2022年09月26日 08:40

トヨタの最上位SUVは全車ハイブリッド、『セコイア』新型を米工場で生産開始

トヨタ自動車の米国部門は9月21日、フルサイズSUVの新型『セコイア』(Toyota Sequoia)の生産を、米国テキサス州サンアントニオ工場で開始した、と発表した。

◆ランドクルーザーよりもひと回り大きいフルサイズSUV

セコイアは、トヨタブランドのフルサイズSUVだ。『ランドクルーザー』新型よりもひと回り大きい車体を備えており、3列シートの広い室内空間を持つ。新型は、フルサイズピックアップトラックの新型『タンドラ』、新型ランドクルーザー、新型レクサス『LX』とアーキテクチャを共用する。新しいプラットフォームの狙いは、優れたハンドリングや快適性、新しい機能を提供することにあるという。

新型は、独立懸架を採用した。ステアリングフィールを向上させるために、新開発のラックマウント式電動パワーステアリングシステムを搭載する。最新のマルチリンク式リアサスペンションによって、スムーズな乗り心地を追求した。キャンピングカーなどを牽引するユーザーは、ロードレベリングリアハイトコントロールエアサスペンションと、アダプティブバリアブルサスペンション(AVS)が選択できる。

新世代フレームをベースにしながら、エンジニアリングチームは、軽量化に取り組んだ。さらに、新しいレーザー溶接技術などを導入して、剛性を高め、乗り心地を向上させているという。

◆スマホ感覚の14インチタッチスクリーンが選択可能

シートは引き続き3列で、グレードに応じて、2列目がベンチシートまたはキャプテンシートになる。3列目シートは150mmスライドさせることが可能で、パワーフォールディング機能も選択できる。3列目シートを折り畳んだ時には、セグメント初の調整式カーゴシェルフシステムが利用できる。取り外し式のシェルフは、積載する荷物に応じて、さまざまな位置に固定できる。

最新のトヨタオーディオマルチメディアシステムは、ダッシュボード中央に8インチタッチスクリーンを配置する。オプションで14インチタッチスクリーンが選択できる。また、スマートフォンやタブレット端末と同じピンチ機能やズーム機能で操作できる。ワイヤレスのApple「CarPlay」とグーグル「AndroidAuto」に対応している。

「トレーラーバックガイダンス」は、キャンピングカーなどのトレーラーを牽引する際の操作を支援し、ストレートパスアシスト機能は、新型セコイアとトレーラーが後退する時、くの字に折れ曲がることのないように設計されている。オプションの360度カメラは、新型セコイアとトレーラー周囲の視認性を引き上げる。トヨタの一体型トレーラーブレーキコントローラーと接続すると、ブラインドスポットモニターによって、トレーラーの死角も認識できる。

◆3.5リットルV6ツインターボ+モーターで437hp

パワートレインは、内燃エンジン車も用意する新型タンドラとは異なり、ハイブリッドの「i-FORCE MAX」のみとなる。このパワートレインは、従来型セコイアの「iForce」の後継。従来型のiForceは、5.7リットルのV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンで、最大出力は381hp、最大トルクは55.5kgmだった。

これに対して、新しいi-FORCE MAXは、ダウンサイズの排気量3445ccのV型6気筒ガソリンツインターボエンジンに、モーターを組み合わせる。モーターは、エンジンと10速オートマチックトランスミッションの間にレイアウトされた。モーターは、10速ATを介して、パワーを効率的に伝達する。エンジンの始動、EVモード走行、電気アシスト、エネルギー回生は、ハイブリッドコンポーネントを通じてのみ行われる。

新しいi-FORCE MAXパワートレインは、最大出力437hp/5200rpm、最大トルク80.6kgm/2400rpmを獲得する。従来型のiForceの5.7リットルから、エンジン排気量をおよそ2.2リットル縮小した。それでいて、2個のターボとモーターにより、パワーは56hp、トルクは25.1kgm向上している。新型は、最大で4トンの牽引性能を備えており、従来型に比べておよそ22%増加している。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

トヨタ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

トヨタ(toyota)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ・グランドハイランダー のティザー写真

    トヨタの新型3列シートSUV、『グランドハイランダー』発表へ

    自動車(本体)
    2022.12.02 11:53
  2. トヨタ GRカローラ RZ

    【トヨタ GRカローラ】「RZ」は525万円、「モリゾウエディション」は715万円!台数限定で抽選受付を開始

    自動車(本体)
    2022.12.02 14:55
  3. ホンダ・パイロット 新型

    ホンダ史上最強のSUV『パイロット』新型、285馬力V6搭載

    自動車(本体)
    2022.11.28 09:15
  4. スズキ アヴェニス125 新型

    アドレスの化粧直しじゃない!“シン・通勤快速”『アヴェニス125』はキビキビ走るすごいヤツ

    バイク(本体)
    2022.11.30 11:13
  5. 「前後カメラとリアカメラ付きドライブレコーダー THCADVSNA」

    サンコー、“前方+車内+後方”の3カメラ同時撮影に対応したドライブレコーダー

    ドライブレコーダー
    2022.11.25 12:47

総合ニュースランキング

  1. Nebula Capsule 3 Laser

    Anker、モバイルプロジェクター「Nebula Capsule 3 Laser」を本日12/2発売

    プロジェクタ
    2022.12.02 07:00
  2. Anker 767 Portable Power Station(GaNPrime PowerHouse 2048Wh)

    GaN搭載の2048Whポータブル電源「Anker 767 Portable Power Station」が本日12/2発売

    ポータブル電源
    2022.12.02 06:50
  3. AQUOS sense7

    5万円前後という価格にも注目、大型センサーカメラ搭載「AQUOS sense7」SIMフリー版

    スマートフォン
    2022.12.02 13:14
  4. GIGABYTE、ロープロ対応の「GeForce GTX 1650」を搭載したビデオカード

    グラフィックボード・ビデオカード
    2022.12.02 15:45
  5. “曲がる”42V型テレビや“折りたためる”ノートPC、ポータブルSteam機など新製品まとめ

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2022.12.03 00:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「JN-MD-IPS1331FHDR」
  • 「SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary」
  • ROG Strix Z790-F Gaming
  • 「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」
  • Anker 767 Portable Power Station(GaNPrime PowerHouse 2048Wh)
  • ヤマハ XSR900と大関さおり氏