2022年05月26日 06:36

メルセデスベンツ Gクラス のEV、航続延ばす新バッテリー技術を初搭載へ

メルセデスベンツは5月19日、現在開発を進めている『Gクラス』のEVの『EQG』に、オプションでシラ・ナノテクノロジーズ社のシリコンアノード技術を採用したリチウムイオンバッテリーを、メルセデスベンツで初搭載すると発表した。

◆エネルギー密度を最大40%増加させてセルレベルで800Wh/l以上を可能に

シリコンアノード技術は、安全性やその他の性能を損なうことなく、電池のエネルギー密度を高める。現行のEV向けバッテリーと比較して、シラ・ナノテクノロジーズ社の技術は、エネルギー密度を20〜40%増加させ、セルレベルで800Wh/l以上を可能にする。これにより、メルセデスベンツは同じバッテリースペースに多くのエネルギーを蓄電できるようになり、将来のEVの航続が大幅に拡大することが見込まれるという。

シリコンアノード技術を採用したリチウムイオンバッテリーは、シラ・ナノテクノロジーズ社の米国ワシントン州の工場で100%再生可能エネルギーを使用して製造される。このバッテリーを市販EVに搭載するのは、メルセデスベンツが最初になるという。GクラスのEVにこのバッテリーがオプション設定されるのは、2020年代の半ばとなる見通しだ。

メルセデスベンツは2019年、将来のEV向けバッテリーの研究開発の一環として、シラ・ナノテクノロジーズ社に出資した。今回のバッテリー供給契約は、パートナーシップの次のステップで、EVの大手メーカーになるというメルセデスベンツの戦略における重要なマイルストーンを示しているという。

◆Gクラスのデザインを維持しながらEV化した『コンセプトEQG』

すでにメルセデスベンツは、EQGを示唆したスタディモデルとして、『コンセプトEQG』を発表している。コンセプトEQGは、ほぼこのままのデザインで、市販版のEQGとして登場する予定だ。

コンセプトEQGは、Gクラスのデザインの伝統に従い、ひと目でGクラスとして認識できることを目指した。スクエアなボディ形状はGクラス譲り。照明付きのストライプは、ボディサイドの保護ストリップを視覚的に際立たせる。ツートンカラーのボディは、上側がグロスブラック、下側が光沢アルミ仕上げとした。

コンセプトEQGのフロントには、現行Gクラス同様、丸いヘッドライトが採用された。内燃エンジン搭載のGクラスのフロントグリルは、濃いブラックのグリルに変更された。このブラックグリルには、照明付きの立体的な星がアクセントとしてあしらわれる。その周囲には、「メルセデスEQ」モデルに共通するブルーのリスパターンが配された。ブラックグリルの外側には、ライトストリップが付く。ドアミラーの丸い照明が、ヘッドライト周囲のデイタイムランニングライトとコーディネートされている。

22インチのポリッシュドアルミホイールは専用デザインとした。リアのスペアタイヤカバーに代えて、白いイルミネーションのアクセントが付いたボックスを装着する。そのデザインは、充電用のウォールボックスがモチーフだ。ボックスの中には、充電ケーブルなどを収納できる。ルーフには、ハイグロスブラックのフラットルーフラックが付く。中央には「G」のロゴが配された。ルーフラックのフロント側には、白色LEDストリップが組み込まれており、オフロードでのサーチライトの現代的な解釈になるという。ルーフラックの後部には、赤いLEDストリップがレイアウトされている。

◆各車輪の4つの電気モーターは個別に制御可能

コンセプトEQGは、デザインだけでなく、メカニズムもGクラスらしく、妥協のないオフロード車を目指した。頑丈なラダーフレームをベースにする。シャシーの設計は、Gクラスと同様、オフロードへの対応が重視された。フロントアクスルに独立懸架、リアにリジッドアクスルを採用しており、電動パワートレインを搭載するために、新開発された。

各車輪の近くに、4つの電気モーターが配置され、個別に制御できるため、オンロードとオフロードの両方で独自の走行特性を発揮するという。コンセプトEQGのオフロードリダクションは、2速ギアボックスによって作動し、Gクラスならではのオフロード性能を満たす、と自負する。

電動パワートレインの設計上の利点も、オフロードで生かされる。ラダーフレームに内蔵されたバッテリーにより、低重心を実現する。電気モーターは稼働時から実質的に最大トルクを発生するため、コンセプトEQGと市販バージョンのEQGは、大きな牽引力とコントロール性を備える、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スズキ アヴェニス125 新型

    アドレスの化粧直しじゃない!“シン・通勤快速”『アヴェニス125』はキビキビ走るすごいヤツ

    バイク(本体)
    2022.11.30 11:13
  2. スバル クロストレック 新型

    【スバル クロストレック 新型】価格発表、266万2000円から328万9000円

    自動車(本体)
    2022.12.01 13:50
  3. 日産 マーチ 次期型がEVとして日本市場に復活するという。画像は予想CG

    日産『マーチ』、EVで2025年に日本市場復活か!? マイクラ後継EVがベース

    自動車(本体)
    2022.11.30 09:10
  4. ホンダ・パイロット 新型

    ホンダ史上最強のSUV『パイロット』新型、285馬力V6搭載

    自動車(本体)
    2022.11.28 09:15
  5. 日産 セレナ LUXION e-POWER

    【日産 セレナ 新型】 LUXION e-POWER…技術の日産、ミニバンの頂点めざす[詳細写真]

    自動車(本体)
    2022.12.01 06:15

総合ニュースランキング

  1. 設置イメージ

    エレコム、Wi-Fi 5対応の無線アクセスポイント2モデルを12月上旬発売

    無線LAN中継機・アクセスポイント
    2022.11.30 11:38
  2. 「Xperia 10 III Lite」

    楽天モバイル、「Xperia 10 III Lite」「AQUOS zero6」などを値下げ

    スマートフォン
    2022.12.01 11:56
  3. Zenbook 17 Fold OLED UX9702AA

    ASUS、折りたためる17.3型有機ELを搭載したノートPC「Zenbook 17 Fold OLED」

    タブレットPC
    2022.12.01 12:44
  4. 「INZONE M3」

    ソニー、最大240Hz対応の27型ゲーミングモニター「INZONE M3」を本日12/1発売

    PCモニター・液晶ディスプレイ
    2022.12.01 07:00
  5. 「Steam Deck」

    7型ポータブルゲーム端末「Steam Deck」の出荷開始日が決定、価格は59,800円から

    ノートパソコン
    2022.11.30 13:13

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「12たまごガールズ コレクション No.33 “クレア フロスト”(キツネ)」
  • 「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」
  • 「SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary」
  • Anker 767 Portable Power Station(GaNPrime PowerHouse 2048Wh)
  • Nebula Capsule 3 Laser
  • 「LG gram 冬のキャッシュバックキャンペーン」