2022年06月23日 06:20

ランドローバー ディフェンダー 新型に、3列シート8名乗り仕様

ランドローバーは6月21日、英国で6月23日に開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に、新型『ディフェンダー』の3列シート仕様『ディフェンダー130』(Land Rover Defender 130)を出展すると発表した。

◆全長は5358mmでディフェンダー110より340mm長い

新型ディフェンダーには、「90」と「110」がある。これに、「130」という新しいボディタイプが加わり、ランドローバーの4x4ファミリーのラインアップがさらに拡充した。ディフェンダー130の全長は5358mm。『ディフェンダー110』の5018mm(欧州仕様)に対して、340mm長い。ホイールベースは3022mmと変わっていない。

ディフェンダー130は、ディフェンダー110に対して、リアオーバーハングを340mm延長した。これにより、3列シートで最大8人(2列シートの5名乗りも設定)乗車が可能に。ラゲッジスペースも拡大している。

荷室容量は、3列目シートを使用した状態でも最大389リットルとした。シートを折り畳めば、荷室容量は最大で2516リットル(5名乗り)、2291リットル(8名乗り)に拡大する。

◆リアのLEDライト周りのデザインを変更

ランドローバーのエンジニアは、ディフェンダーの特徴的なリアデザインを継承するため、ボートテールスタイルのアップリフトをつけ、顧客が期待するオールテレイン走破能力を高め、28.5度のデパーチャーアングルを実現した。リアのLEDライト周りのデザインを見直し、サイドプロファイルの特徴の3本のラインがリアに向かって、わずかに上昇するデザインを踏襲している。

ボディ同色のハードシェルスペアホイールカバー、ナルヴィックブラックのルーフレールを標準装備した。4種類のエクステリアアクセサリーパックとして、「エクスプローラーパック」、「アドベンチャーパック」、「カントリーパック」、「アーバンパック」が選択できる。

ボンネットルーバーとサイドフェンダーには、セレスシルバーのアクセントが添えられた。20インチのアルミホイールは、ルナとブライトシルバーの2種類の仕上げから選択できる。オプションの「エクステンデッドブライトパック」では、ロアーボディパネルをすべてセレスシルバーサテンフィニッシュにし、ハクバシルバー、フジホワイト、ユーロンホワイトのボディカラーとのコントラストを生み出すことを狙う。

◆3列目シートに大人3名が座ることも可能

リアオーバーハングを340mm延長したことにより、3列目シートには、大人3人が快適に座れる充分な幅を確保した。また、3列すべてのシートにゆったりとしたヘッドルームを確保している、と自負する。さらに、シートヒーターやパッド入りアームレスト、複数の収納スペース、移動中もデバイスを充電できるUSB-Cポートなど、3列目の乗員の快適性を追求している。

大きなウィンドウによって、3列すべての座席からの視野を確保した。標準装備のパノラミックガラスルーフに加えて、3列目の頭上には2つ目のサンルーフが付く。さらに、各列にベンチレーションを設け、ダクトを追加することで、専用オプションの「4ゾーンクライメートコントロール」による冷暖房の能力を高めている。2列目と3列目は少しずつ高くなるスタジアムシートを採用した。これにより、後席の乗員の視界を良くしている。2列目シートを倒せば、3列目シートへのアクセス性が向上する。ラゲッジスペース内のボタンで、電子制御エアサスペンションを下げることもできる。

◆全車に48Vマイルドハイブリッド搭載

パワートレインのラインアップは、マイルドハイブリッド(MHEV)テクノロジーを採用した3.0リットル直列6気筒「INGENIUM」ガソリンエンジンを搭載する「P300」、「P400」と、3.0リットル直列6気筒INGENIUMディーゼルエンジンの「D250」、「D300」から選択できる。

MHEVテクノロジーを備えたランドローバー独自開発の直列6気筒INGENIUMパワートレインは、シームレスなレスポンスと優れた燃費を備える、と自負する。48Vの「ベルト・インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(BiSG)」を搭載し、ブレーキと減速で通常失われるエネルギーを蓄電し、そのエネルギーを走行時に動力として活用する。BiSGは、ストップスタートシステムの起動スピードと効率性の向上にも寄与しているという。

ガソリン仕様の場合、P300は最大出力300ps、最大トルク47.9kgmを発生する。0〜100km/h加速は8.0秒の性能だ。P400は最大出力400ps、最大トルク56.1kgmを引き出す。0〜100km/h加速は6.6秒で駆け抜ける。ディーゼル仕様の場合、D250は最大出力250ps、最大トルク61.2kgmを発生する。0〜100km/h加速は8.9秒だ。D300は最大出力300ps、最大トルク66.3kgmを引き出す。0〜100km/h加速は7.5秒の性能を発揮する。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ランドローバー

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ランドローバー(landrover)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  2. ダイハツ・ムーヴ キャンバス ストライプスGターボ

    新感覚スタイルワゴン「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ

    自動車(本体)
    16時間前
  3. スバル ・インプレッサ の2023年モデル(米国仕様)

    スバル インプレッサ に2023年型---全車AWD

    自動車(本体)
    2022.06.30 08:40
  4. ダイハツ ムーヴキャンバス セオリー Gターボ

    【ダイハツ ムーヴキャンバス 新型】2つの個性で異なる世界観を表現、ターボも新設定

    自動車(本体)
    15時間前
  5. 高品位な端子の一例(オーディオテクニカ・レグザット AT-RXT48R)。

    ケーブルメンテナンスでも音が変わる![音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.07.04 09:30

総合ニュースランキング

  1. 「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」

    高機動型「RX-78F00 ガンダム」が1/144ガンプラ化、アンクルガードも新造で再現

    プラモデル
    19時間前
  2. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  3. ダイハツ・ムーヴ キャンバス ストライプスGターボ

    新感覚スタイルワゴン「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ

    自動車(本体)
    16時間前
  4. moto e32s

    21,800円、モトローラのエントリー4Gスマホ「moto e32s」が7/15発売

    スマートフォン
    18時間前
  5. LAVIE GX

    NEC、コントローラーが付属したゲーミングPC「LAVIE GX」

    デスクトップパソコン
    18時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ワイドケア for Nintendo Switch
  • ニコン Z 30
  • 「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」
  • ELSA GeForce RTX 3090 LC
  • 「Rakuten Hand 5G」
  • メルセデスベンツ EQA 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)