2022年09月26日 05:00

フォード初のEVピックアップトラック『F-150ライトニング』、航続515km…デトロイトモーターショー2022

フォードモーターは9月14日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2022に、フォードブランド初のEVピックアップトラック『F-150ライトニング』(Ford F-150 Lightning)を出展した。

◆フロントに多用途の「ハイテクメガパワートランク」

内燃エンジン搭載の『F-150』とは異なるEV専用のエクステリアを採用する。フロントマスクを横切るLEDライトバーが選択できる。空力性能も追求されており、新設計のランニングボード、空気抵抗を減らすためのフロントフード、専用デザインの空気取り入れ口を設けたグリルなどがある。

エンジンを持たないフロントフードの中には、多用途の「ハイテクメガパワートランク」が設けられた。この収納スペースは安全にロック可能で、電動開閉システムでアクセスできる。収納スペースは、400リットルの容量を備えており、約180kgまでの荷物の積載が可能。フォードモーターは、機内持ち込み手荷物2個とスーツケース1個、またはゴルフクラブ2セットを収納するのに充分という。

最新のコネクティビティとして「SYNC 4A」が初採用される。これは、15.5インチの大型タッチスクリーンを核としたシステムだ。SYNC 4Aは、自然な音声コントロール、クラウドに接続されたナビゲーション、Apple 「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」へのワイヤレスアクセス、アマゾン(Amazon)の「アレクサ(Alexa)」や「SYNC AppLink」アプリの車載化を実現している。ドライバー正面には、12インチのデジタルインストルメントクラスターを採用した。重要な情報を表示するとともに、カスタマイズ可能なインターフェイスを備えている。アニメーショングラフィックスには、回生ブレーキによるバッテリーへの蓄電状況など、各種情報を分かりやすく表示する。

◆ツインモーターは最大出力563hp

F-150ライトニングには、フォードモーターの最新の電動化テクノロジーが搭載されている。前後アクスルに搭載されるモーターは標準モデルが最大出力426hp、上位モデルが最大出力563hp。最大トルクは、どちらも107.2kgmを引き出す。強力なツインモーターは4輪を駆動し、上位モデルの場合、0〜96km/h加速4秒台半ばの性能を発揮する。最大積載能力は標準モデルで約900kg。牽引能力は上位モデルで4.5トン以上を目標に掲げている。

バッテリーは新世代の水冷式リチウムイオンだ。バッテリーの蓄電容量には2種類がある。充電に関しては、自宅向けに80アンペアの充電システムを標準装備した。デュアルオンボード充電システムを利用すれば、さらに高速な自宅での充電を可能にする。フル充電にかかる時間は約8時間だ。

外出先では、北米最大の公共充電ネットワークに「FordPass」を通じてアクセスできる。全米の6万3000か所以上の充電ステーションでは、最大出力150kWでDC急速充電が行える。10分で最大約87kmの航続に必要なバッテリー容量を充電可能。約40分でバッテリーの80%を充電できる。1回の充電での航続は、最長で515kmに到達する。

◆他のEVを車車間充電することも可能

他のEVを車車間充電できる機能をオプション設定した。このオプションは、「プロパワーオンボード」と呼ばれるものだ。発電機と大容量バッテリーシステムのおかげで、他のEVを車車間充電することができる。車車間充電には、専用の240ボルトコンセントを使用する。

プロパワーオンボードの充電出力は、9.6kWと7.2kWの2種類だ。たとえば、F-150ライトニングのプロパワーオンボードを、フォード『マスタング』シリーズのEV、『マスタング・マッハE』に接続すると、20マイル(約32km)の航続に必要なバッテリー容量を1時間で充電できる。

F-150ライトニング同士の車車間充電では、最大13マイル(約21km)の航続に必要なバッテリー容量を1時間で充電可能。商用EVのフォード『Eトランジット』に接続した場合、10マイル(約16km)の航続に必要なバッテリー容量を1時間で充電できる。フォードモーター以外の自動車メーカーのEVを充電することも可能、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

フォード

フォード(ford)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ・パイロット 新型

    ホンダ史上最強のSUV『パイロット』新型、285馬力V6搭載

    自動車(本体)
    2022.11.28 09:15
  2. 日産 セレナ 新型。写真の最上級グレード「LUXION」は479万円からとなる。

    【日産 セレナ 新型】「家族のミニバン」進化は期待以上!? 最上級グレードの価格にも衝撃

    自動車(本体)
    2022.11.28 15:40
  3. 日産 セレナ 新型(e-POWER LUXION)

    【日産 セレナ 新型】e-POWER用エンジンは完全新設計!弱点の高速燃費も「まだやりようはある」

    自動車(本体)
    18時間前
  4. トヨタ・アクアGRスポーツ

    トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデル

    自動車(本体)
    16時間前
  5. セレナ AUTECH

    【日産 セレナ 新型】スポーティな「AUTECH」や車中泊仕様も同時発表

    自動車(本体)
    21時間前

総合ニュースランキング

  1. Surface Pro 9

    マイクロソフト、13型タブレットパソコン「Surface Pro 9」を本日11/29発売

    タブレットPC
    2022.11.29 07:00
  2. 「コードレスリンサークリーナー」

    アイリスオーヤマ、充電式の「コードレスリンサークリーナー」を本日11/28発売

    掃除機
    2022.11.28 07:00
  3. 「ファイナルファンタジータイトルセールpart1」

    最大50%オフ、PS4/Switch「ファイナルファンタジータイトルセールpart1」実施

    プレイステーション4(PS4) ソフト
    2022.11.28 12:20
  4. NTTドコモ

    ドコモ、最大47,850円値引きの「iPhone 13 mini」オンライン機種購入割引を終了へ

    スマートフォン
    19時間前
  5. 「完全変形ドラえもん」

    タイムマシンに変形する「ドラえもん」予約開始、トランスフォーマーのノウハウ生かす

    フィギュア
    2022.11.28 16:56

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「LUMIX DC-TZ95D」
  • 「完全変形ドラえもん」
  • 「カメラネジハンドストラップ」
  • Surface Pro 9
  • 「IQOS ILUMA PRIME」