2022年07月15日 06:28

メルセデス・ベンツの3列シート7人乗り電気自動車「EQB」が上陸

メルセデス・ベンツ日本は2022年7月14日、新型電気自動車(EV)「EQB」の導入を発表し、同日、販売を開始した。

FWDと4WDの2種類の駆動方式を設定

メルセデス・ベンツEQBは、Dセグメントの「EQC」、Cセグメントの「EQA」に続く電動SUVの第3弾モデル。全長×全幅×全高=4685×1835×1705mmという比較的コンパクトなサイズのボディーでありながら、3列シート7人乗り仕様のキャビンを有している。

駆動方式はFWDと4WDの2種類をラインナップする。FWDモデル「EQB250」はフロントアクスルにモーターを1基搭載し、最高出力190PS、最大トルク385N・mを発生。4WDモデル「EQB350 4MATIC」はフロントアクスルとリアアクスルにモーターを1基ずつ搭載し、システム最高出力292PS、同最大トルク520N・mを誇る。

容量66.5kWhのリチウムイオンバッテリーは両モデルに共通で、前後軸間のフロア下に搭載。WLTCモードの一充電走行距離は、EQB250が520km、EQB350 4MATICが468kmと発表されている。6.0kWまでの交流普通充電(200V 30A)に加え、100kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)にも対応するバッテリーは、衝突安全性を確保すべく、堅牢(けんろう)なフレーム内に収納。従来はアンダーフロアのクロスメンバーが担っていた、構造部材としての機能も果たしているという。もちろん、バッテリーとすべての通電部品は、いずれも通常のメルセデス・ベンツ車と同等の安全要件を備え、エンジン車と同じくメルセデス自慢の運転支援システムも、最新仕様が標準で装備されている。

回生ブレーキの強度は4段階に設定が可能。左右のシフトパドルで段階調整でき、左側のパドルで回生レベルの上昇、右側のパドルで回生レベルの低減を操作する。標準設定の「D」を基準とし、コースティング程度まで制動が弱まる「D+」、中程度の制動が得られる「D−」、前車との車間距離や登坂・下り坂などの道路状況を加味し、自動で最適な回生ブレーキの制動力を調整する「D Auto」が用意される。ただし、停車時にはそれらの設定に関係なくブレーキ操作を行う必要がある。

EQモデル専用の内外装デザインを採用

エクステリアはメルセデスのデザイン思想である「Sensual Purity(官能的純粋)」をより先進的に表現する「プログレッシブラグジュアリー」というコンセプトでまとめられている。前後のオーバーハングが短く、タイヤをボディーの四隅に配置して居住空間を最大限確保するという機能的パッケージを大切にしながらも、筋肉質でエモーショナルな都市型SUVの洗練されたプロポーションを表現したという。

中央部に「スリーポインテッドスター」を配したブラックパネルのグリルや、左右のデイタイムランニングライトをつなぐ光ファイバーのイルミネーション、リアを横断するLEDのコンビランプなどの意匠はEQAなどに通じるものだ。

インテリアでは、アルミニウムルックのチューブ形状デザインがドアやコンソール、助手席側のダッシュボードに用いられ、グラブハンドルとしての機能を備えつつ、SUVらしいタフさを強調。前席のエアアウトレットやクルマのキーなどに用いられたローズゴールド色はモーターコイルの色がモチーフで、EVらしさの演出と紹介されている。

EVモデルならではのナビシステム

横長形状のコックピットディスプレイとセンターディスプレイにさまざまな情報を表示し、MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)により操作する方法は他のメルセデス車と同様で、EQBでも踏襲されている。ナビゲーションシステムには、マップデータから得た勾配情報、充電ステーションの位置情報、車両の充電状況や気温情報などを考慮し、どこで充電すべきかも含めた適切なルート案内を行う「Electric intelligenceナビゲーション」が盛り込まれている。

センターディスプレイにある「メルセデスEQ」のアイコンに触れると、充電に関する選択や電力消費、エネルギーフローなどのメニューが映し出される。コックピットディスプレイの右側は、エンジン回転計に代えて電力計となっており、上部には使用される電力の割合(%)、下部にはエネルギー回収の状況が、左側のメーターには目的地まで走行可能かどうかが表示される。

乗員が快適にくつろぐことができる広い室内空間を実現したのもEQBの自慢。2列目シートには140mm調整が可能な60:40分割式の前後スライド機構が備わり、後ろにスライドさせてレッグスペースを拡大できるほか、前にスライドさせて積載性をアップさせることもできる。3列目シートを使用しない場合は、折り畳んでラゲッジスペースとしての利用が可能だ。

ラインナップと価格は以下のとおり。

EQB250:788万円

EQB350 4MATIC:870万円

(webCG)

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. マツダ2 改良新型(BD クラップポップ)

    【マツダ2 改良新型】目を引く“新しい顔”、思い切ったアプローチの理由は?

    自動車(本体)
    2023.01.27 19:18
  2. フロントグリル(ソウルレッド)

    【マツダ2 改良新型】劇的変化!? カラーが選べるグリルパネルを新装備、コーデは全198通り

    自動車(本体)
    2023.01.27 12:41
  3. スズキ・ジムニー5ドア(インド仕様)とフロンクス(デリーモーターショー2023)

    スズキ ジムニー 5ドアがついに発表、全長プラス435mm

    自動車(本体)
    2023.01.12 16:48
  4. マツダ CX-90 のティザー写真

    マツダ『CX-90』、新色レッドに高品質インテリア…ティザー映像公開

    自動車(本体)
    2023.01.27 14:40
  5. マツダ2 改良新型(BD ルーキードライブ)

    【マツダ2 改良新型】カラーコーデで自分らしい1台に、新グレード「BD」登場

    自動車(本体)
    2023.01.27 13:14

総合ニュースランキング

  1. 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78GP04G ガンダム試作4号機ガーベラ ver. A.N.I.M.E.」

    「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」幻の試作機「RX-78GP04G」が立体化

    フィギュア
    2023.01.29 10:00
  2. 【1・2月の値下げ】楽天Xperia値下げやドコモ割引増額、アイコス2,000円オフなど

    【1月・2月の値下げ】楽天Xperia値下げやドコモ割引増額、アイコス2,000円オフなど

    スマートフォン
    2023.01.29 00:00
  3. 「ROBOT魂 <SIDE MS> AQM/E-X03 ランチャーストライカー & エフェクトパーツセット ver. A.N.I.M.E.」※ROBOT魂フィギュアは別売り

    バンダイ、「ストライクガンダム」の遠距離砲撃戦装備を再現できるパーツセットが登場

    フィギュア
    2023.01.29 13:00
  4. AQUOS sense7 SH-M24

    シャープ、SIMフリー「AQUOS sense7」フォレストグリーンを本日1/27発売

    スマートフォン
    2023.01.27 07:05
  5. 「NW-A300シリーズ」

    ソニー、コンパクトモデルのウォークマン「NW-A300シリーズ」を本日1/27発売

    デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
    2023.01.27 07:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「Jackery ポータブル電源 1500 Pro」
  • 筆者のモデルY
  • 150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD(Model A057)
  • 三菱 デリカミニ
  • JN-MD-IPS1564FHDR
  • TUF-GAMING-750G