2022年07月15日 06:52

メルセデスベンツ、最大7人乗りの新型EV『EQB』発売…価格は788万円より

メルセデス・ベンツ日本は7月14日、メルセデスEQブランド第3弾となる新型EV『EQB』の販売を開始した。価格はEQB250が788万円、EQB350 4MATICが870万円。

EQブランドからは小型SUV『EQA』、中型SUV『EQC』がすでに導入されているが、第3弾となるEQBは小型SUV『GLB』のEV版となる。全長4685mm、全幅1835mm、全高1705mmと日本の道路環境下にて取り回しのよいサイズでありながら、2830mmと長いホイールベースを活かし、最大7名の乗車や大きな荷物も搭載できるなど日常の使い勝手も両立させた。また、最大520km(EQB250・WLTCモード)と十分な航続距離を実現している。

◆航続距離最大520kmを実現

EQBはフロントアクスルに新設計の永久磁石同期モーターを搭載する前輪駆動『EQB250』と、リアアクスルの永久磁石同期モーターに加え、フロントアクスルに非同期モーターを搭載する四輪駆動『EQB350 4MATIC』の2モデルを用意した。永久磁石同期モーター内の交流モーターのローターには複数の永久磁石を取り付け、この磁石がステーター巻線内の交流の回転電場に追随することで、ローターが回転。優れた出力密度、効率、出力定常性を実現し、EQB250は最高出力190ps/最大トルク385Nmを、EQB350 4MATICは最高出力292ps/最大トルク520Nmを発揮する。

EQB350 4MATICでは、前後アクスル間のパワーバランスを走行状況に応じて毎秒100回の頻度で高度に調整。リアの電気モーターをメインとして、フロントの電気モーターを高負荷時等のサポートとして使うことで電力量消費率を最適化すると同時に、フロントアクスルの非同期モーターの部分負荷域における引きずり損失を最小限に抑える。

前後アクスル間のフロア部には66.5kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載。航続距離はEQB250が520km、EQB350 4MATICが468kmとなる。充電は6.0kWまでの交流普通充電と、100kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応。また、航続距離を伸ばすために効率的な回生制御を採用し、回生ブレーキの強度は「D+」(コースティング)、「D」(軽度)、「D−」(中程度)、「D Auto」(最適な強度)の4段階から設定できる。

◆都市型SUVらしい筋肉質なエクステリアデザイン

EQBのデザインコンセプトは「プログレッシブ・ラグジュアリー」。エクステリアは前後のオーバーハングが短く、タイヤをボディの4隅に配置して居住空間を最大限確保するとともに、筋肉質でエモーショナルな都市型SUVにふさわしいプロポーションを実現している。

フロントには、中央にスリーポインテッドスターを配したブラックパネルグリルを採用。水平に伸びる光ファイバーのデイタイムランニングライトの帯はフルLEDヘッドライトにつながり、昼夜を問わず容易に識別できるデザインとなっている。AMGラインパッケージでは、フロントのブラックパネルグリルにハイグロスブラックのフレームとツインルーバーがあしらわれ、引き締まったスポーティな印象となる。

サイドビューは輪郭のはっきりしたショルダー部が特徴。後方にいくにしたがってリヤフェンダー周辺に筋肉質な印象を与えるベルトラインが安定感を強調している。リアエンドでもEQ独自のデザインを採用。LEDリアコンビネーションランプはライトストリップと途切れることなく一体化し、リアエンドの幅を強調するデザインとなっている。

また、空力特性や風切り音の低減を考慮したドアミラー、ボディ下側を流れる空気を整流するために刷新したアンダーボディパネル、ルーフスポイラー、リヤコンビネーションランプの整流エッジなど、エアロダイナミクスを改善。Cd値は最小で0.28を実現し、航続距離の延長に貢献している。

◆用途に合わせた多彩なシートアレンジ

インテリアにもEQ独自のデザイン要素を採用。アルミニウムルックのチューブ形状デザインをドアやコンソール、助手席側ダッシュボードに施し、室内のしっかりとしたしつらえを強調している。前席エアアウトレットやクルマのキーなどに見られるローズゴールドの色彩は、モーターのコイルの色をモチーフにしたもの。EVであることをさりげなく主張している。

さまざまな情報は、高精細画面のコクピットディスプレイとセンターディスプレイに読み取りやすく表示する。センターディスプレイにある「メルセデスEQ」のアイコンに触れると、充電に関する選択や電力消費、エネルギーフローなどのメニューが登場。コクピットディスプレイ右側は電力計となっており、上部に使用される電力の割合(%)、下部にエネルギー回収の状況を表示する。

EQBはスクエアで高い車高とロングホイールベースを活かして、乗員が快適にくつろげる広い室内空間を実現している。2列目シートは140mm調整可能な60:40分割の前後スライド機構を装備。後ろにスライドすれば乗員に広くて快適なレッグスペースを、前にスライドすれば広い積載スペースを確保する。3列目シート(対応身長165cm以下)は乗降性も良好。2列目シートはバックレストにあるロック解除レバーを操作することで前に倒れてスライドし、ワンタッチで乗り降りできる。また、3列目シートを使用しない場合は、折り畳んでラゲッジスペースとして利用することができる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. カワサキ Ninja ZX-4RR

    カワサキ『Ninja ZX-4R』発売へ、復活の400マルチは最高出力80ps

    バイク(本体)
    2023.02.06 09:15
  2. マツダ CX-90 のPHEV

    マツダ『CX-90』にPHEV、2.5リットル直4エンジン+モーターで323馬力

    自動車(本体)
    2023.02.06 09:00
  3. 三菱自動車 デリカミニ

    三菱 デリカミニ、事前受注が4000台 1月末まで

    自動車(本体)
    2023.02.03 09:50
  4. レクサス GX 次期型予想CG

    人気SUV「プラド」のレクサス版『GX』ついに日本導入か? 2023年登場、次期型を大予想

    自動車(本体)
    2023.01.30 09:15
  5. ケータハム・スーパーセブン 600 とスーパーセブン 2000

    スズキ製エンジン積む『セブン』、初期のケータハムに着想

    自動車(本体)
    2023.02.06 06:15

総合ニュースランキング

  1. NTTドコモ

    「iPhone 13 Pro Max」が55,000円割引など、ドコモオンラインが2/8に割引変更

    スマートフォン
    2023.02.06 16:27
  2. SPORT Smart Watch ARW-D27JP

    約9,000円、1.69型液晶スマートウォッチ「SPORT Smart Watch」が本日2/6発売

    ウェアラブル端末・スマートウォッチ
    2023.02.06 07:00
  3. 最大79%オフ、バンダイナムコがPS4/PS5/PS VR/Switch対象のDL版セール開始

    プレイステーション5(PS5) ソフト
    2023.02.02 00:00
  4. 「テリア オアシス パール」

    IQOS ILUMA用タバコ「テリア オアシス パール」が本日2/6からコンビニなどで一般発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2023.02.06 00:00
  5. 「HG 1/144 ガンダムエアリアル(改修型)」

    HGガンプラ「ガンダムエアリアル(改修型)」発売日が決定、ビームライフル装備

    プラモデル
    2023.02.06 10:33

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「HG 1/144 ザウォート」
  • NIKKOR Z 26mm f/2.8
  • モト・グッツィV100マンデッロS
  • GPD WIN4」
  • 「Redmi Smart Band 2」
  • ディズニーストア オリジナルデザイン Soundcore Life P2 Mini