2022年10月13日 06:25

ルノーの新型SUV『オーストラル』、全車ハイブリッド…パリモーターショー2022に出展へ

ルノーは10月11日、新型SUV『オーストラル』(Renault Austral)を10月17日、フランスで開幕するパリモーターショー2022に出展すると発表した。

◆『カジャー』後継のCセグメントSUV

オーストラルは、『カジャー』の後継となるCセグメントSUVだ。オーストラルのデザインは、ショルダーラインをより筋肉質にすることに重点を置いている。シャープでアスレチック、そしてモダンなオーストラルは、アジャイルかつタフな印象を与えるプロポーションを目指しているという。また、ホイールアーチの上側を横切る線は、新たな塊感を生み出すという。オーストラルの力強くダイナミックなラインは、ルノーの新しいデザイン言語「SENSUAL TECH」を反映したもの、と自負する。

オーストラルのデザインの特徴のひとつが、下半身に沿って走る明確な折り目だ。車両の前方に角度をつけることにより、シルエットのダイナミックさを強調することを狙う。横から見ると、オーストラルは静止している時でも動的で、前方に跳ね上がっているように見えるという。

オーストラルの新技術は、ヘッドライトとテールランプにも組み込まれている。フロントには、目を引くヘッドランプとグリルがレイアウトされる。『メガーヌE-TECHエレクトリック』に初採用されたマイクロオプティックテクノロジーによるLEDテールライトが、オーストラルにも拡大展開される。マイクロオプティックテクノロジーは、プレキシガラスを使用しており、プレキシガラスの表面と内側に直接、線とパターンが刻まれた。LEDテールライトが点灯すると、刻まれた線が透き通るように輝き、すぐに識別できる外観を演出するという。また、2つの大きなC字型のテールライトは、エンブレムと一体でデザインされている。

◆L字型のデジタルディスプレイ「OpenR」

ダッシュボードには、2つのスクリーンで構成されるL字型のデジタルディスプレイ「OpenR」をレイアウトする。縦長の12インチスクリーンは、ダッシュボード中央に配置された。ドライバーの正面には、12.3インチのディスプレイが組み込まれる。

2つの画面の大きさは、合計で24.3インチ(774平方cm)に及ぶ。表示領域を最大化し、特別な没入型体験を実現するのが狙いだ。ルノーによると、市場で最大のスクリーンのひとつになるという。

ダッシュボードには、高度なマイクロブラインド技術を導入した反射防止コーティングによって、バイザーを廃した。ダッシュボードのスクリーンには反射防止コーティングが施され、コンピューターのプライバシースクリーンと同じマイクロブラインドテクノロジーを採用した。これにより、メーターを日光から保護するバイザーを不要にしている。

◆ガソリンハイブリッドのみをラインナップ

パワートレインは、ガソリンハイブリッドのみをラインナップする。パワートレインは、最新世代の「E-TECH」ハイブリッド、12Vマイルドハイブリッドテクノロジーを備えた直噴1.3リットル直列4気筒ガソリンターボ「TCe」エンジン(最大出力140hpまたは160hp)、48Vマイルドハイブリッド技術を備えた1.2リットル直列3気筒ガソリンターボTCeエンジン(最大出力130hp)の3種類で構成される。

このうち、最新世代のE-TECHハイブリッドは、1.2リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンに電気モーターを組み合わせ、システム全体で160hpまたは200hpのパワーを引き出す。ドッグクラッチ式トランスミッションを採用した。

バッテリーは蓄電容量2kWhのリチウムイオンだ。バッテリーの電圧は、従来の240Vから400Vに引き上げられた。発進時は常にモーターのみを使う。この効果もあって、欧州仕様車の燃費は最も優れる仕様で21.7km/リットル、CO2排出量は104g/km、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ルノー

ルノー(renault)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. レクサス GX 次期型予想CG

    人気SUV「プラド」のレクサス版『GX』ついに日本導入か? 2023年登場、次期型を大予想

    自動車(本体)
    2023.01.30 09:15
  2. マツダ2 XDスポルト+ (海外仕様)

    【マツダ2 改良新型】メッシュグリルと6MTは健在…スポルト+[詳細写真]

    自動車(本体)
    2023.01.30 09:45
  3. スズキが2030年度までに欧州市場に投入する予定の5車種のEVのシルエット。右上がジムニーのように見える

    スズキが欧州に5車種のEV投入へ、『ジムニー』の可能性も…2030年度までに

    自動車(本体)
    2023.01.30 11:10
  4. スズキ・ジムニー5ドア(インド仕様)とフロンクス(デリーモーターショー2023)

    スズキ ジムニー 5ドアがついに発表、全長プラス435mm

    自動車(本体)
    2023.01.12 16:48
  5. マツダ2 改良新型(BD クラップポップ)

    【マツダ2 改良新型】目を引く“新しい顔”、思い切ったアプローチの理由は?

    自動車(本体)
    2023.01.27 19:18

総合ニュースランキング

  1. 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78GP04G ガンダム試作4号機ガーベラ ver. A.N.I.M.E.」

    「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」幻の試作機「RX-78GP04G」が立体化

    フィギュア
    2023.01.29 10:00
  2. 「Xperia 1 IV SO-51C」が最大33,000円オフなど、ドコモオンラインが2/1に割引変更

    スマートフォン
    2023.01.30 16:10
  3. 【1・2月の値下げ】楽天Xperia値下げやドコモ割引増額、アイコス2,000円オフなど

    【1月・2月の値下げ】楽天Xperia値下げやドコモ割引増額、アイコス2,000円オフなど

    スマートフォン
    2023.01.29 00:00
  4. 「ROBOT魂 <SIDE MS> AQM/E-X03 ランチャーストライカー & エフェクトパーツセット ver. A.N.I.M.E.」※ROBOT魂フィギュアは別売り

    バンダイ、「ストライクガンダム」の遠距離砲撃戦装備を再現できるパーツセットが登場

    フィギュア
    2023.01.29 13:00
  5. レクサス GX 次期型予想CG

    人気SUV「プラド」のレクサス版『GX』ついに日本導入か? 2023年登場、次期型を大予想

    自動車(本体)
    2023.01.30 09:15

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ダッジ・チャレンジャー の「SRTスーパーストック」
  • 楽天モバイルが「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」を値下げ
  • 「アスレチックランドゲーム シーアドベンチャー」
  • AirFly SE
  • 「LEDミラー付 浮かせるオートソープディスペンサー ATDSPWCWH」
  • 「iPad (第9世代)」