2022年06月23日 06:11

EVセダンを「野獣」化…ポールスター

ボルボカーズ傘下のポールスターは、6月23日に英国で開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、EVセダン『ポールスター2』(Polestar 2)の高性能モデル「BSTエディション270」を初公開すると発表した。

◆ツインモーターの最大出力を68hp強化

BSTエディション270の「BST」とは、ビースト(野獣)を意味する。ポールスターは前回の2021年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにおいて、ポールスター2の高性能コンセプトカーを初公開した。このコンセプトカーが好評だったことから、市販バージョンのBSTエディション270が世界限定270台で登場した。

BSTエディション270は、「ロングレンジ・デュアルモーター」グレードのEVパワートレインを強化した。前後にそれぞれモーターを搭載し、4輪を駆動する。前後の2つのモーターは合計で、最大出力がプラス68hpの476hp、最大トルクはプラス2kgmの69.3kgmに強化されている。バッテリーの蓄電容量は78kWhとした。

強化モーターされたモーターは、スポーティな走行性能を生み出す。0〜100km/h加速は4.4秒に短縮された。追加のパワーとトルクは、70〜130km/hの速度域において、「ブースト」として利用でき、ミッドレンジでさらなる加速性能を発揮するという。80〜120km/hの加速は、0.5秒短縮され、2.2秒となる。

◆専用チューンされたオーリンズ製ダンパー

シャシーは強化されており、車高を25mmダウン。オーリンズ製の調整可能ダンパーにも専用チューンを施す。フロントストラットバー、20%剛性の高いスプリング、ブランド第一号車のプラグインハイブリッド(PHV)スポーツクーペの『ポールスター1』に触発されたマットブラックの21インチアルミホイール、245/35R21サイズのピレリ「P Zero」タイヤを装着している。ブレンボ製4ピストンブレーキも標準だ。

ボディカラーは、サンダーまたはスノーの2色を用意した。インテリアは、チャコールウィーブテックを組み合わせる。ボディ同色のバンパーとサイドスカートが採用された。オプションでマットブラックのボディストライプと、バトルシップグレーサテンラップを用意している。ドアミラーカバーは、グロスブラック仕上げだ。ブレーキキャリパー、ダンパーエレメント、バルブキャップ、シートベルトなどには、特徴的な「スウェーデンゴールド」仕上げが施される。

なお、BSTエディション270の生産は、2022年半ばに開始される。2022年第4四半期(10〜12月)に納車を開始する予定だ。

◆スマホがキー代わりになるデジタルキー

ポールスター2には、スマートフォンがキー代わりになる「ポールスター・デジタルキー」を導入する。複数のユーザーが利用するカーシェアリングなどで便利な技術だ。オーナーは第三者とバーチャルキーを共有したり、他の多くのオンデマンド機能にアクセスしたりできるようになる。スマートフォンを携帯したドライバーが車両に近づくと、車両のロックが自動的に解除される。

ポールスター・デジタルキーは、ソフトウェアの無線アップデートで車両にダウンロードされる。新しい「ポールスター・アプリ」とポールスター・デジタルキーは、すべてのポールスター2の顧客に対して、無線更新で配信される。

また、グーグルの「Android」をインフォテインメントシステムに組み込む。これにより、「Googleアシスタント」、EV対応の「Googleマップ」、「Google Playストア」など、グーグルのサービスが車内で利用できる。自然な音声認識技術と新開発の11インチタッチスクリーンディスプレイが、新しいインターフェイスを可能にする。

グーグルのAndroidベースのオペレーティングシステムにより、常にインターネットに接続。スマートフォンのように、無線で最新情報を受信する。また、音声アシスタントのGoogleアシスタントを採用した。エアコンの温度調整やオーディオの曲の選択などを音声認識で行うGoogleアシスタントによって、ドライバーは運転に集中できる。さらに、ナビゲーションアプリにGoogleマップを導入する。Googleマップが車載化されているため、リアルタイムで交通情報などが得られる、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ボルボ

ボルボ(volvo)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  2. ダイハツ・ムーヴ キャンバス ストライプスGターボ

    新感覚スタイルワゴン「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ

    自動車(本体)
    16時間前
  3. スバル ・インプレッサ の2023年モデル(米国仕様)

    スバル インプレッサ に2023年型---全車AWD

    自動車(本体)
    2022.06.30 08:40
  4. ダイハツ ムーヴキャンバス セオリー Gターボ

    【ダイハツ ムーヴキャンバス 新型】2つの個性で異なる世界観を表現、ターボも新設定

    自動車(本体)
    15時間前
  5. 高品位な端子の一例(オーディオテクニカ・レグザット AT-RXT48R)。

    ケーブルメンテナンスでも音が変わる![音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.07.04 09:30

総合ニュースランキング

  1. 「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」

    高機動型「RX-78F00 ガンダム」が1/144ガンプラ化、アンクルガードも新造で再現

    プラモデル
    19時間前
  2. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  3. ダイハツ・ムーヴ キャンバス ストライプスGターボ

    新感覚スタイルワゴン「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ

    自動車(本体)
    16時間前
  4. moto e32s

    21,800円、モトローラのエントリー4Gスマホ「moto e32s」が7/15発売

    スマートフォン
    17時間前
  5. LAVIE GX

    NEC、コントローラーが付属したゲーミングPC「LAVIE GX」

    デスクトップパソコン
    17時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ホンダ・シビック・タイプR 新型のプロトタイプ
  • B-00 ブースター アストラル ハローキティ.Ov.R’-0
  • ベントレーが2023年モデルのラインナップと価格を発表
  • 「三菱 A6M5b 零式艦上戦闘機 52型乙 “第653航空隊”」
  • ELSA GeForce RTX 3090 LC
  • ニコン Z 30