2022年06月22日 09:10

マツダが新型SUV「CX-60」の受注を6月24日に開始 300万円以下のエントリーモデルも

マツダは2022年6月22日、新型SUV「CX-60」の先行販売を同年6月24日に開始すると発表した。発売は同年9月を予定している。

「XDハイブリッド」の燃費は21.0〜21.1km/リッター

マツダCX-60は、新開発のエンジン縦置きプラットフォームをベースに開発された上級SUVである。2022年3月には欧州仕様が、同年4月には日本仕様の概要が公開されていたが、このたび日本仕様の詳細なバリエーションや価格などが発表された。

ラインナップは2.5リッター直4ガソリンエンジン搭載車の「25S」、新開発の3.3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「XD」、XDをベースに48Vマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「XDハイブリッド」、2.5リッターガソリンエンジンと電動モーターを搭載したプラグインハイブリッド車「PHEV」の4種類で、いずれもトランスミッションには多板クラッチ式の8段ATを搭載。駆動方式は4WDが主だが、25SとXDではFRも選択できる。

各モデルの燃費は、25SのFR車が14.0〜14.2km/リッター、同4WD車が13.0〜13.1km/リッター、XDのFR車が19.6〜19.8km/リッター、同4WD車が18.3〜18.5km/リッター、XDハイブリッドの4WD車が21.0〜21.1km/リッター(いずれもWLTCモード)。PHEVについては詳細なスペックは未発表だが、駆動用バッテリーの容量は17.8kWhで、普通充電に加えてCHAdeMO規格の急速充電も利用可能なこと、V2L(Vehicle to Load)やV2H(Vehicle to Home)といった外部給電機能にも対応していることが明らかにされている。

また、パワーユニットやドライブトレインの違いに応じて「Mi-Drive」(マツダインテリジェントドライブセレクト)の仕様も異なり、FR車が「ノーマル」と「スポーツ」の2モードのみとなっているのに対し、4WD車には「オフロード」モードも、PHEVには「EV」モードも設定。販売店オプションのトーイングヒッチ装着車には「トーイング」モードも用意される。

独自の世界観を追求した2つの上級モデルにも注目

グレード構成はモデルによって大きく異なり、25SとXDでは内外装の仕様や装備の充実度に応じて、ベースグレード(XDのみ)と「Sパッケージ」「Lパッケージ」「エクスクルーシブモード」の4グレードを用意。最上級モデルのエクスクルーシブモードには、ナッパレザーシートや12基のスピーカーを備えたボーズサウンドシステムなどが標準装備される。

一方、XDハイブリッドとPHEVについては、PHEVに設定されるSパッケージを除き、すべてのグレードがエクスクルーシブモード相当か、それより上の上級仕様となっている。

両者に共通して設定されるグレードは「エクスクルーシブスポーツ」「エクスクルーシブモダン」「プレミアムスポーツ」「プレミアムモダン」の4種類(先述のとおり、PHEVにはSパッケージも設定)。いずれも車体下部のガーニッシュやクラッディングがボディー同色となるほか、エクスクルーシブスポーツとプレミアムスポーツでは、ピアノブラックのハニカムグリルや、ブラッククロームのグリル装飾、ブラックメタリックのエキゾーストガーニッシュと20インチアルミホイールなどでスポーティーなイメージを追求。一方、エクスクルーシブモダンとプレミアムモダンでは、クロームメッキのヘッドランプ装飾やメタルのサイドウィンドウモールディング、切削光輝加工とブラック塗装を施したツートンの20インチアルミホイールなどで上質感を表現している。

さらに、最上級グレードにあたるプレミアムスポーツとプレミアムモダンは、独自の世界観を表現したインテリアも特徴となっている。前者は上品さや品格とスポーティネスを同時に追求したものとされており、各所にキルティングを施したスエード素材とナッパレザーを採用。内装色は要所にブラックのアクセントを施したタンが標準で、オプションでブラックのレザーシート仕様も用意されている。

一方のプレミアムモダンは、自然の変化に敏感な日本人の美意識や、マツダが考えるジャパンプレミアムを表現したモデルとされており、ダッシュボードやドアトリムには白基調の織物を採用。伝統的な技法と新技術を用いることで、さまざまな表情を持つ糸を織り込み、光の変化に敏感かつ柔らかに反応するテクスチャーを実現しているという。また、プレミアムスポーツとプレミアムモダンのみ、パノラマサンルーフが標準装備となる。

ラインナップと価格は以下のとおり。

25S Sパッケージ(FR):299万2000円

25S Sパッケージ(4WD):321万7500円

25S Lパッケージ(FR):341万5500円

25S Lパッケージ(4WD):364万1000円

25Sエクスクルーシブモード(FR):384万4500円

25Sエクスクルーシブモード(4WD):407万円

XD(FR):323万9500円

XD(4WD):346万5000円

XD Sパッケージ(FR):358万0500円

XD Sパッケージ(4WD):380万6000円

XD Lパッケージ(FR):400万4000円

XD Lパッケージ(4WD):422万9500円

XDエクスクルーシブモード(FR):443万3000円

XDエクスクルーシブモード(4WD):465万8500円

XDハイブリッド エクスクルーシブスポーツ(4WD):505万4500円

XDハイブリッド エクスクルーシブモダン(4WD):505万4500円

XDハイブリッド プレミアムスポーツ(4WD):547万2500円

XDハイブリッド プレミアムモダン(4WD):547万2500円

PHEV Sパッケージ(4WD):539万円

PHEVエクスクルーシブスポーツ(4WD):584万6500円

PHEVエクスクルーシブモダン(4WD):584万6500円

PHEVプレミアムスポーツ(4WD):626万4500円

PHEVプレミアムモダン(4WD):626万4500円

(webCG)

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マツダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

マツダ(mazda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. プロローグ・EWA-3

    敷くだけで音が変わる!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.08.04 12:30
  2. トヨタ クラウン セダン

    【トヨタ クラウン 新型】新たなフォーマル表現…セダン

    自動車(本体)
    2022.07.29 10:00
  3. スマホランチャー AMEX-SL02

    スマホライクな9インチディスプレイオーディオ発売へ、Android搭載でミラーリングにも対応

    カーオーディオ
    2022.07.27 17:06
  4. トヨタC-HR G-T“モード ネロ セーフティープラスIII”

    トヨタがこだわりのブラックで仕立てた「C-HR」の特別仕様車を発売

    自動車(本体)
    2022.08.05 16:00
  5. マツダ CX-50 の「メリディアン・エディション」

    マツダ『CX-50』、ターボ搭載の冒険仕様SUVが登場

    自動車(本体)
    2022.08.05 19:08

総合ニュースランキング

  1. 「KDGC-008B」

    卓上に置きやすい、コンパクトサイズの「おひとり網焼肉グリル」が本日8/5発売

    その他調理家電
    2022.08.05 06:45
  2. 「HG 1/144 マジンガーZERO(INFINITISM)」

    「マジンガーZERO」がプラモ化、メカデザイナー・柳瀬敬之氏によるリデザイン

    プラモデル
    2022.08.07 12:00
  3. 【8月の値下げ】「Rakuten BIG s」値下げ、コンビニ「Apple Gift Card」10%還元など

    【8月の値下げ】「Rakuten BIG s」値下げ、コンビニ「Apple Gift Card」10%還元など

    スマートフォン
    2022.08.07 00:00
  4. METAL STRUCTURE 解体匠機 MSN-04 サザビー

    バンダイ最上級フィギュア「解体匠機」にサザビーが登場、3年の月日を経て完成!

    フィギュア
    2022.08.05 12:25
  5. 「減煙電気七輪 ESR-Q100」

    煙が出にくい「減煙電気七輪」山善が発売、熱々をひとり占めできるパーソナルサイズ

    その他調理家電
    2022.08.04 12:25

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • MAG B660M MORTAR MAX WIFI DDR4
  • 「VA27DCP」
  • フォレスト・オート・ファクトリー(FAF)がスバル360をベースにカスタムしたビーチバン(アソモビ2022)。
  • 「川崎 T-4“ブルーインパルス 2022”」
  • 3WAY車中泊マット
  • 「S-80」