリアは4か所変更された。それが、プロファイルのロング化、新しいフロントグリル、ポリッシュ仕上げの新設計22インチ10本スポークホイール、サンルーフの位置見直しだ。「バーチカルベーングリル」は、『フライングスパー』に採用されている新設計グリルからインスピレーションを得たもの。独特のフロントグリルはブライトクロームのバーチカルベーンが垂直に立ち、その奥からブラックのメッシュグリルがのぞく。

ベントレーが1995〜2003年まで販売していたオープンモデルが、『アズール』だ。発売記念車は、この「アズール」の名前を付した仕様がベースになる。22インチの10本スポークディレクショナルホイール、ブライトバンパーロアグリル、「Azure」の刺?やエンブレムが装備された。キルト加工が施されたシート、ムードライティング、ステアリングヒーター、強化されたドライバーアシスト機能も用意されている。

さらに、「ファーストエディション」には、ベントレーダイヤモンドイルミネーション、ウッドパネルのメタルオーバーレイ、「Naim for Bentley」と呼ばれるプレミアムオーディオ、LEDウェルカムランプなどが装備される。ファーストエディション専用の刺?やインレイ、エンブレムも採用している。

◆手作業で加工されるメタルオーバーレイのウッドパネル

メタルオーバーレイのウッドパネルは、ウッドパネル表面に厚さ0.07mmの薄い金属板を手作業で貼り合わせて複雑なデザインを形作り、ラッカー塗装と研磨で仕上げるものだ。このウッドパネルは、『コンチネンタルGT』の最高峰モデルの『コンチネンタルGTマリナー』に採用されている。

このインレイには、フォトエッチング加工を用いる。まずは、精密なステンシルシートを金属に貼り合わせる。ラミネートのUV露光や現像処理などの工程が完了した後、不要な金属部分を薬品で除去し、インレイのデザインだけを残す。エッチング加工では、素材を手作業で切り抜く必要がないため損傷のリスクがほとんどなく、高い精度で加工できる。その後、ウッドパネル表面にバッジをひとつひとつ手作業で正確な位置に貼り合わせ、最後にラッカーと研磨で仕上げる。

ホイールベースを180mm延長した効果で、後席に広々とした空間が生まれ、足元スペースも拡大された。競合ラグジュアリーSUVと比較して、キャビンは40mm以上長く、クラストップの広さ、と自負する。また、ヘッドルームは『ミュルザンヌ』より10mm広いにも関わらず、ルーフラインは競合車より100mm低く、バランスの取れたスポーティなシルエットとなっているという。

◆ドアトリムから光を放つ「ベントレーダイヤモンドイルミネーション」

発売記念車には、「ベントレーダイヤモンドイルミネーション」も装備された。ベントレーダイヤモンドイルミネーションは、ドアトリムに施されたパーフォレーションパターンから光を放つものだ。

左右フロントドアそれぞれに12個のLED、左右リアドアそれぞれに22個のLEDが配置された。ドアパネルのレザートリムに施された直径1mmのパーフォレーションパターンから、光がきらめくという。

レザートリムからきらめく光の明るさと色は、インフォテインメントシステムとタッチスクリーンリモートで調整できる。ダイヤモンドイルミネーションはムードライティングと連動し、室内全体で光の明るさと色が統一される。とくに夜間は、キャビンの雰囲気が大きく変化する、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ベントレー

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ベントレー(bentley)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  2. ダイハツ・ムーヴ キャンバス ストライプスGターボ

    新感覚スタイルワゴン「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ

    自動車(本体)
    2022.07.05 13:54
  3. スバル ・インプレッサ の2023年モデル(米国仕様)

    スバル インプレッサ に2023年型---全車AWD

    自動車(本体)
    2022.06.30 08:40
  4. ダイハツ ムーヴキャンバス セオリー Gターボ

    【ダイハツ ムーヴキャンバス 新型】2つの個性で異なる世界観を表現、ターボも新設定

    自動車(本体)
    2022.07.05 15:05
  5. 高品位な端子の一例(オーディオテクニカ・レグザット AT-RXT48R)。

    ケーブルメンテナンスでも音が変わる![音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.07.04 09:30

総合ニュースランキング

  1. 「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」

    高機動型「RX-78F00 ガンダム」が1/144ガンプラ化、アンクルガードも新造で再現

    プラモデル
    2022.07.05 11:15
  2. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  3. ダイハツ・ムーヴ キャンバス ストライプスGターボ

    新感覚スタイルワゴン「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ

    自動車(本体)
    2022.07.05 13:54
  4. moto e32s

    21,800円、モトローラのエントリー4Gスマホ「moto e32s」が7/15発売

    スマートフォン
    2022.07.05 12:36
  5. LAVIE GX

    NEC、コントローラーが付属したゲーミングPC「LAVIE GX」

    デスクトップパソコン
    2022.07.05 12:19

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • (左から)「ハイブリッドケース RT-GP6ACC2/CM」、「手帳型ケース シンプル マグネット RT-GP6AELC1」カラー3種
  • VAIOストア サマーキャンペーン
  • 「NOKTON 23mm F1.2 Aspherical X-mount」
  • moto e32s
  • 「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」
  • ダイハツ ムーヴキャンバス セオリーG