2022年10月07日 15:02

トヨタ タンドラ 新型、女性だけのラリー参戦…オフロード仕様「TRDプロ」

トヨタ自動車の米国部門は10月4日、フルサイズピックアップトラック『タンドラ』(Toyota Tundra)新型が10月6〜15日、米国で開催される女性だけが参加できるラリー「Rebelle Rally」に参戦すると発表した。

Rebelle Rallyには、2台の新型タンドラが出走する。そのうちの1台が、「TRDプロ」だ。「TRD」(トヨタ・レーシング・デベロップメント)の名前を付したオフロードグレードとなる。ドライバーとナビゲーターは、トヨタのエンジニア。米国のネバダとカリフォルニアの両州にまたがる砂漠地帯2500kmを走破する予定だ。

◆オフロード走行を支援する「マルチテレーンセレクト」

新型タンドラのTRDプロでは、オフロードでのパフォーマンスを最大限に高めるために、直径63mmのFOX製バイパスショックを標準装備した。フロントのFOX製ショックによって、フロントの車高は28mmアップ。アルミ製のカバーで覆われたフロントショックとリアショックには、最も厳しい地形でオフロードパフォーマンスを向上させるために、オイル入りのピギーバックリザーバーが備わる。

TRDプロには、新開発のフロントスタビライザー、赤い塗装のサスペンションパーツ、アルミ製のTRDフロントスキッドプレート、アンダーボディプロテクション、ファルケンのオールテレーンタイヤなどが装備されている。

TRDプロには、オフロード走行を支援する「マルチテレーンセレクト」を標準装備する。マルチテレーンセレクトの設定を変更することにより、さまざまな地形でホイールスピンを制御する。「CRAWLコントロール」は、5つの選択可能な速度のいずれかを維持しながら、ドライバーがステアリング操作に集中できるようにする低速のオフロードクルーズコントロールとして機能する。ダウンヒルアシストコントロールは、下り坂での車両の速度を制限することにより、ドライバーが険しい斜面を下るのを支援する。

◆V6ツインターボ+モーターで最大出力437hp

TRDプロのパワートレインは、新型タンドラシリーズに標準設定の排気量3445ccのV型6気筒ガソリンツインターボエンジンではなく、ハイブリッドの「i-FORCE MAX」のみとなる。このパワートレインは、従来型タンドラの「iForce」の後継。従来型のiForceは、5.7リットルのV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンで、最大出力は381hp、最大トルクは55.5kgmだった。

これに対して、新しいi-FORCE MAXは、ダウンサイズの排気量3445ccのV型6気筒ガソリンツインターボエンジンに、モーターを組み合わせる。モーターは、エンジンと10速オートマチックトランスミッションの間にレイアウトされた。モーターは、10速ATを介して、パワーを効率的に伝達する。エンジンの始動、EVモード走行、電気アシスト、エネルギー回生は、ハイブリッドコンポーネントを通じてのみ行われる。

新しいi-FORCE MAXパワートレインは、最大出力437hp/5200rpm、最大トルク80.6kgm/2400rpmを獲得する。従来型のiForceの5.7リットルから、エンジン排気量をおよそ2.2リットル縮小。それでいて、2個のターボとモーターにより、パワーは56hp、トルクは25.1kgm引き上げられた。

i-FORCE MAXパワートレインは、あらゆる状況で最大のパフォーマンスと最大の効率を提供するように設計されている。キャンピングカーなどの牽引時には、ハイブリッドシステムによって、パワーとトルクが追加される。市街地の低速走行では、EVモードが静粛性と燃費の向上を実現する。高速道路では、レスポンスの高いリニアなパワーデリバリーをもたらす。2400rpmという低回転域で得られる80.6kgmの最大トルクが、オフロード走行を支援する。

◆電気モーターの瞬間的なレスポンスを利用する「SPORT」と「SPORT +」モード

新開発のパワーコントロールユニット(PCU)を採用し、優れたバッテリー耐久性と熱性能を追求した。288Vのニッケル水素(Ni-MH)バッテリーは、後部座席の下にレイアウトされている。10速電子制御オートマチックトランスミッション「ECTi」は、シーケンシャルシフトモード、上り坂/下り坂のシフトロジック、「TOW」と「HAUL」の走行モードを備えている。

また、走行モードの「SPORT」、「SPORT +」を選ぶと、i-FORCE MAXは電気モーターの瞬間的なレスポンスを利用する。電気モーターは低速走行の大部分をまかなうが、30km/hを超えると、ガソリンエンジンが始動し、中高速域で優れたパフォーマンスを追求する。TOWとHAULモードでは、i-FORCE MAXシステムが常に作動。牽引時の優れた加速とトルクを追求している。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

トヨタ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

トヨタ(toyota)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ・グランドハイランダー のティザー写真

    トヨタの新型3列シートSUV、『グランドハイランダー』発表へ

    自動車(本体)
    2022.12.02 11:53
  2. トヨタ GRカローラ RZ

    【トヨタ GRカローラ】「RZ」は525万円、「モリゾウエディション」は715万円!台数限定で抽選受付を開始

    自動車(本体)
    2022.12.02 14:55
  3. ホンダ・パイロット 新型

    ホンダ史上最強のSUV『パイロット』新型、285馬力V6搭載

    自動車(本体)
    2022.11.28 09:15
  4. スズキ アヴェニス125 新型

    アドレスの化粧直しじゃない!“シン・通勤快速”『アヴェニス125』はキビキビ走るすごいヤツ

    バイク(本体)
    2022.11.30 11:13
  5. 「前後カメラとリアカメラ付きドライブレコーダー THCADVSNA」

    サンコー、“前方+車内+後方”の3カメラ同時撮影に対応したドライブレコーダー

    ドライブレコーダー
    2022.11.25 12:47

総合ニュースランキング

  1. Nebula Capsule 3 Laser

    Anker、モバイルプロジェクター「Nebula Capsule 3 Laser」を本日12/2発売

    プロジェクタ
    2022.12.02 07:00
  2. Anker 767 Portable Power Station(GaNPrime PowerHouse 2048Wh)

    GaN搭載の2048Whポータブル電源「Anker 767 Portable Power Station」が本日12/2発売

    ポータブル電源
    2022.12.02 06:50
  3. AQUOS sense7

    5万円前後という価格にも注目、大型センサーカメラ搭載「AQUOS sense7」SIMフリー版

    スマートフォン
    2022.12.02 13:14
  4. GIGABYTE、ロープロ対応の「GeForce GTX 1650」を搭載したビデオカード

    グラフィックボード・ビデオカード
    2022.12.02 15:45
  5. “曲がる”42V型テレビや“折りたためる”ノートPC、ポータブルSteam機など新製品まとめ

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2022.12.03 00:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「Beats Flex」
  • 「MODEROID インベル」
  • 「JN-MD-IPS1331FHDR」
  • トヨタ・グランドハイランダー のティザー写真
  • 「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」
  • Anker 767 Portable Power Station(GaNPrime PowerHouse 2048Wh)