2022年11月24日 06:42

VWブランド初の電動SUV『ID.4』日本発売、価格は499万9000円より

フォルクスワーゲンジャパンは、電気自動車(EV)専用アーキテクチャーを採用したブランド初のフル電動SUV『ID.4』を日本市場に導入、11月22日より販売を開始する。

導入仕様となる「ローンチエディション」は2グレードを展開。価格は125kWモーター/52kWhバッテリーの「ID.4 ライト ローンチエディション」が499万9000円、150kWモーター/77kWhバッテリーの「ID.4 プロ ローンチエディション」が636万5000円。全国246拠点のフォルクスワーゲン正規ディーラーのうち、ID.4取扱店158拠点(11月22日時点)で発売する。

またID.4購入に際しては、買取価格保証型残価設定ローン「フォルクスワーゲン ソリューションズ」の5年後特別残価設定や、家庭用普通充電器設置費用10万円サポートといった特典も用意する。

◆EV専用アーキテクチャーを採用するブランド初の電動SUV

フォルクスワーゲン(VW)はコンパクトカーからSUVやミニバンにいたるまで、柔軟な車両設計を可能とするEV専用アーキテクチャー「モジュラー エレクトリックドライブ マトリックス(MEB)」を開発した。大容量バッテリーを前後アクスル間のアンダーボディに搭載することで、長い航続距離を実現するとともに、ロングホイールベース・ショートオーバーハング化によって1クラス上のモデルに匹敵する室内空間を実現。また、重量のあるバッテリーをアンダーボディに格納することで低重心化と最適な前後重量バランスを実現すると同時に、駆動用モーターの大トルクをトラクションに変換するリヤ駆動とすることでダイナミックなドライビング性能を提供する。

ID.4は、このMEBアーキテクチャーをベースとした次世代EV「ID.ファミリー」に属するブランド初のフル電動SUVとして2020年に欧州で生産・販売を開始した。現在、北米や中国でも生産・販売する世界戦略モデルとして2021年に全世界で約12万台を販売。VWで最も人気の高いEVモデルとして、2021年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど高い評価を受けている。

◆大容量バッテリーモデルは最大航続距離561km

日本仕様のID.4はバッテリー容量とモーター出力が異なる2グレードを展開する。ID.4 ライト ローンチエディションは52kWhのバッテリーと125kW(170ps)/310Nmのモーターを搭載し、最大航続距離は388km(WLTCモード)。上位グレードのID.4 プロ ローンチエディションは77kWhの大容量バッテリーと150kW(204ps)/310Nmの高出力モーターを搭載し、0〜100km/h加速8.5秒(欧州発表値)、最大航続距離は561km(同)を達成している。

バッテリーはともに堅牢なアルミ製ハウジングに搭載し、重大な事故の際は電源が切れるよう保護回路を組み込んでいる。また、あらゆる状況でバッテリーを理想的な温度範囲に保つ熱管理システムによって安定した高出力、急速充電時の充電時間の短縮とバッテリーの長寿命化を実現。8年間または走行距離16万km走行後もオリジナルの充電容量の70%を維持することを保証する。

◆力強さとエアロダイナミクスを融合したエクステリアデザイン

エクステリアは、ID.ファミリーに共通するクリーンで流れるような力強いスタイルをSUVに当てはめ、緩やかで柔らかな変化と、シャープでクリーンなエッジが交互に現れる、風によって形作られたようなデザインを生み出している。

リヤに向かってシャープなラインを描く、流れるようなボディ形状に加え、リヤのエアフローを効果的に断ち切る大型ルーフスポイラー、立体的な造形のテールライトクラスター、アンダーボディリヤエンドのディフューザーなど、複数の要素を組み合わせることで、Cd値0.28というSUVとしては優れた空気抵抗値を達成している。

ライトユニットは前後ともに全車LEDを採用する。ID.4 プロ ローンチエディションはマトリックスLEDを採用したIQ. Lightを標準装備。フロントカメラが前走車や対向車などの周囲の状況を検知しつねに最適な配光をコントロールする。リヤコンビネーションランプは複数のLEDストリップを立体的に配置した新レイアウトを採用。ID.4のリヤビューを個性的なものにしている。

ボディカラーはID.4 プロ ローンチエディション専用色となるグレイシアホワイトメタリックとストーンウォッ シュドブルーメタリックを含む全4色を展開する。

◆クラストップレベルの広い室内空間

MEBアーキテクチャーを採用したID.4は、従来のSUVカテゴリーで1つ上のクラスに相当する広い室内スペースを実現している。ラゲージ容量もクラストップレベル。リヤシートを折りたたむことで、543リットルから1575リットルに拡大できる。

コックピットでは、ドライブモードセレクターと統合したメーターディスプレイや、大型のセンターディスプレイを採用し、近未来的なインパネデザインとしている。また、ブラウン色のレザレットをダッシュボード上部、ドアパネル、シートサイドにデザインし、シルバーのデコラティブパネルをアクセントとして配置。アクセルペダルには再生マーク、ブレーキペダルに一時停止マークをモチーフとしたアルミ調ペダルクラスターを全車標準装備とし、EVのイメージと遊び心を演出している。

ID.4は乗員と対話する次世代システム「ID. Light」を標準装備する。ID.Lightはフロントウィンドウ下に配された細いライトストリップ。さまざまな光パルスを使用して、運転準備の完了、充電中のバッテリーレベルなどのステータスを知らせ、ドライバーを直感的にサポートする。

◆最先端の運転支援システムを搭載

ID.4は最先端の運転支援システムを数多く採用している。「Lane Assist」は意図せずに車線を逸脱するとシステムがステアリングに介入。「Front Assist」は車両前方を監視し、警告およびブレーキへの介入でドライバーをサポートする。「Side Assist」は前後の交通状況を監視。危険な状況での車線変更に対して警告を発する。

上位モデルのID.4 プロ ローンチエディションには、同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist」も標準装備。システムの制限内でアクセル操作とブレーキ操作の大部分を実行し、穏やかなステアリング介入を行って、車両が車線の中央に留まるようにドライバーをサポートする。また「Emergency Assist」は、突然の体調不良などで車両を操作できなくなった場合、同一車線内で車両を安全に停止させる。

◆高い充電能力と充実した充電ネットワーク

ID.4は普通充電(200V)と急速充電(CHAdeMO規格)に対応する。充電状況は充電ポート横のインジケーター、ドライバーインフォメーションディスプレイ、ID.Lightに表示され、車両の外からでも確認できる。普通充電6kWの場合、ID.4 ライト ローンチエディションではバッテリー残量0%から満充電まで約9時間、ID.4 プロ ローンチエディションは約13時間。90kWのCHAdeMo急速充電器の場合、バッテリー警告灯が点灯してから80%までの充電時間はID.4 ライト ローンチエディション、ID.4 プロ ローンチエディションともに約40分(自社計測値)となる。

フォルクスワーゲンジャパンではID.4の導入にあたり、全国246拠点のVW正規販売店のうち、ID.4取り扱い店舗として158拠点に90kW以上の急速充電器を順次設置。VWのEVユーザー用充電ネットワークとして、原則24時間・365日利用できる。また、VWは11月22日よりプレミアムチャージングアライアンス(PCA)に加盟。アウディ、ポルシェ、フォルクスワーゲン、3ブランドがディーラーネットワークまたは都市部に展開する急速充電器ネットワークを利用できるようになる。

このほか、ID.4新車購入時にはe-Mobility Powerが提供する日本全国の充電ネットワークで利用できるVW充電カードの年会費、毎月90分までの急速充電器の利用料金を1年間無償で提供する。

◆24時間365日対応のEV専門窓口を開設

フォルクスワーゲンジャパンではID.4の導入にあたり、通常のお客様相談窓口とは別にEVについての質問に特化した24時間365日対応の問い合わせ窓口として「ID.コンシェルジュ サービス」を設置。また、EV関連知識のスペシャリスト「ID.ジーニアス」資格認定制度を導入する。

ID.ジーニアスは新型ID.4に関する商品知識い加え、EV全般、家庭用や公共の充電器、または政府や地方自治体における補助金などに関する知識を身に着けたスペシャリスト。フォルクスワーゲン正規販売店の各拠点に1名を配置する予定だ。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

フォルクスワーゲン

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

フォルクスワーゲン(volkswagen)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スズキ アヴェニス125 新型

    アドレスの化粧直しじゃない!“シン・通勤快速”『アヴェニス125』はキビキビ走るすごいヤツ

    バイク(本体)
    2022.11.30 11:13
  2. スバル クロストレック 新型

    【スバル クロストレック 新型】価格発表、266万2000円から328万9000円

    自動車(本体)
    2022.12.01 13:50
  3. 日産 マーチ 次期型がEVとして日本市場に復活するという。画像は予想CG

    日産『マーチ』、EVで2025年に日本市場復活か!? マイクラ後継EVがベース

    自動車(本体)
    2022.11.30 09:10
  4. ホンダ・パイロット 新型

    ホンダ史上最強のSUV『パイロット』新型、285馬力V6搭載

    自動車(本体)
    2022.11.28 09:15
  5. 日産 セレナ LUXION e-POWER

    【日産 セレナ 新型】 LUXION e-POWER…技術の日産、ミニバンの頂点めざす[詳細写真]

    自動車(本体)
    2022.12.01 06:15

総合ニュースランキング

  1. 設置イメージ

    エレコム、Wi-Fi 5対応の無線アクセスポイント2モデルを12月上旬発売

    無線LAN中継機・アクセスポイント
    2022.11.30 11:38
  2. 「Xperia 10 III Lite」

    楽天モバイル、「Xperia 10 III Lite」「AQUOS zero6」などを値下げ

    スマートフォン
    2022.12.01 11:56
  3. Zenbook 17 Fold OLED UX9702AA

    ASUS、折りたためる17.3型有機ELを搭載したノートPC「Zenbook 17 Fold OLED」

    タブレットPC
    2022.12.01 12:44
  4. 「INZONE M3」

    ソニー、最大240Hz対応の27型ゲーミングモニター「INZONE M3」を本日12/1発売

    PCモニター・液晶ディスプレイ
    2022.12.01 07:00
  5. 「Steam Deck」

    7型ポータブルゲーム端末「Steam Deck」の出荷開始日が決定、価格は59,800円から

    ノートパソコン
    2022.11.30 13:13

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • KURO-AIOWC240
  • 「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」
  • Nebula Capsule 3 Laser
  • 「12たまごガールズ コレクション No.33 “クレア フロスト”(キツネ)」
  • 日産 ヴァーサ 改良新型