2022年06月22日 14:30

【マツダ CX-60】大人のラグジュアリースポーツの新提案「Premium Sports」[詳細写真]

マツダのラージ商品群第一弾となるSUV『CX-60』が、6月24日より予約受注を開始する。パワートレイン、グレード、価格帯に幅を持たせた多彩なラインアップが魅力のひとつとなるCX-60だが、今回はその中でもプレミアムでありながら動的な要素をミックスした「Premium Sports(プレミアムスポーツ)」を写真とともに紹介する。

追い求めたのは引き算の美

デザインコンセプトとして「Noble Toughness」を掲げたCX-60は、日本らしい「引き算の美」を志したと言う。安直に装飾を付け足すのではなく、周囲の光や風景の映り込みを利用し、調和するデザインだ。

ボディサイドは、後方のルーフ上端からリアアクスルを経由して地面に抜ける、ダイナミックな面の構成となっている。SUVらしい力強いシルエットと合わせて、縦置きFRベースならではのリアに対する重量感をダイレクトに感じることができる表現である。

フェンダー部分にあえて「足された」サイドシグネチャーは、内側に秘める強いパワーユニットを示すものだ。写真のモデルは3.3リットル直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載したマイルドハイブリッドの「XD ハイブリッド プレミアムスポーツ」で、サイドシグネチャーには直6であることを示す“INLINE6”と記されている。

大胆配色でラグジュアリーな「大人のスポーツ」

プレミアムスポーツは、「Premium Modern(プレミアムモダン)」と双璧をなすCX-60の最上位グレード。和の要素を取り入れた上質さを前面に押し出したプレミアムモダンに対し、プレミアムスポーツは大人の遊び心を揺さぶる、「重厚かつ大胆なラグジュアリースポーツ」をめざした。

アグレッシブで他を威圧するようなものではなく、品格の中に上質さと強さをバランス。エクステリアではブラックのシグネチャーグリルや、ホイールが特徴だ。インテリアにはタン内装が採用され、タンとブラックを組み合わせた大胆な配色で、知的で品格のある「スポーツ」を作り出した。また、スウェードとナッパレザーを駆使することで、濃厚な上質感の演出を目指している。

メカニズムでも人間中心の思想

マツダの人間中心という思想は、メカニズム面においても同様だ。CX-60に搭載されるトランスミッションは、新開発のトルコンレス8速AT。ダイレクトでリズミカルな変速で走りそのものにも影響する重要なコンポーネントだ。このコンパクトなミッションにより、構造上避けられないペダルワークスペースへの干渉を最小限に抑え、適切なペダルワークに貢献する。

エンジンサウンドにもこだわる。走る歓びを追求するマツダは、アクセルワークに呼応したクルマの反応を重視している。排気量が3.3リットルに拡大した直6ディーゼルエンジンでは、余裕のあるトルクと整ったサウンドで、そしてマツダ初となるPHEVでは、頭打ちのない伸びやかなサウンドによって、ドライバーの期待に応えるという。

4種のパワーユニットを選択できるCX-60だが、この「Premium Sports」は直4ガソリン+モーターのPHEV「e-SKYACTIV PHEV」搭載車と、直6ディーゼルのマイルドハイブリッド「e-SKYACTIV D」搭載車に設定される。価格は、「CX-60 PHEV Premium Sports」が626万4500円、「CX-60 XD ハイブリッド Premium Sports」(写真のモデル)が547万2500円。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マツダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

マツダ(mazda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  2. ダイハツ・ムーヴ キャンバス ストライプスGターボ

    新感覚スタイルワゴン「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ

    自動車(本体)
    16時間前
  3. スバル ・インプレッサ の2023年モデル(米国仕様)

    スバル インプレッサ に2023年型---全車AWD

    自動車(本体)
    2022.06.30 08:40
  4. ダイハツ ムーヴキャンバス セオリー Gターボ

    【ダイハツ ムーヴキャンバス 新型】2つの個性で異なる世界観を表現、ターボも新設定

    自動車(本体)
    14時間前
  5. 高品位な端子の一例(オーディオテクニカ・レグザット AT-RXT48R)。

    ケーブルメンテナンスでも音が変わる![音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.07.04 09:30

総合ニュースランキング

  1. 「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」

    高機動型「RX-78F00 ガンダム」が1/144ガンプラ化、アンクルガードも新造で再現

    プラモデル
    18時間前
  2. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  3. ダイハツ・ムーヴ キャンバス ストライプスGターボ

    新感覚スタイルワゴン「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ

    自動車(本体)
    16時間前
  4. moto e32s

    21,800円、モトローラのエントリー4Gスマホ「moto e32s」が7/15発売

    スマートフォン
    17時間前
  5. LAVIE GX

    NEC、コントローラーが付属したゲーミングPC「LAVIE GX」

    デスクトップパソコン
    17時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「WA-Z1PNK」
  • 「C-FACE」
  • 「VAIO S13」
  • 「Rakuten Hand 5G」
  • 予想外の進化で欲が出てきた…ホンダ N-BOX 後編[カーオーディオ ニューカマー]
  • ニコン Z 30