プジョー ニュース

2023年01月16日 06:30

航続345km、プジョー 2008 にEV…ブリュッセルモーターショー2023出展予定

プジョーは1月10日、コンパクトSUV『2008』のEV仕様『e-2008』(Peugeot e-2008)を1月13日、ベルギーで開幕するブリュッセルモーターショー2023に出展すると発表した。

◆最新モデルに航続を延ばすテクノロジー

「e-CMP」と呼ばれる電動モジュラー車台をベースする。EVパワートレインのモーターは、最大出力136hp、最大トルク26.5kgm発生する。バッテリーの蓄電容量は、50kWhとした。

最新モデルでは、「A +」クラスタイヤを装着して、転がり抵抗を抑えた。この低転がり抵抗タイヤを、17インチのアルミホイールに組み合わせる。トランスミッションのギア比も見直された。

フロントのウインドスクリーンの上部に装着された湿度センサーに、新設計のヒートポンプを組み合わせた。これにより、暖房などの空調のエネルギー効率を最適化している。このセンサーが送信する情報を利用して、室内の空気の循環を、より正確に制御することが可能に。これにより、暖房時のバッテリーのエネルギー使用量を抑えることができる。気温が低い時に、とくに効果を発揮するという。WLTPサイクルの航続は、最大345kmとした。従来型に対して25 km、率にして8%航続を延ばしている。気温が0度に近い状態での市街地走行では、約40km航続が延びるという。

◆最新の「Peugeot 3D i-Cockpit」

EV専用デザインのフロントグリルや、フロントサイドパネルとリアゲートの「e」エンブレムが採用される。「GT」グレードでは、アルカンターラ仕上げの専用シートを装備している。

コンパクトなステアリングホイールと新しいヘッドアップディスプレイを備えた最新バージョンの「Peugeot 3D i-Cockpit」を搭載する。ヘッドアップディスプレイは、情報をドライバーの視線の先にホログラム形式で投影し、安全性を引き上げる。

センターコンソールには、10インチのカラータッチスクリーンを装備する。EVパワートレインの状態を、リアルタイムでアニメーションを交えながら表示する。「TomTom Traffic」には、3Dナビゲーションを接続。「MirrorLink」、Apple「CarPlay」、グーグル「Android Auto」との接続を可能にする「MirrorScreen」が標準装備されている。

◆充電を支援するEV専用のサービス

EV専用のサービスを導入する。「MyPeugeot」アプリを使えば、ユーザーはe-2008の充電時間、ヒーター、エアコンをドライブ前に設定したり、バッテリーの充電レベルを遠隔で確認したりすることができる。

「イージー・チャージ」は、自宅やオフィス向けに、さまざまな充電ソリューションをユーザーに提案する。電気設備を評価する診断サービスや充電機器のインストールも行う。ヨーロッパ全域の充電ステーションへのアクセスを支援する「Free2Move」サービスを利用して、ドライバーは、充電ステーションまでの距離、充電速度、電気料金などの条件に合う充電ステーションを、あらかじめ選択できる。

「イージー・モビリティ」では、旅行プランナーとして、Free2Moveサービスを利用した旅行計画を立てることを支援する。車載コネクテッド3Dナビゲーションに送信されたルート上の充電ステーションの位置を考慮して、最適な走行ルートを提案してくれる。「Eコーチング」では、MyPeugeotアプリを利用して、ドライバーが自分の運転を最適化する方法などについて、アドバイスを受けることができる。

◆3種類のドライブモード

プジョーe-2008には、「エコ」、「ノーマル」、「スポーツ」の3種類のドライブモードが備わる。このうち、スポーツではパフォーマンスが重視される。最高速は150km/hだ。e-2008では、通常はセレクターを「D」にして走行する。セレクターを「B」にすると、アクセルを戻した際、より強めに回生ブレーキが作動する。

バッテリーの充電は、一般的な出力7.4kWの充電器で8時間だ。出力11kWの充電器を使えば、およそ5時間で完了する。出力100kWの急速チャージャーを利用すれば、バッテリーの80%の容量をおよそ30分で充電できる、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

プジョー(peugeot)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ GR カローラ の2024年モデル(米国仕様)

    トヨタ GRカローラ に新グレード「プレミアム」…2024年型

    自動車(本体)
    2023.09.27 13:23
  2. トヨタ・シエナ の2024年モデル

    トヨタのハイブリッドミニバン『シエナ』がスポーティ性を強化 10月発売

    自動車(本体)
    22時間前
  3. トヨタの小型ピックアップトラック「スタウト」復活か? 画像は予想CG

    41年ぶりにトヨタ「スタウト」復活!? 『カローラクロス』ベースの最小ピックアップ登場の可能性

    自動車(本体)
    2023.09.27 18:14
  4. ホンダN-VAN e:

    ホンダが軽商用EV「N-VAN e:」の概要を発表

    自動車(本体)
    12時間前
  5. マツダ2ハイブリッド の2024年モデル(欧州仕様)

    トヨタからOEM供給の『マツダ2ハイブリッド』、ベースのヤリスと顔が違う?

    自動車(本体)
    18時間前

総合ニュースランキング

  1. 卓上おひとりさま焼き肉 「ソログリル」

    ひとり焼肉用の「ソログリル」が発売、傾斜した波型プレートで余分な脂も落とす

    ホットプレート
    2023.09.25 14:26
  2. トヨタ GR カローラ の2024年モデル(米国仕様)

    トヨタ GRカローラ に新グレード「プレミアム」…2024年型

    自動車(本体)
    2023.09.27 13:23
  3. 「ファイナルファンタジータイトルセールpart1」

    最大50%オフ、「ファイナルファンタジータイトルセールpart1」は本日9月27日まで

    プレイステーション4(PS4) ソフト
    2023.09.27 00:01
  4. NTTドコモ

    ドコモオンライン、「iPhone 14」「Xperia 10 IV」「AQUOS R8」割引内容を29日変更

    スマートフォン
    2023.09.28 00:01
  5. 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E. 〜ROBOT魂15th ANNIVERSARY〜」

    ROBOT魂15周年記念仕様「RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.」発売日が決定

    フィギュア
    20時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 55V型4Kモデル「TL-5501QUHD」
  • 改良型「メルセデス・ベンツGLE」(写真左)と「GLEクーペ」(同右)。写真はいずれも海外仕様車。
  • 「8ビットポケットプラス<クリアホワイト>(FC用互換機)ブックオフ限定バージョン」「8ビットコンパクトV2(FC用互換機)ブックオフ限定バージョン」「16ビットコンパクトV2(SFC用互換機)ブックオフ限定バージョン」
  • NTTドコモ
  • 「NIKKOR Z 135mm f/1.8 S Plena」
  • 「TORQUE G06」