2022年07月20日 06:45

メルセデスベンツ GLC 新型、PHVはEVモード120km

メルセデスベンツは7月13日、新型『GLC』(Mercedes Benz GLC)に、プラグインハイブリッド車(PHV)を設定し、12月に欧州市場で発売すると発表した。

◆第4世代のPHVシステム

新型GLCには、第4世代のPHVシステムを搭載する。欧州市場向けには、ガソリンエンジンの「GLC 300 e 4MATIC」と「GLC 400 e 4MATIC」、ディーゼルエンジンの「GLC 300 de 4MATIC」の3グレードが設定される。トランスミッションは9速ATの「9G-トロニック」で、モーターと一体設計されている。

GLC 300 e 4MATICのエンジンは、直噴2.0リットル(1999cc)の直列4気筒ガソリンターボで、最大出力204hp/6100rpm、最大トルク32.6kgm/2000〜4000rpmを発生する。モーターは、最大出力136hp、最大トルク44.9kgmで、システム全体では、313hpのパワーと56.1kgmのトルクを獲得する。動力性能は、0〜100km/h加速6.7秒、最高速218km/hとなる。

GLC 400 e 4MATICのエンジンは、直噴2.0リットル(1999cc)の直列4気筒ガソリンターボの高出力版で、最大出力252hp/5800rpm、最大トルク40.8kgm/2000〜3200rpmを引き出す。モーターは、最大出力136hp、最大トルク44.9kgmで、システム全体では、381hpのパワーと66.3kgmのトルクを発生する。動力性能は、0〜100km/h加速5.6秒、最高速237km/hだ。

ディーゼルのGLC 300 de 4MATICは、直噴2.0リットル(1993cc)の直列4気筒ディーゼルターボで、最大出力200hp/3600rpm、最大トルク44.9kgm/1800〜2800rpmを発生する。モーターは、最大出力136hp、最大トルク44.9kgmで、システム全体では、335hpのパワーと76.5kgmのトルクを獲得する。動力性能は、0〜100km/h加速6.4秒、最高速217km/hとなる。

◆EVモードの航続は従来型の2倍以上に

3グレードのPHVともに、二次電池は蓄電容量を従来型の13.5kWhから31.2kWhに倍増させた自社開発のリチウムイオンバッテリーを積む。EVモードの航続は、ガソリン仕様が最大120km、ディーゼル仕様が最大117km(いずれもWLTPサイクル)とした。

EVモードの航続は、従来型の最大49kmから2倍以上に増えた。その効果もあり、欧州複合モード燃費はガソリン仕様が166.6km/リットル、ディーゼル仕様が200km/リットル、CO2排出量はガソリン仕様が14g/km、ディーゼル仕様が13g/kmと、環境性能を向上させている。EVモードの最高速は140km/hとした。

バッテリーは、オプションの出力60kWのDC急速充電器を利用すると、およそ30分でフル充電できる。自宅のウォールボックスでの3相AC充電には、標準装備の出力11kWの充電器が利用できる。標準装備される充電ケーブルは、荷室フロア下のコンパートメントに収納できる。バッテリーには冷却装置が付いており、熱管理システムは、車内のエアコン制御に関係なく、動作温度をコントロールする。高温、低温での連続動作に加えて、直流での急速充電も可能にしている。

◆日常の移動をEVモードでカバーすることが可能に

EVモードの航続が100km以上に拡大したおかげで、日常の移動はEVモードでカバーすることができる。最新のハイブリッド走行プログラムは、ルート上の最も適切な場所でEVモードに切り替わる。たとえば、都市部での移動では、EVモードが優先される。

車両の減速時の運動エネルギーによって生成された電気は、高電圧バッテリーに蓄えられ、モーターの駆動に利用できる。エネルギー回収率を引き上げたいドライバーは、ステアリングホイールのスイッチによって、3段階でエネルギー回収率を変更できる。これは、「SPORT」を除くすべての走行モードで可能。たとえば、Dモードでは、ドライバーはワンペダル感覚を体験できる。ドライバーがアクセルペダルから足を離すと、車両は電気的に減速する。

2種類の走行モードにより、ドライバーはPHVシステムの効率を高めることができる。「バッテリーホールド」モードでは、バッテリーの充電状態を維持することが優先される。PHVシステムは、運転状況と走行距離に応じて、適切なモードを選択する、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 三菱自動車 デリカミニ

    三菱 デリカミニ、事前受注が4000台 1月末まで

    自動車(本体)
    2023.02.03 09:50
  2. トヨタ C-HR プロローグ

    トヨタ C-HR 次期型、欧州は電動車のみに…PHEVも現地生産へ

    自動車(本体)
    2023.02.02 14:35
  3. デリカミニ(東京オートサロン2023)

    『デリカD:1』ではない…デリカミニに込められた三菱の反省

    自動車(本体)
    2023.02.01 13:40
  4. トヨタ・グランドハイランダー のティザー写真

    トヨタの新型SUV、ゆとりの3列シート…『グランドハイランダー』は2月8日米国発表予定

    自動車(本体)
    2023.02.02 14:45
  5. マツダ CX-90

    マツダ『CX-90』、340馬力ターボに後輪駆動が基本のAWD[詳細写真]

    自動車(本体)
    2023.02.03 07:30

総合ニュースランキング

  1. 「Google TV搭載4K/HDR対応50V型液晶テレビ」

    4/12まで限定43,780円、ゲオ限定の「Google TV搭載50V型4K液晶テレビ」が発売開始

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2023.02.02 12:07
  2. Xperia 5 IV XQ-CQ44

    ソニー、「Xperia 5 IV」SIMフリーモデルを本日2/1に発売

    スマートフォン
    2023.02.01 07:05
  3. 「クラッシャージョウ」アルフィンが1/12フィギュア化、本日2月3日から発売

    フィギュア
    2023.02.03 06:45
  4. 「三菱 キ67 四式重爆撃機 飛龍 イ号一型甲 誘導弾搭載機 “飛行第62戦隊”」

    四式重爆撃機「飛龍」をIFシチュエーションでキット化、1/72模型が本日2月3日発売

    模型
    2023.02.03 06:30
  5. Mac mini

    アップル、「M2/M2 Pro」搭載の新型「Mac mini」を本日2月3日から発売

    Mac デスクトップ
    2023.02.03 00:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 日産マックスアウト(コンセプトカー)
  • アプレシア ロック コントロール エコ ブラック 0.8L(KO8401JP)
  • KDDI・ソフトバンク
  • HomePod
  • ヒョンデ・アイオニック 6 (米国仕様)
  • 「mlte フラッシュウォーマー MR-01FW2」