2022年10月11日 09:55

スバル フォレスター にオフローダー「ウィルダネス」仕様、12月発売

SUBARU (スバル)の米国部門は9月30日、SUVの『フォレスター」のオフロード仕様、『フォレスター・ウィルダネス』(Subaru Forester Wilderness)の2023年モデルを発表した。現地ベース価格は、3万4020ドル(約495万円)で12月、米国市場で発売される予定だ。

ウィルダネスの第一弾モデルが、2021年3月に米国で発表された『アウトバック・ウィルダネス』だ。乗用車とSUVの長所を融合させたスバルのフラッグシップクロスオーバーSUVの『アウトバック』をベースに、アウトドアシーンで頼れる走破性と機能性をさらに強化し、タフでラギッドなキャラクターに磨きをかけたモデルとして登場した。

◆タフでラギッドなキャラクターに磨きをかけたデザイン

フォレスター・ウィルダネスは、アウトバック・ウィルダネスに続く、ウィルダネスシリーズ第二弾モデルだ。安心感や走りの楽しさなど、『フォレスター』が従来から提供し続ける価値はそのままに、タフでラギッドなキャラクターに磨きをかけたデザインと、走破性や機能性を強化している。

フォレスター・ウィルダネスの特長のひとつが、機能性の高さとそれを表現したデザインだ。ボディ全周に渡って装着したブラックカラーの立体的なプロテクションパーツは、たくましさを表現するとともに、車体を保護する役割も兼ね備える。大胆な六角形のブラックグリル、大型ホイールアーチクラッディング、フロントスキッドプレート、六角形のLEDフォグランプ、アンチグレアフードデカールを専用装備している。

また、標準モデルに対して幅を約20mm拡大したルーフレールは、最大積載量を増やすとともに、片側3か所のレッグ部分にそれぞれロープ穴を設けて、機能性を強化した。このレッグ部分には、アナダイズドイエローのアクセントカラーをあしらう。

◆専用スプリングで最低地上高は233mmに向上

足回りには、不安定な路面でも高いグリップ力を発揮するヨコハマ製のオールテレーンタイヤ「GEOLANDAR」を装備した。マットブラック仕上げの専用17インチアルミホイールと組み合わせる。タイヤの側面には、白い文字がエンボス加工された。スペアタイヤは、フルサイズタイヤが標準だ。

サスペンションに専用コイルスプリングを採用することで、最低地上高を約233mmまで引き上げ、悪路走破性を高めた。また、サスペンションセッティングにより、コーナリング時のロール角を抑制し、オンロードの走りも追求している。

パワートレインには、直噴2.5リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンを搭載する。最大出力は182hp、最大トルクは24.3kgmを引き出す。レシオカバレージを拡大し、ファイナルギア比をローギア化したCVTの「リニアトロニック」を組み合わせることで、駆動力を高めている。また、空冷オイルクーラーを追加することで、標準モデルの2倍に当たる約1360kgの牽引能力を確保した。駆動方式はシンメトリカルAWDとしている。

◆イエローのアクセントが入る撥水シート

インテリアは、アナダイズドイエローをアクセントに、ブラックとグレーのダークトーンで全体をコーディネートした。撥水性のある表皮を使用したシートも採用し、アウトドアでも使える機能性を追求している。

8.0インチのマルチメディアナビゲーションシステム、ハーマンカードン製プレミアムサウンドシステム、パワーリアゲートは、オプションパッケージとして選択できる。

最新の「アイサイト」を標準装備した。強化されたシステムは、広い視野と改良された制御ソフトウェアにより、全体的なパフォーマンスを引き上げ、より広い範囲の条件下で作動する。最新のアイサイトには、新しい自動緊急ステアリングが採用された。この新機能は、衝突前ブレーキシステムと連動して、80km/h以下の速度での衝突を回避するために、ステアリング制御を支援する、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スバル

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

スバル(subaru)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. レクサス GX 次期型予想CG

    人気SUV「プラド」のレクサス版『GX』ついに日本導入か? 2023年登場、次期型を大予想

    自動車(本体)
    2023.01.30 09:15
  2. BYD AUTO 東名横浜

    【BYD ATTO 3】日本発売モデル第1弾、全国20店舗で販売開始…価格は440万円

    自動車(本体)
    2023.01.31 16:38
  3. マツダ2 XDスポルト+ (海外仕様)

    【マツダ2 改良新型】メッシュグリルと6MTは健在…スポルト+[詳細写真]

    自動車(本体)
    2023.01.30 09:45
  4. ホンダ・プロローグ

    ホンダ初のフル電動SUV『プロローグ』、先行販売を2023年内に開始へ…米国

    自動車(本体)
    2023.01.31 15:40
  5. スズキが2030年度までに欧州市場に投入する予定の5車種のEVのシルエット。右上がジムニーのように見える

    スズキが欧州に5車種のEV投入へ、『ジムニー』の可能性も…2030年度までに

    自動車(本体)
    2023.01.30 11:10

総合ニュースランキング

  1. 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78GP04G ガンダム試作4号機ガーベラ ver. A.N.I.M.E.」

    「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」幻の試作機「RX-78GP04G」が立体化

    フィギュア
    2023.01.29 10:00
  2. 「Xperia 1 IV SO-51C」が最大33,000円オフなど、ドコモオンラインが2/1に割引変更

    スマートフォン
    2023.01.30 16:10
  3. NXTWEAR S

    TCL、130型相当を表示するスマートグラス「NXTWEAR S」を本日1/31発売

    VRゴーグル・VRヘッドセット
    2023.01.31 06:35
  4. 「PlayStation 5(PS5)」

    「PS5」の供給量増加をSIEが明言、「PS Plus プレミアム」無料体験先着キャンペーンも

    ゲーム機本体
    2023.01.31 13:46
  5. 「ROBOT魂 <SIDE MS> AQM/E-X03 ランチャーストライカー & エフェクトパーツセット ver. A.N.I.M.E.」※ROBOT魂フィギュアは別売り

    バンダイ、「ストライクガンダム」の遠距離砲撃戦装備を再現できるパーツセットが登場

    フィギュア
    2023.01.29 13:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • マツダ CX-90 のPHEV
  • 「スマホが見やすい自転車用2wayフロントバッグ BCYBAGCBK」
  • 「PLAMAX 真希波・マリ・イラストリアス」(塗装仕上げによる完成見本)、「PLAMAX 真希波・マリ・イラストリアス スカルプターズホワイト」
  • 「ナノイー搭載エアコン累計出荷台数1,000万台突破記念キャンペーン」
  • Xperia 5 IV XQ-CQ44
  • 「GoPro」購入キャンペーン