2022年11月24日 06:11

VWの電動ミニバン『ID. Buzz』、北米導入は2024年…ロサンゼルスモーターショー2022

フォルクスワーゲンは11月17日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2022に、新型電動ミニバン『ID. Buzz』(Volkswagen ID. Buzz)を出展した。

◆北米向けはロングホイールベースのみになる予定

ID. Buzzの欧州仕様車は導入当初、全長4712mm、全幅1985mm、全高1937mm、ホイールベース2988mmの標準ボディのみになる。室内は2列シートで、乗車定員は5名だ。ドイツ・ハノーバー工場で生産される。

一方、2023年に北米向けに発表されるロングホイールベース仕様車は、延長されたボディを生かして、3列シートを装備する。前席が2名、2列目が3名、3列目が2名の合計7名乗りを可能にする。なお、北米市場向けのID.Buzzは、ロングホイールベース仕様車の乗用モデルのみになり、2024年に発売される予定だ。このロングホイールベース仕様車の生産拠点は、北米(米国やメキシコなど)を計画している。

標準ボディの2988mmのホイールベースは、フォルクスワーゲンの主力商用車の『T6』比較として、2mm違うだけだ。一方、T6の全長4904mmに対して、 ID.Buzzの全長は192mm短い。これにより、T6と同様の室内長を維持しながら、より小さな駐車スペースに停めることができるという。

◆バッテリーはサンドイッチ構造のフロア下に配置

ID.Buzzのエクステリアには、初代の「T1」(『Bulli』とも)のデザインモチーフを取り入れた。短いオーバーハングやスペース効率の高さ、V字型のフロントマスクなどがT1から受け継がれた。オプションで、ツートンカラーが選択できる。

バッテリーは、サンドイッチ構造のフロア下に配置されており、重心を低くし、前後重量配分にも配慮した。このレイアウトのおかげで、ID.Buzz の最小回転半径は、5.55mに抑えられる。また、ID.Buzzの全幅は1985mmで、T6よりも81mmワイドだ。全高は1937mmで、T6の全高1970mmと比較して、およそ30mm低くした。アルミホイールは、18〜21インチサイズを用意している。

標準ボディの荷室容量は、最大1121リットルを確保した。2列目シートを折りたたむと、荷室容量は最大2205リットルに拡大する。インテリアは、フォルクスワーゲンで初めて、動物由来のレザーの使用をとりやめた。その一方で、リサイクル素材を積極的に用いる。また、インテリアの細かい部分には、伝説的なT1のキャンパーバンのモチーフが生かされているという。

◆欧州仕様車の航続は最大423km

ID.Buzzは、フォルクスワーゲングループの新世代EV向け車台の「MEB」がベースだ。モーターはリアアクスルに搭載され、最大出力201hp、最大トルク31.6kgmを引き出す。最高速はリミッターによって、145km/hに制限される。バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は82kWh(正味容量は77kWh)とした。1回の充電での航続は、欧州仕様の場合、最大で423km(WLTPサイクル)に到達する。

リチウムイオンバッテリーは、出力11kWの交流(AC)を使用して、自宅のウォールボックスや充電ステーションで充電できる。DC(直流)急速充電ステーションでは、「CCS」プラグコネクタを介して、最大出力170kWで充電できる。この場合、バッテリーの最大80%の容量を、約30分で充電できる。

「プラグ&チャージ」と双方向充電を導入する予定だ。双方向充電を利用すれば、ID.Buzzのバッテリーから家庭の電力ネットワークに給電する「V2H」が可能になる。また、プラグ&チャージを利用すれば、充電コネクタを通じて、DC急速充電ステーションで認証を行い、必要なデータをやり取りできる、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン(volkswagen)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スズキ アヴェニス125 新型

    アドレスの化粧直しじゃない!“シン・通勤快速”『アヴェニス125』はキビキビ走るすごいヤツ

    バイク(本体)
    2022.11.30 11:13
  2. スバル クロストレック 新型

    【スバル クロストレック 新型】価格発表、266万2000円から328万9000円

    自動車(本体)
    2022.12.01 13:50
  3. 日産 マーチ 次期型がEVとして日本市場に復活するという。画像は予想CG

    日産『マーチ』、EVで2025年に日本市場復活か!? マイクラ後継EVがベース

    自動車(本体)
    2022.11.30 09:10
  4. ホンダ・パイロット 新型

    ホンダ史上最強のSUV『パイロット』新型、285馬力V6搭載

    自動車(本体)
    2022.11.28 09:15
  5. 日産 セレナ LUXION e-POWER

    【日産 セレナ 新型】 LUXION e-POWER…技術の日産、ミニバンの頂点めざす[詳細写真]

    自動車(本体)
    2022.12.01 06:15

総合ニュースランキング

  1. 設置イメージ

    エレコム、Wi-Fi 5対応の無線アクセスポイント2モデルを12月上旬発売

    無線LAN中継機・アクセスポイント
    2022.11.30 11:38
  2. 「Xperia 10 III Lite」

    楽天モバイル、「Xperia 10 III Lite」「AQUOS zero6」などを値下げ

    スマートフォン
    2022.12.01 11:56
  3. Zenbook 17 Fold OLED UX9702AA

    ASUS、折りたためる17.3型有機ELを搭載したノートPC「Zenbook 17 Fold OLED」

    タブレットPC
    2022.12.01 12:44
  4. 「INZONE M3」

    ソニー、最大240Hz対応の27型ゲーミングモニター「INZONE M3」を本日12/1発売

    PCモニター・液晶ディスプレイ
    2022.12.01 07:00
  5. 「Steam Deck」

    7型ポータブルゲーム端末「Steam Deck」の出荷開始日が決定、価格は59,800円から

    ノートパソコン
    2022.11.30 13:13

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」
  • 日産 ヴァーサ 改良新型
  • 「NL-BX05」
  • Nebula Capsule 3 Laser
  • KURO-AIOWC240
  • トヨタ・グランドハイランダー のティザー写真