2022年08月13日 05:30

メルセデスベンツ EQS SUV、スポーティな「AMGライン」設定…欧州受注開始

メルセデスベンツは8月9日、新型EV『EQS SUV』(Mercedes-Benz EQS SUV)の受注を欧州で開始した。スポーティ仕様の「AMGライン」が設定されている。AMGラインは、メルセデスベンツ各車に広くラインナップされているスポーティ仕様だ。EQS SUVにも、AMGラインが用意される。

◆専用デザインの内外装

EQS SUVのAMGラインのエクステリアでは、フロントバンパーを専用デザインとした。ハイグロスブラックとクロームトリムのAウィング、ハイグロスクロームのフロントスプリッター、クロームトリム付きハイグロスブラックのエアインテークフリック&フィンが特徴となる。リアバンパーも専用デザインとした。ハイグロスブラックのディフューザールックインサート、クロームのダブルトリムストリップ、ブラックフリックが装備されている。サイドスカートは、グロスブラック&クロームのドアトリムストリップ仕様となる。

足元には、マルチコートブラックとハイグロスペイントが特徴の22インチのAMGアルミホイールを装着する。このホイールはマルチスポークデザインで、EVの航続拡大に貢献するエアロダイナミクス性能も追求されている。タイヤサイズは275/40R22を組み合わせている。

AMGラインのインテリアには、スポーツシートを採用した。このスポーツシートは、ヘッドレストと背もたれ部分が別設計となっているのが特徴だ。

◆最上位グレードに最大出力544hpのツインモーター

欧州での発売当初、「EQS 450 +」と「EQS 450 4MATIC」、「EQS 580 4MATIC」の3グレードが設定される。2WD(後輪駆動)のEQS 450 +は、リアアクスルに電動パワートレインの「eATS」を搭載する。4WDの「4MATIC」となるEQS 450 4MATIC とEQS 580 4MATICでは、フロントアクスルにもeATSがレイアウトされ、ツインモーター仕様となる。

EQS 450 +の場合、モーターは最大出力360hp、最大トルク57.9kgmを発生する。EQS 450 4MATIC では、モーターの最大出力は360hpだが、最大トルクは81.6kgmに引き上げられる。EQS 580 4MATICの場合、前後のモーターは最大出力544hp、最大トルク87.5kgmを引き出す。WLTPサイクルによる100km走行あたりの電力消費量(複合モード)は、EQS 450 +が22.9〜18.2kWh、EQS 450 4MATIC とEQS 580 4MATICが24.3〜20.2kWhだ。

4MATICには、トルクシフト機能が付き、フロントアクスルとリアアクスルの間で駆動トルクをインテリジェントかつ継続的に配分する。機械式の4WDよりも、優れたレスポンスを可能にしているという。 回生ブレーキは、ステアリングホイールのパドルシフトによって、ドライバーが3段階で調整できる。

エネルギー密度を高めた新世代のバッテリーが搭載される。蓄電容量は107.8kWhとした。1回の充電での航続は、EQS 450 +が最大660km、EQS 450 4MATIC とEQS 580 4MATICが最大613km(いずれもWLTP計測)に到達する。

◆エアサスは連続調整可能なダンピングADS+付き

シャシーは、フロントに4リンクアクスル、リアに独立マルチリンクサスペンションを装備した。連続調整可能なダンピングADS+を備えた「AIRMATIC」エアサスペンションが標準装備されている。車高は最大で数cm引き上げられる。

ダイナミックセレクトモードのECO、COMFORT、SPORT、INDIVIDUALに加えて、4MATICバージョンはオフロード走行向けモードのOFFROADを備えている。 さらに、最大4.5度の操舵角を持つリアアクスルステアリングが標準装備された。これにより、都市部での機動性や敏捷性を高めるという。オプション、またはOTAアップデートを通じて、最大10度の操舵角を備えたリアアクスルステアリングも選択できる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スズキ アルトワークス 新型(予想CG)

    最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か

    自動車(本体)
    2022.09.26 09:37
  2. トヨタ・ハリアーZ(プラグインハイブリッドモデル)

    トヨタのミッドサイズSUV「ハリアー」でプラグインハイブリッド車が選択可能に

    自動車(本体)
    2022.09.26 17:15
  3. トヨタ ハリアー Z プラグインハイブリッド車(グレーメタリック)

    トヨタ ハリアーPHEV を新設定…システム最高出力306ps、EV走行距離93km

    自動車(本体)
    2022.09.26 18:00
  4. トヨタ・ハリアーG

    「トヨタ・ハリアー」の安全装備と通信機能が充実

    自動車(本体)
    2022.09.26 17:10
  5. トヨタの米国テキサス州サンアントニオ工場で生産を開始した セコイア 新型

    トヨタの最上位SUVは全車ハイブリッド、『セコイア』新型を米工場で生産開始

    自動車(本体)
    2022.09.26 08:40

総合ニュースランキング

  1. 「お得なセット」

    加熱式タバコ「IQOS ILUMA(アイコス イルマ)」シリーズの「お得なセット」が発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.09.26 14:00
  2. スズキ アルトワークス 新型(予想CG)

    最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か

    自動車(本体)
    2022.09.26 09:37
  3. ドコモ・au/UQ、1/1.55型センサーカメラ搭載の「AQUOS sense7」を11月上旬以降発売

    スマートフォン
    2022.09.26 11:46
  4. “カップ1杯半の油”で揚げ物を調理できる、おひとりさま用フライヤー「カラリ」

    その他調理家電
    2022.09.20 13:00
  5. 「SR-NA102」(ブラック)

    パナソニック、省スペースで設置しやすい5合炊き圧力IHジャー炊飯器を本日9/25発売

    炊飯器
    2022.09.25 12:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「HG 1/144 ガンダムエアリアル」
  • トヨタ スープラ A70 2.0GTツインターボ 1990
  • インフィニティ QX50
  • HITASTE E20
  • 「サーキュレーター付加湿空気清浄機 KCHA-A55-W」